縁起の良さそうなスイカズラ

自転車での急こう配の坂道は、年々つらくなります(^_^;)
足は悲鳴を上げていても、見た目は悠々と見えるよう(見えないか、、、)無理してのぼっていると、どこからともなく良い香りが漂ってきました。私の大好きなジャスミンのような香りです。

振り返ってみても見えません。えー、目まであかんのん!?
と思いきや、それはひっそりと、でもたくさん花をつけていたのです。

白と黄色のこのはな、スイカズラ。忍冬とも書き、厳しい寒さの冬でも葉を落とさずがんばっている姿から呼ばれているのですね。なんとも仰々しい名前で、白と黄色で写真で見ると華やかそうに見えるのに、たくさん花をつけていてもひっそり咲いているんですよね。このたたずまい、見習いたいものです

ずっと以前にFBで、スイカズラのことをお話ししたら、ある方から「葉や花をつけたお酒があって、不老長寿とも呼ばれる健康薬酒なんだ」と教えていただいたことがあります。

特に縁起的なお花ではないみたいですが、別名、金銀花ともいわれるもの。
そして健康薬酒にもなるというぐらいで、花言葉は「愛の絆」。なんだかよさそうですよね。ということで、金婚式や銀婚式、それに長寿のお祝い用にデザインを作ってみようかなと思います。でも金銀を彫っただけでは表現できないので、どうするか、、、ですね


背伸びし、石垣に足をかけ撮影。はしたない


こちらは2011年撮影のものです。ぴんぼけ・・・

195/1000

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です