カテゴリー別アーカイブ: 未分類

ガラス割れ―災厄を受ける

日本で唯一の厄神明王像が現存している門戸厄神さんにお参りしてきました。
1月18,19日は1年に一度の大きな厄神大祭で、毎年訪れています。

十数年前の通販を始めたばかりのころ、ウェルカムボードをご依頼いただいたお客様から、配送時のトラブルでミラーが真っ二つに割れたと連絡が入ったのです。大切な門出の日を演出するアイテムです。もう大変なことで、お客様も時間もなく非常に困惑していました。

宅配便の繁忙時ということもあって、宅配時にミラー額を落としてしまったのだそうです。平謝りされましたがそれではすみません。ともかくすぐに代品製作に取り掛かり、予定には間に合わせることができました。

が、
間に合えばいいということではないですよね。現にお客様の気持ちは大切な日の幸先の悪いことがあったような気になってらして、気持ちが落ち着かない様子でした。そこで、厄のことやそのほかそういったトラブルに詳しい方何人かに相談したところ、厄をガラスが受けるということで厄払いになるという意見がいくつか出てきました。

お客様といろいろお話していると実は妊娠中とのことでダブルのおめでただったそうなのですね。そういうこともあり、厄払いをさせていただくことになりました。無事、結婚式も終え笑顔のおめでたとなったようで、後々ご報告もくださったんです

ガラスを取り扱うので、こんなことがないように、より厳重に丁寧に梱包をするようになりましたが、それでも人を解すること。そしていつか取り扱っているうちに割れることもあるかもしれない。そんなことを思い、近くの門戸厄神さんで毎年、無事ガラスギフトをお届けできてずっと輝き続けるように、そして万一割れたときには持ち主の災厄が払えるようにとお願いをするようになったのです。

門戸厄神さんは日本三大厄神の一つ。空海が厄除け祈願を行った寺として有名であらゆる災厄を打ち払ってくれます。そして冒頭にも書いたように空海の彫った厄神明王像が現存しているのは門戸厄神さんだけです。感謝

皆様にとって心豊かで幸せな一年となりますように

84/1000

制限があることで得られる

人に話すとびっくりされるのですが、テレビを持ってません
元々あまり見ないところ、地デジに替わるころはほとんどみることもなくなり、結局地デジテレビに買い替えることもなくでした。なので、もっぱら見るのは映画とかネット配信のもの。そして、ごくたまに人の家にお邪魔させていただいたときに見ます。

お正月番組で、何の番組だったかアナウンサーが30秒きっかりでお題に合わせフリートークをするというのをやっていました。1秒超えてもいけないし、時間が短すぎてもアウト。時間を見ながらやるわけじゃなく、その場で内容を考えながら時間ピッタリに話すのです。すごい制限なのですが古舘さんはあのトークでぴったり終わらせたんですね(@@)他のアナウンサーもそれよりは前後しているけど、普通にすごい。私だったら30秒を数を数えてでさえ、ぴったりとは当てれない・・・です。

彼らはあのような制限の中で、技術を磨き積み上げてきているのでしょうね。
久々に見るテレビ、よい収穫でした(^^)

少し前の記事でクリエイティブなものは時間で考えると難しいという話を書きました。付け加えるなら、、、クリエイティブなものは制限の中でできることも多いのです。その制限の一つに時間も含まれていて、上述のアナウンサーのような日々の鍛錬に近いものがあります。

毎日同じように彫っていると短い時間の中で技術は向上し、観えなかった違いが見えてくるのです。「一日にしてならず」とはよくいったものです。こんなことを書いているのは、自分の鍛錬が少し別のことで時間を取られおろそかになっているのに気づいたから。日々精進です

クリエイティブの制限つながりで、もう一つ以前にマティスの枠について記事を書きました。マティスは二次元の中での表現を「二次元」という枠のまま表現した作品があります。制限されると逃げたくなるものですが、制限こそが発展の新たな一歩になるのだと確信してます

80/1000

関わってくれて共有してくれてありがとう

元気のない時、へこんだ時、
悲しみに押しつぶされそうな時、辛い局面を迎えたとき
あるいは元気がありすぎて高ぶっている時、調子に乗っている時
嬉しくて心躍るとき、楽しんでいる時

どんな時も心を共有してくれる人がいるのは本当にありがたいことです。
楽しいことばかりじゃないし、逆につらく悲しいことがあってもいつかは晴れます。
相手にも楽しいことや辛いことがある。
共有してもらい、自分も共有する。

そういう人と人のつながりが、心を豊かにし、
新しい何かを生み出すエネルギーとなるのだと思うのです。

関わってくださって、ありがとね♡

78/1000

一分一秒を愛おしく自分らしく

がんを患っている人は二人に一人という。真偽は確かではないし、私の周りではもっと少ない。それでも以前に比べ格段にがんを患っている人が増えた。そして、その生きざまも多様さが出てくる。

生きるために放射線や投薬、そのほか様々な治療をする。でもまた別の人は生きるために一切の治療をやめ、食生活を含む生活習慣を全面的に変えている。どれが間違いでどれが正しいのかは選択時にはわかるはずもない。それでも正しいものを選びたいと思うのが人情なのだろう。

2016年の秋、癌で亡くなった友人は生きるために様々な治療をしてきた。その間に精神的なものの勧誘もあったらしいし、おそらく食事療法なども進められていたと思う。私はというと、癌になっても治療は一切するつもりはない。これは重病を患ったパートナーとは万一の時の自分の希望する対応を話すことが多くなり、いろいろ考えがまとまった結果の意向。だからといって、友人の生きざまも治療してきたことを否定する気はさらさらなく、むしろ彼女らしいすごい生き様だったと尊敬さえしている。

何がすごいかというと、最後の1か月は自宅療養になり、動けるときは自宅で仕事をし、周りの気遣いも忘れず、常にユーモアと思いやりにあふれていた。亡くなる1週間前は彼女の旦那さんも見ていてつらくなるほどの状況だったらしいのだが、その状況でさえも世話をしてくれる人を気遣い、周りの人を思いやっていたのだそうだ。もうしゃべることもできなく、身振り手振りもほとんどできない状態で、やっとの思いで目の前で手を合わせるのだ。

こんな話をしたのは、別の方からつい先日がんで亡くなった方の生きざまを聞いたから。その方は、がんの宣告を受けてからすでにステージ4になっても旅行に行ったり、好きなものを食べたりと人生を楽しんでいたそう。命の限りを知り、いくら良いと言われようがニンジンジュースを飲んだり玄米菜食もしたくないし、癌の大好物であるおいしいパンも食べたい。それで命が縮まってもいい。我慢する段階はすでに卒業した。つい無理して頑張ってしまう自分とおさらばして、一分一秒を愛おしく自分らしく大切に生きてきたのだそう。これも素晴らしい生き様だと思う。

私の人生の中で私の生き方に影響した尊敬する方の一人は、進行の早いスキルス性の胃がんにかかりながら手術を繰り返し完治した。またある知り合いは20代のころ余命3か月を宣告され、もう定かではないけれど十数個の病気を併発しながら、一切の治療をやめ(手術ができないほどであったこともあるけれど)、水と食事療法に切り替えて完治し、同時に十数個の病気も殆ど克服している。

誰一人とっても、間違っていないし、本当に素晴らしい。
人はいついかなる時も常に選択をしている。その選択は、自分が本当に輝けるものを選べばいい。周りから入る情報は、判断の材料であって、命令ではない。ここに書いた方々に共通しているのは、自分の人生をあきらめてなかったこと。そして何よりも輝いているってこと。

幸いと私は今は健康、、だと思う。でも輝けているのかというと少々言葉を留めてしまう部分がある。今この時に彼女たちの生きざまを思い出し触れることができたのは、必然だったのかもしれない

76/1000

男性は本能でマーキング?

例えばあなたが男性で離婚したとします。
結婚生活で一緒に住んでいたマンションを元嫁が住むこととなり、数か月後に元嫁の新しい彼氏と同棲することとなります。

元旦那の立場として、これをどう感じますか?

ある人はどうしてもこれに納得がいかないという。
私は男性の気持ちはわからないので、また違う男性に聞いてみました。
「元旦那さんの気持ちはわかる、一種のマーキングのようなものかもしれない」と、ものすごくわかりやすい例えで話してくれました。

考え方が男っぽいとよく言われる私ですが、本能的なものはやはり女です。私がもし離婚後に自分と住んでた家に相手が新しい彼女や嫁と住むことになっても全然OKですし、家具なども使えるのなら使ってもらいたいぐらいです。それが嫌な女性もいるでしょうが、元カレからもらったジュエリーやバックなど別れても使うという合理的に考えている女性たちの話を多々聞きます。

そんな話をしていたら、「女は上書きで、男はノートに書き綴る」とその男性は言っていました。

男性と女性の脳や体、目の構造まで違いがありその特性が様々なところで研究されています。例えば男性の網膜には単純な動きを察知するM細胞というものが多く存在し、男性が空間認識能力が高い所以です。これはかつて男性が狩猟をしていた時から培われたDNAなのですね。

話は戻ります。男性と女性は同じ人間であっても構造や引き継がれたDNAの違いは、物事の対応や感じ方に大きく違いが出てきます。

男性でも女性のような特性も多々見られるし、またその逆もあります。が、前提として男女の構造上でこういった違いがあるということを受け留めていることで、相手を受け入れやすくなるのではないでしょうか。

これはギフトの現場でも同じなんですよね。
ということで、毎度のことですが、日々勉強です(^^)

74/1000

94歳の初挑戦

年齢なんて関係ない
 
私の周りでは、私よりももう少し若い世代~同世代の人たちは子供に手がかからなくなり、何かを始めようとする人が増えています。夫婦で趣味を始める人もいれば、家族ぐるみでスポーツをする人もいる。そして、起業準備に取り掛かっている人もいます。
 
何かを始めようとすると、必ずと言っていいほど足を引っ張る人や事柄が起こってきます。彼女たちの周りでも同様にあり、「もういい歳して今から起業だなんて、家族に迷惑かけてどうするの?」とか、青年とはいえないまでも決して老いたわけでもない彼女たちに年齢を引き合いに出して引き留めようとするのです。
 
それが「家族に迷惑がかかる」と言われると、困りものですよね。
そして、そんな言葉に耳を傾けすぎてしまって、気力を失い「老けて」いく。
 
 
歳はだれでも取ります。「歳をとる」ことと「老けること」は根本的に違います。
「歳をとること」は皆誰しも同様に受けることですが、経験を積み、成熟味がまし、年齢を重ね魅力を増している人も多いです。顔にしわやシミがたくさんできて表面的に老けてしまったとしても心が「老けて」いなければ、とても魅力的に輝くものです。
 
歳をとっても、いえ歳をとったからこそより輝いた人生となるように応援したいなと思うのです。
もちろん、思いっきり中年の私も自分自身が輝けるように!昨年から苦手なことに挑戦し、今年はまた新たに挑戦をします。

 
年齢が、、、と思っている方へ、とっても励みになる動画です

御年94歳のエイラおばあちゃんがスカイダイビングに挑戦。はじめてにして、終始笑顔のエイラさんには大きな勇気をもらえます。


家族や友人に囲まれて笑顔♪


初ダイビング中も余裕の笑顔♪

73/1000

トラブルが良きことに変化するには

重なれば重なるものです。

凡ミスで時間が押してしまい急ぎが重なって、少々慌てていました。その折に郵便局に行く必要が出て、これまた急いでいました。そういう時ですので、心は少し余裕をなくしています。

近くの郵便局に行くと、外から大きな声が聞こえる。中に入ってみると小さな郵便局の中で初老の男性が何やら郵便局員ともめているようでした。とにかく、声が大きい。小さいスペースですから端のほうにいても男性と私の間は2mほどしかありません。

こちらの用事を早く済ませようとまた心は急いでいましたが、私を対応してくれている郵便局員さんの声がその初老の男性の声にかき消され聞こえないのです(>_<) また郵便局員さんもこちらの指示したことが一旦復唱して確認してくれていたのに、清算のときに間違えてしまうという始末。これは、困った。聞き取れないせいで時間はかかるし、声が大きいので次第に頭がガンガンしてきてもうどうしようもありません。

いつもはがら空きの郵便局がそのトラブルのために機能がストップしたのか私の後ろにも人が並び、みんな困惑顔でした。

頭痛で一瞬立ち眩みしそうになり、ハッとしました。
これは私が何か悪いものを引き寄せているかもしれないと。

気持ちの仕切り直しです。
急ぎでない少し時間のかかりそうなものは今回やめにして、郵便局を後にしました。実は郵便局とは関係のない別のトラブルが潜んでいたことが戻った後に判明。ただ気持ちを仕切りなおしていたことで、無事解決。というよりも前よりも一つ良い方向に進めたようです。

トラブルはあまりうれしくないものです。
でもこのトラブルをどういう気持ちで対処するかで全然結果は変わってきますね!

あの初老の男性もうまくトラブル解決できてたらいいのだけど・・・

72/1000

リニューアルで・・・

昨年より担当してくださっているWEBディレクターさんと打ち合わせをしました。
とにかくサイト全体で変更箇所が多すぎて、リニューアルに多くの時間を費やします。

でも時間がかかっても、今一番の目的を大切にして下さるので、本当に助かっています。

今サイトの導線が非常に悪いのですね。
もっといろんなことをしたいけれど、お客様が迷わず、今サイトで注文するにあたってかかっているストレスを少しでも軽減できることが一番なのです。そのためにもまだ数か月はかかりそうです。

そんな中でもお買い物をして下さる方々に本当に感謝なのです。
ご意見あればぜひお聞かせくださいね

71/1000

ガサツで無神経に思えてた人が

人はあってみないとわからないものですね。

パートナーから聞いていてちょっとガサツで無神経な人というイメージを持っていた女性に元日早々会うことができました。パートナーから聞いていた容貌はその通りだったのですが、人柄は聞いて想像していたのとは全然違ってました。

「美人だけどあまり身なりに気を使わない、声が大きくにぎやか、少しがさつっぽい」その女性は、細やかな心配りのできる繊細さと、元気で明るくて周りを巻き込む朗らかさと、そして今ある環境で存分に楽しんでいる享受力を持ち合わせてて、彼女と話せば話すほどに歴史上のある人物と重なっていました。

それが一休宗純
皆さんご存知の一休和尚さんです。

Portrait of Ikkyū by Bokusai.jpg
By Bokusai – English Wikipedia, originally uploaded there by User:Vuvar1 on 4 July 2005., パブリック・ドメイン, Link

あの漫画で知られている一休さんの頓智の部分ではなく、生き方としての一休宗純がだぶってきます。恐らく彼女の今ある状況を見るとほとんどの人が恵まれていないと思うような状況ですが、なんだかそんな状況なんかどうでもよくなるほど魅力的な人でした(^^)

一休さんのお話を…
悟りを開いた一休さんですが、仏教の戒律をことごとく破ってました。酒、肉、女、、、それに髭のエピソードも有名で、死の前年に坐像を彫らせ、髪や髭を抜いて植え付けました。僧は剃髪するものだという形式に捉われるなという一休さんのお弟子さんたちへのメッセージだったのですね。
天皇の息子である由緒正しき出ながら、清貧な生活を送り、そして何よりも自分の人生と人々を愛していたのだと思います。自分の人生を愛していたのは、最後の言葉「死にとうない」に表れているような気がしてならないのです。

庶民を愛し庶民とともに生きてきた一休さんは、もちろん庶民や豪商たちからも愛され、莫大な費用の掛かるお寺の再建も実現させます。とにかく破天荒だったけど、自分の人生を生き抜くことを様々な形で伝えてきたのだと思うのですね。死の直前、お弟子さんたちに「どうしても手に負えぬ深刻な事態が起きたら、この手紙を開けなさい」と残した手紙を、数年後重大な局面が訪れた弟子たちが開封してみたら「大丈夫。心配するな、何とかなる」とだけ記されていました。

世間の評価や枠にとらわれすぎた常識は、自分を苦しめるだけですね。
一休さんにしても冒頭の女性にしても、とにかく見方を悪くすれば破天荒だけど、自分の気持ちに素直に生き、人生を愛している。そしてその自由さの中には人を愛する心があって、だからこそ自分勝手なだけの破天荒二ならず、人からも愛されていたのだろうなと思うのでした。

そういった彼女の思いに触れ、心配りというお正月早々の素敵なギフトをいただいたような気がします。感謝

68/1000

感謝を込めて

2017年は皆様にとって、どんな年だったでしょうか
アトリエピジョンでは10年以上越したお客様との再会の多い年でした。

西宮の門戸厄神さんのもとで有店舗で運営していたころ(現在はネットショップのみです)、近くにあったご友人がされていた病院に行くときと1月中頃の厄神大祭の時に訪れてくださってた方がいらっしゃいます。もう15年も前のことで、お年を召されたこと、友人様が他界されたため病院に行くことがなくなったことで、なかなかこちらへ来られることもなくなっていたようでした。

アトリエピジョンの電話番号は門戸厄神近くにあった当時から変わってなかったのでつながりましたが、その方も引っ越しを何度かされたようでこちらからも連絡が取れない状態だったので、驚きと懐かしさと嬉しさがこみ上げてきました。

お会いできる機会はなくなっても、ご縁をいただいた方の声やご様子をうかがえると嬉しいものです。いつまでもお元気で笑顔でいらっしゃることを願ってます。

門戸厄神さんへお礼参りに行ってきました。
流石に年末は静かなものです。

今年も一年、本当にありがとうございました。

たくさんの感謝を込めて

66/1000