サンドブラストによるガラス彫刻工芸について

ガラスを彫る工芸の一つで、アトリエピジョンで行っているのはサンドブラストによるものです。サンドブラストは微細な砂に圧力をかけて削るというシンプルなもの。なので、ただ砂をかけるだけだとガラスがすりガラス状になるだけになります。

そこで、彫らないところマスクを貼って、彫る部分だけに砂をかけます。そうすると彫ったところと彫っていないところの差でデザインが表現できるのです。

↓ マスクになるシートをガラスに貼り、デザインを描いています。
描きあがったらマスクをカットして彫る部分のシートをめくります
マスク製作

少しづつシートをめくってガラスを削って出来上がったものです
羽根のぐいのみ

写真のガラスはもともと色違いの2層になったもの
削る深さを変えることで、奥行きも出せます(^^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です