問題は逃げても形を変えやってくる

トラブルがあり、何とか無難に乗り切ることができたとしても、不思議と似たようなトラブルが訪れることってありませんか?
 
過去に何度も同じような苦しみにあう経験したことがあり、12,3年ほど前にお師匠さんから私の弱点は『平常心でいられないこと』と指摘を受けました。
その時は、割と冷静なほうだと思ってたので理解できなかったのですが、何度も何度も平常心を失いそうなことが起こるのです。その時に気付いたのは、私はほかの人よりもちょぴし困難に強いらしいこと。ほかの人が悩むことに何ら悩むこともなく周りが頭を抱えても、それがかえってエネルギーになってたようです。そんななので、周りと比べ冷静と思っていただけで、私が冷静でいられないシーンはほかにたくさんあったんですね。そして、私が『平常心』を理解できない間、次から次へとそういうシーンに出くわすのです。それも、逃げることのできない状況で。

そうなると、受けとめる覚悟をするしかありません。その覚悟をすると不思議なことに、あれほど苦しかったことが、自分ではもうどうにもしてあげることができないと思ってたことが嘘のように解決していくのです。
 
 
その話をビジネスパートナーとお話ししていました。
彼が今受けている問題に対し、彼が受ける必要もないのに自分事として受け留めているので、私は「逃げることもできたのに何で逃げなかったの?」と聞いてみたのです。そうすると彼は「逃げても同じことが起こるだけだから」と、さらっと。たのもしくって、かっこいい

人の度量は、こういったことで大きくなっていくのだろうと思います。
そして度量の大きい人はそれだけこなす量も半端なく、日々鍛錬されていき器量も増す
 
問題は、人を大きく成長させる原石なのだと思うのです

117/1000

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です