カテゴリー別アーカイブ: 1.ギフト

2018年 バレンタインのトレンドは、、、

先日、とある男性と「ハート」談義をしてました。この仕事をするまでは私はハートが苦手だったのですが、私の感覚はいささか人と違うということは薄々認めてましたので(^_^;)、ハート好きの方が多いのは理解してたつもりでした。それでも男性から「ハートは、ちょっと、、、」といった言葉を聞くたびに、やっぱり男性はハートが苦手なんだ(心の声)と男性をひとくくりにして思う傾向があったのですね。

まぁ、そんな思いは1年目ぐらいでガラッと変わることとなり、男性でももちろん女性でもハート♡好きさんは多く、その気持ちも理解できるようになりました。そうなると、苦手だったハートも彫ったりデザインするのが楽しいんですよね。ゲンキンなものです(笑)

それはさておき、ハートのモチーフが多くなるのはやはりバレンタイン
今年2018年のバレンタインのトレンディは、、、、
社会現象になっているインスタ映え

ネットを見ると宇宙をイメージしたものや和柄などの美しいチョコレートがたくさん並んでいます。おいしそうというイメージは何処へやら、本当に意匠的なものが目を惹きます。美しいものは見ていて飽きませんね!

 

アトリエピジョンはガラス彫刻ギフト専門なのでチョコレートはご提供できませんが、本命彼女からの愛あるメッセージは心映えすることでしょう(*^^) 本命チョコにメッセージを添えて送るのもよいですね♡

バレンタイン、happy なメッセージ

 

83/1000

卒業のお祝いに刻まれた言葉「自他共栄」

卒業・退職では、仲間有志からの寄せ書きのギフトは人気の高いアイテムです。寄せ書きに使われるのは、社員一同からの社長や階調のご就任祝い・〇〇会所属で有志で独立をお祝い・受賞のお祝い・友人やスタッフ有志で結婚のお祝い とお祝いの目的は様々です。

同じ目的であっても人と人のつながりなので、刻まれる言葉は一つ一つが違うのは当然で、また思いがあるだけに輝いてますね。ずっと残るものだけに寄せ書きをしたためる方は、どんな言葉を贈ればいいのかとかなり思案される方もいらっしゃるようです。
寄せ書きメッセージの参考にメッセージを考える

さて、そんな寄せ書きで、大きく表題などを入れられるケースが多いのですが、これまた思案しますよね。退職では、「感謝」や「祝 定年ご退職」などのようなものが多く、就任では「祝 社長御就任」のほか格言や会社の理念がよく見られます。

今回も素敵な言葉で、辞書を引いてみると、柔道用語とあります。

「自他共栄」とは互いに信頼し助け合うことができれば、自分も世の人も共に栄えることができる。この精神を柔道で養い自他共に栄える世の中を作ろうと講道館柔道の創始者 嘉納治五郎が提唱した言葉なのだそうです。(どうでもよい余談ですが、嘉納治五郎さんは兵庫県生まれなのだそうです)

そして自他共栄を調べていると、「精力善用」と聞いたことのない言葉がありました。精力善用は心身の持つすべての力を最大限に生かして、社会のために善い方向に用いること。気になって、さらに検索していて、柔道チャンネルを見つけました

治五郎は、柔道の道を究め強くなり、地位や名誉を得たあとも、決して驕ることなく、学問においても柔道においても人より研鑽を積み、常に向上心を持ち続け、更なる目標を作り自らが世の中の役に立つことを常に考えた。ここに、「精力善用」「自他共栄」の精神は、世界の平和に繋がるという信念にまで高められたと言える。
柔道チャンネルより:judo-ch.jp

世界が平和であること心の底から望むことです。そうありたいし、そうあるために動きたい。
武道の精神は学ぶところが大きいです。

81/1000

クリスタルは『感覚を研ぎ澄ます』カラー

ギフトにガラス製品は失礼ではないですか?

最近ではほとんど聞かなくなりましたが、つい先日、商品のご相談を受ける中でついでに質問されたことです。ガラスは壊れ物の代表で、特に結婚祝いでは『切れる』『割れる』『壊れる』などをイメージさせるものはタブーとされてきました。そういった昔からの慣習もあり、ギフトでは失礼と考えられたのかもしれません。

昨今、お祝い市場も変化し多種多様化しています。ガラス製品だけでなく刃物まで結婚祝いとして活躍しているようです。新しい門出に必要なものをそろえるために、当事者がリクエストされることも増えていることも一因でしょう。

又、タブー視されていた意味合いも、視点を変えることで 別の意味合いとして捉えることができ、陶器やガラスはとてもポピュラーな贈り物になってきてますね。

刃物やガラス、鏡の持つもうひとつの顔は、『新しい未来を切り開く』『幸せを分かつ』 『悪い運を裁つ』『心を映す、幸せを映す』 などなど。

冒頭のご質問をくださった方は、ご就任お祝いのご相談でした。ご就任お祝いで時計やグラスなどガラス製品をお送りすることは花ほど一般的ではないものの、多く見られます。大切に使えばずっと残るもので、刻まれたメッセージもずっと輝き続けます。また、色の観点から行くとクリスタルは『感覚を研ぎ澄ます』ものなので、先見の明を必要とする役にご就任される方にもぴったりですね。

77/1000

男性は本能でマーキング?

例えばあなたが男性で離婚したとします。
結婚生活で一緒に住んでいたマンションを元嫁が住むこととなり、数か月後に元嫁の新しい彼氏と同棲することとなります。

元旦那の立場として、これをどう感じますか?

ある人はどうしてもこれに納得がいかないという。
私は男性の気持ちはわからないので、また違う男性に聞いてみました。
「元旦那さんの気持ちはわかる、一種のマーキングのようなものかもしれない」と、ものすごくわかりやすい例えで話してくれました。

考え方が男っぽいとよく言われる私ですが、本能的なものはやはり女です。私がもし離婚後に自分と住んでた家に相手が新しい彼女や嫁と住むことになっても全然OKですし、家具なども使えるのなら使ってもらいたいぐらいです。それが嫌な女性もいるでしょうが、元カレからもらったジュエリーやバックなど別れても使うという合理的に考えている女性たちの話を多々聞きます。

そんな話をしていたら、「女は上書きで、男はノートに書き綴る」とその男性は言っていました。

男性と女性の脳や体、目の構造まで違いがありその特性が様々なところで研究されています。例えば男性の網膜には単純な動きを察知するM細胞というものが多く存在し、男性が空間認識能力が高い所以です。これはかつて男性が狩猟をしていた時から培われたDNAなのですね。

話は戻ります。男性と女性は同じ人間であっても構造や引き継がれたDNAの違いは、物事の対応や感じ方に大きく違いが出てきます。

男性でも女性のような特性も多々見られるし、またその逆もあります。が、前提として男女の構造上でこういった違いがあるということを受け留めていることで、相手を受け入れやすくなるのではないでしょうか。

これはギフトの現場でも同じなんですよね。
ということで、毎度のことですが、日々勉強です(^^)

74/1000

地球儀時計のサイズ変更は可能?

何度かお問い合わせいただく中に、地球儀型の時計(グローブクロックブルーアースデスククロックなど)のもっと大きいものはないですかというのがあります。
みんなで贈るときに小さいものより大きいものがいいのだけど、形はグローブクロックやブルーアースデスククロックがダントツで皆の評価がいいといったようなご希望のためです。

地球儀型の時計はアトリエピジョンの創設前に今は取り扱われていないメーカーさんでもずっと売れ続けていた商品なんだそうです。そしてその時から大きなものはありません。

メーカー判断なので理由は想像するしかないところですが、まず大きなガラスの立体は重く、ガラスを成型後の冷却も大変、重さに耐えられるパーツづくりが必要で、そして非常に高価になる、、、使用する際にも重さがある分扱いづらいなどなど、細かいことを挙げればきりがないほどあるのだと思います。それでも需要があれば作られるのでしょうが、弊社に寄せられる様々なお客様の声を拝見していると、以前よりも格段に大きなものより小さくて質の良いものを選ぶ方が増え、おそらくメーカーも同様のご意見をいただいているのではないのかと思っています。

それでも何とか1つ作れないかとお問い合わせいただくことがあります。
こういったものは型から作り、大量に生産されることで比較的手に入れやすい価格になるもので、1つだけをパーツも含め成型していくことはメーカーでは対応しておらず、他の技術をつかっているところでも請け負ってくれるところは稀だと思います。同じ製品は著作の問題もありますしね。

ちなみに一つだけだと、型吹きをやっている工房なら型を作って製作対応できるところもあるかもです。またほかにもパートドヴェールなどがあります。どちらも大きな遜色のない球を作るのが可能かどうかは工房に問い合わせてみないとわかりません。(弊社は出来上がったガラスを彫るサンドブラスト彫刻が専門なので、詳しくは直接成形工房に尋ねてみてくださいね)

いづれにしてもグローブクロックのような透明感や輝きは、オプティカルガラス(光学ガラス)を使っているからで、透明感と輝きの再現は難しいとは思いますが、手作り感は出そうです。また、地球儀のように接続部分の留め金やアーム部分は金属を1点から作ってくれるところがあれば地球儀型にできますね。これらが可能であれば、世界に1つの完全1点物の出来上がりです。予算や日程に余裕がある場合は、上記参考にそれぞれ問い合わせてみてください。


 
70/1000

海外にいらっしゃる方への就任祝いの贈り物

今日はお問い合わせから

『海外にいらっしゃる方への就任祝いの贈り物に、英語のメッセージは失礼ではないですか?』

この質問は恐らく初めてです。
マナーにかかわることではなく、受け取る方の感じ方次第だと思います。英語が堪能な方になんだかちぐはぐな英語のメッセージだと、日本語でのほうが良い場合もあるだろうし、思いをいっぱい込めているだろうなと感じられるものであれば、たとえちぐはぐな英語でも思いを感じ喜ばれると思います。ただ、ギフトを受け取る先様がしきたりだとか言葉に厳しい方だと、確かな日本語のほうが良いですよね。

日本語でもそうですが、地域性のある言葉もたくさんあります。何が正解なのかと考えるよりも、相手の方がどういった方か、その方が受け取った時にどう感じられるかを考えてみると、良い案がひらめきそうです。

また、ほかの方のメッセージを参考にするのもよし。
メッセージサンプルをいくつか挙げてますのでご参考いただければ幸いです
メッセージを考える

60/1000

年始のご挨拶の期限

年始の挨拶の準備もそろそろ終盤になるでしょうか

12月はイベント続きで、年末に大慌てになって、時機を逃してしまうということがありがちです。また直接お会いしてご挨拶と考えていると、双方の予定が合わず時期を逃してしまうこともありますね。

お年賀として送る時期は、お正月期間(松の明ける7日)まで。
お正月は三が日だけではなく、松の内7日間が正式です(^^)

お正月を過ぎたときの挨拶の名称は寒中お見舞い。
下記一覧をご参考に

贈る時期 名称 のし表書き 時期:その他
~1/7(1/15) 年賀 御年賀 松の内:1/1~1/7(関西は1/15)
喪中は避けます
1/5,6(小寒)~
2/3,4(立春)
寒中 寒中御見舞 松の内にお送りできなかった場合
喪中はこの時期に
2/3,4(立春)~ 余寒御見舞

 

53/1000

受け取る技術

満面の笑みは、本当に幸せな気分にしてくれます♪

いつも自分で育てた野菜や、その野菜でつくったお総菜などを差し入れしてくれるご近所さん。以前開いていたお店のお客さんだったのですが、引っ越し先の今の事務所からも近いところに住んでらっしゃるので、よく差し入れを持ってきてくれるのです。

おじさんのつくるキムチが最高で、これヒットレベルの出来ですよ!と言うと、自分の好きな人たちの喜ぶ顔が見たいだけなんだと。

そんなおじさんとのやりとりの最初のころ

私もたくさんいただいたもののおすそ分けや珍しいものとか、ちょっとした手作りのものをおじさんのところに持って行ってたんです。ところが、その表情はちょっと微妙で、、、あまりうれしくないのかなとも思うような表情でした。

ですが、ある時おじさんの好みや奥さんのことをお伺いした時に、私が差し入れしたものはおじさんご夫婦の好みのものが多く、楽しみにしてくれてるようでした。

ほっと安心です。
いつしか、おじさんの表情が変わってきて、私が持って行くと、満面の笑みで、「ありがとう!このお味噌おいしくてね!毎日飲んでるよ」とか感想も付け加えてくれるようなってます。

こうなるともっと喜んでもらいたくって、もっと贈りたくなるんですよね(笑)

もっとずっと以前に、店舗営業をしていた時、通りを隔てた前の店が小さな喫茶店、その横に手打ちうどん屋さんがありました。どちらも一人で営業している小さなお店です。

喫茶店のママのところには連日お客さんから差し入れがあり、私もよくそのおすそ分けをいただいていました。ある日うどん屋のマスターが、ママのところにはいつも差し入れがあるけどうちはもらったことがないとちょっとした不満を口にされてました。

差し入れをしていた人に伺ったわけではないので憶測にすぎませんが、その理由はなんとなくわかります。差し入れを受け取った時のマスターと喫茶店のママとの喜びの差が歴然に違ってたのです。マスターは、ありがとうの一言のみ。でもママはうれしそうに受け取ってて、その差し入れをみんなにふるまってたんですね。周りの人たちもうれしそうにしてます。マスターだって、ちゃんとお礼を言ってるのですから非礼なわけではありません。ただ人は感情に左右されるんですよね。

プレゼントするときの思いは、喜んでもらいたい気持ちが大いにあります。ギフトの仕事をしていて、みなさんその思いが強いことを日々感じています。だからこそ、その思いにこたえることで、相手もよろこべるのだともう思うのです。

日本人は受け取りベタといわれます。

うれしいと思ったら素直に喜んでください(^^)

42/1000

周年記念品を贈る日

今日はお問い合わせから

『周年記念の記念品を贈る日は周年の日を迎える日より前なのか、迎えてからなのか、基本的にはどうすればよいのでしょうか』

お問い合わせの方は自社が●●周年を迎えられ、その記念品を贈る日(宅配する日)について検討されていました。特に決まったしきたりがあるわけではないので、アトリエピジョンでご依頼いただいた事例からまとめます。

  • 式典で渡す
    周年記念の式典や祝賀会などを開催されている場合、その式典で記念品をお渡しされます。式典に参加されない方へは、先様へ直送したり、直接会いに行ってお渡しされているようです。
  • 周年記念を迎えた年始めから
    例えば6月に創立記念日を迎える場合でも1月からお会いになる方へ手渡しできるよう前もって準備されてます。
  • 創立記念日の前後1週間ぐらい
    できるだけ記念の日に送れるように準備されている方もあります。先様が周年記念を迎えた場合に送るお祝いに比べると、記念日に合わせる方は多くはありません。
  • 周年記念を迎えてから
    飲食店や小売店などで、お得意様に随時お渡しされるようです。また、周年記念のイベントを特に用意されていない方がお祝いをいただいた返礼を兼ねて贈られるケースもあります。

事例を見ると、皆様それぞれの事情やシチュエーションがありますね。記念品は、ボールペンやケース、時計などよく見られるものでも、多くの場合社名入れされています。ですので日数をある程度要するからなのか、また会社の決済などもあり、数十個~千個単位に及ぶまでかなり早くから準備されている方が多いです。お渡しするのは記念日を迎えてからでも準備だけはしておいてもよさそうですね。
また、できれば直接手渡しして周年を迎えた感謝の言葉を添えたいところ。ですが周年の日はとてもあわただしく、特に100人以上の規模になってくると、当日にというのは難しいもので、あとで直接手渡しされるのか、それとも宅配の手配をするのかも考慮する必要がありそうです

41/1000

お歳暮贈る時期とお返しについて

お歳暮が届く時期になりました。

しかし、数十年前に比べお歳暮の数はずいぶんと減っているのではないでしょうか。減っている理由はお歳暮はいったん贈るとすぐにやめるものではありませんが、仲人さんから3年後に辞退されたとか、外資系の企業が増えるにつれお歳暮を贈る習慣がない、また取引先からのお中元・お歳暮や接待を受けることを禁止されている会社も多く、虚礼廃止によるものがあげられます。

とはいえ1年を締めくくる年末の大切な慣習はまだまだ健在です。お歳暮のしきたりを知って、感謝をお届けできれば良いですね

  • 由来
    日頃の感謝として贈るお歳暮のはじまりは江戸時代。もともとは新年に先祖の霊を迎える御魂祭りのお供え物が始まりでした。いつしか本家や親元へ先祖の例にお供えするものを持っていくようになりました。また、お世話になった方への歳暮まわりと呼ばれる行事が行われるようになり、江戸時代にはお世話になった方への贈り物として品を贈る事が習慣化されました。この時代、掛売りの決済を盆と暮れまたは暮れの1回にしており、1年間の取引や親交の感謝として贈答品を送ることが盛んに行われていたのです江戸時代の習慣が現在でも受け継がれ、1年間の感謝として、 年末に贈る贈り物を表す言葉として使われています。
    .
  • 贈る時期
    季節のご挨拶であるお歳暮なので、贈る時期はとても重要。正式には、お正月のお祝いの準備を始める「事始めの日」(12月13日~12月20日)に贈るものとされています。現在では、若干前倒しの傾向で11月末頃から贈る人も増えています。地域別の送る時期
    ○関東地方:12月初旬~12月下旬
    ○関西地方:12月13日~12月下旬12月26日以降は「お歳暮」ではなく「寒中御見舞い」年内に送れない場合は、「御年賀」として贈ります。
    .
  • 喪中の時のお歳暮
    祝い事ではないお歳暮は相手に感謝の気持ちを贈る事なので、双方のどちらかが喪中でも関係なく贈ってもかまわないのですが 気になる場合や忌中(仏教では忌明け法要前、神道では忌明け祭前)は お伺いを立ててから時期をずらして贈るのが礼儀です。
    四十九日を過ぎていない場合→『寒中お見舞い』、『忌中御見舞』
    .
  • お返し
    日頃の感謝に贈るものなので、お歳暮をいただいてもお返しは必要ありません。宅配などで届いた場合には、無事着いたことなどのお知らせも兼ねて、お礼状(はがき)をすぐに出しましょう 。

39/1000