日別アーカイブ: 2016年1月15日

ガラスの傷の対処法

ガラスの傷をなおせないかというお問い合わせから。
==============================================

ガラスの傷の修理には、非常に手間がかかり
やってもなおらないどころか割れるリスクがある傷もあり請け負っていないため、
下記ご参考いただければ幸いです

グラスは頻繁に使ううちに
小さな無数の傷が入りやすくなります。

一見わからないかもしれませんが
少し曇っているような感じに見える部分は無数の傷かもしれません

そういったものは
ものすごく手間がかかりますが
セリウムという微粒子の研磨剤を使って磨きます。
(気が遠くなるぐらい時間がかかることもあります)

このセリウムは、
車のガラス用のガラス研磨剤として最近では多く市販されているようです。
(磨くセットがあるので、初めてでも難しくないと思います)
ただし、研磨の粒子が荒いものもあるらしいので
どの程度のものか購入するときに確認したほうが良いでしょう。

ある程度の傷は磨けば何とかなりますが
少し深さのあるものに関しては、残念ながら対処ができません。

ガラスをカットするときは
ガラス表面にガラスカッターで表面に傷をつけます
その傷は深さは必要なく表面的なものだけなのですが
その浅い傷でガラスをカットできてしまうのです。
(正確にはカットした後、そのラインに衝撃を与えて割るといった感じです)

つまりわずかな傷が、ガラスが割れる原因になってしまうのです。
それはガラスの厚さやもろさによっても多少は違いがあります。

ということで、傷が見つかったら
使用を中止することをお勧めします。