日別アーカイブ: 2016年2月19日

雨水-雛人形を飾る日

今日は雨水です

雛人形を飾る日としてよいとされる日で
24節気の一つ

雪が雨に変わり、氷が溶けて水になる時期で
草木が芽吹き雪解け水が川に流れ始めるこの時期を
農耕の準備を始める目安とされてきました。
春一番もこの時期。これから本格的な春に突入です

では、雛飾りを飾るのが雨水が良いのかというと
雪解け水が川に流れ込み
そこへは女性が炊事や洗濯のために集まっていました。
その水は、生命を支えて育てるという命の源であり
母の象徴でもありました。

日本書紀に出てくる罔象女神(みつはのめのかみ)
日本の代表的な水の神様で、地域によっては
子宝や安産の神様として崇められているんですよ。

そんなことから、
雨水の日に雛人形を飾ると良縁に恵まれる
考えられるようになったのです。

最近では雨水を気にされる方は少なくなったようですが
一夜飾りだけは避けましょう
ひな祭りの前日3月2日
前日に飾る一夜飾りは、お嫁に行き遅れてしまうことに

そして、雛飾りをしまうのに良い日は
同じく24節気の一つ 啓蟄(けいちつ)
2016年は3月5日です。

Fotolia_102181558_Subscription_Monthly_M