店長の部屋

B型
ガラス彫刻工芸作家/ガラスアートデザイナー/
関係性コンディショナー/カラーデザイナー

ガラス工芸作家 ゆかい として活動しており名前が読みづらい(聞き取りづらい?)ことから、作家活動以外でも「ゆかい」として 活動しています。

専門学校時代に勤めていたバイト先の社長に誘われるまま 経理課兼任で秘書に。
秘書・経理事務・バンケットコンパニオン・ エステティシャン・カラーリスト・化粧品販売を経てガラスアート制作に携わる。

アトリエピジョンを 有限会社ピジョンの一事業部として新設し、平成19年2月にSky-C-Earthを立ち上げて、運営を移行

新会社のビジョンは近江商人の基本理念と同じで お客様よし、会社よし、社会よし、 すべてが循環(Circurate)できるようにという思いで名つけました。

ギフトは喜びの多いお仕事です。
ギフトの仕事に携わって気付いた1つは、喜びが喜びをよんで円を描いてまた喜ばれるという喜びの連鎖です。 作って嬉しい、贈って嬉しい、もらって嬉しいですね(^^)
そして喜びの多い人は、周りを幸せにしているということです。

私ができることは『ギフトを通して笑顔をつなぐこと』。
人は憎しみあうこともあるけれど、それは根底に愛があるのではと思ってます。
もちろんすべての人がそうでないかもしれないでしょう。
でも、憎しみを持てるほどのエネルギーを、少しベクトルを変えて愛することに使えたらなら、、、
そんな人が一人で多く増えれば、愛は愛を呼び、確実に愛が増えていくはずです。

個人個人がそういう思いでいることはとても素敵なこと。
多くの影響を与える企業が愛をもって世の中に製品を送り出すのも、愛をつなぐことになると思ってます。

ギフトで笑顔をつくり、笑顔をつなぐことができると信じ、たくさんの製品を作る企業さんにその笑顔のきっかけを提供していきたいです。

2つ目の気付いたことは
ギフトは、絆を深めてくれるということ。
ギフトをするために相手を観察します。
コミュニケーションの基本は相手を理解することと言います。
お祝いを喜んでもらいたい、励みにしてもらいたいなど様々な思いがありその目的をギフトに込められています。

創業以来多くのビジネスやパーソナルなギフトに関わらせていただいてギフトを通して相手を大切にされている方々の思いにふれ大切なツールになっていることを実感しました。

ギフトは、相手を思う気持ちや祝福する気持ちなどをこめたツールにすぎませんが、思いが形になったギフトで 関係が深まったり、ビジネス提携ができたり、チーム環境が良くなったなど多くの事例があります。

込められた思いを活かせるように取り組んでまいります

CONTENTS