カテゴリー別アーカイブ: 6.行事・イベント

2018年 バレンタインのトレンドは、、、

先日、とある男性と「ハート」談義をしてました。この仕事をするまでは私はハートが苦手だったのですが、私の感覚はいささか人と違うということは薄々認めてましたので(^_^;)、ハート好きの方が多いのは理解してたつもりでした。それでも男性から「ハートは、ちょっと、、、」といった言葉を聞くたびに、やっぱり男性はハートが苦手なんだ(心の声)と男性をひとくくりにして思う傾向があったのですね。

まぁ、そんな思いは1年目ぐらいでガラッと変わることとなり、男性でももちろん女性でもハート♡好きさんは多く、その気持ちも理解できるようになりました。そうなると、苦手だったハートも彫ったりデザインするのが楽しいんですよね。ゲンキンなものです(笑)

それはさておき、ハートのモチーフが多くなるのはやはりバレンタイン
今年2018年のバレンタインのトレンディは、、、、
社会現象になっているインスタ映え

ネットを見ると宇宙をイメージしたものや和柄などの美しいチョコレートがたくさん並んでいます。おいしそうというイメージは何処へやら、本当に意匠的なものが目を惹きます。美しいものは見ていて飽きませんね!

 

アトリエピジョンはガラス彫刻ギフト専門なのでチョコレートはご提供できませんが、本命彼女からの愛あるメッセージは心映えすることでしょう(*^^) 本命チョコにメッセージを添えて送るのもよいですね♡

バレンタイン、happy なメッセージ

 

83/1000

お正月はいつまで続く?

三が日は今日まで。ですが、お正月はまだ続きます。

元来、お正月は旧暦の1月の別称だったのですが、改暦後は松の内までを正月というようになってます。ところが、この松の内も地域により違い、もともと小正月の15日までを松の内としていたところを、1662年、江戸幕府により当時旧暦の1月7日を以て飾り納めを指示され、7日までが松の内となったようです。

まだ15日までを松の内とされている地域もあり、また正月を20日までとする地域もあるようです。これは20日を二十日正月(骨正月)と呼ぶとのこと。

1年の始まりの月はさまざまな伝統行事と呼び名とで頭が混乱しそうです(^_^;;)

ちなみに正月関係の行事や呼称を順に並べてみると

1日――正月(おおむね松の内まで)、大正月、元日(特に朝は元旦)、三が日
2日――三が日、事始め
3日――三が日最終日
4日――官公庁御用始
7日――七日正月、松明け(松の内終了)、七草がゆ、新年のあいさつもここまで(以降は寒中見舞い)
11日――鏡開き、蔵開き
15日――小正月、女正月、小豆粥

仕事に入るとおせちを食べてゆったりの三が日気分は抜けるので、どうもお正月と呼ぶのに躊躇してしまいます。これ長年三が日をお正月と思っていたからなんですよね。

いづれにしても明日からはアトリエピジョンは仕事始めなので、気持ち引き締めて歩んでいこうと思います。

2018年の初日の出。
良い場所は先客あり、おまけに三脚なしで寒さと力のなさで手が震えながら撮影したので見苦しいところはすみません。
皆様のご多幸を心より祈ってます

2018.1.1 AM7:29 (Kurashiki)

69/1000

正月飾りはいつまで?飾る日は今日が最終

お正月は年神様やご先祖様をお迎えする大切な日です。お正月飾りと言えば、しめ縄・門松・鏡餅。それぞれに意味合いのある重要なアイテムですね。年末は何かと忙しい中、売り場では多く割いていた正月飾りのコーナーが縮小され商品もずいぶんと減っていました。皆さん準備に余念がないようです。

ところで、お飾りはいつ飾られていますか?アトリエピジョンでは28日に飾っています。一般的には26日から28日頃まで、もしくは30日に飾ります。29日は「苦が待つ(末)」という事から苦立てになり避けられ、また31日では「一夜飾り」で神様に大変失礼とされています。

ところが、29日でも飾られる地方があるのだとか。それは読みのごろである「ふく(福)」につながらるからなのだそうです。いづれにしても今日30日までに飾る必要がありますね。そして、お飾りは歳神様をお迎えするためのものですので、掃除を終わらお清めして飾りましょう。

  • しめ縄飾り:神様の領域を示す結界で、不浄災厄が入らない場所を示します
  • 門松:神様が家を探す時の目印。松には「祀る」という意味や様を「待神つ」という意味があります
  • 鏡餅:歳神様の依り代で、昨年の豊作に感謝し神様へお供えします。そのため、神棚や床の間など家の中で一番格式の高いところに飾ります。

さて、無事お飾りも済ませ、お正月を迎えた後、お飾りはいつ片付けるものでしょうか
これも一般には「松の内」と呼ばれる1月7日までとされていますが、松の内を1月15日(小正月)までの地域の場合は1月15日まで飾っている場合もあるようです。その他にも、鏡開きの1月11日にお飾りを外す場合もあります。

今年もあと2日。
そろそろお正月を迎える準備も整ってきていることと思います。
素敵なお正月をお迎えくださいね

65/1000

Merry Christmas

Very Merry Christmas Eve!

クリスマスはどのように過ごしますか?
海外のクリスマスは家族と過ごすのが通例で、クリスマスプレゼントも一人一人がたくさんもらっているようです。日本では恋人と過ごすイメージが強いような気がしてます。

クリスチャンではないのですが、クリスマスは私にとっては大切なイベントです。クリスマスデーの由来を知り、世の慈愛を感じずにはいられませんでした。クリスマスは4世紀ごろの東ローマ帝国の司教セント・ニコラスさんが両親の死後に引き継いだ遺産で慈善事業を始めたことが由来になっています。サンタ = セント〈聖の意味)、 クロース = オランダなまりののニコラス。つまりニコラスがサンタクロース🎅だったんですね。

人は人に支えられて生きています。私も多くの人に支えられている。なので、私ができることで支えることができればと強く思っています。その最も身近で最も大きな存在が家族なのでしょう。残念ながら、母は今は施設。パートナーとお互いの母のことを考え今後を支えあう誓いを立てようと思うのでした。

皆様にとって素敵なクリスマスとなりますように(*^^*)

59/1000

一陽来復

一陽来復とは冬至の別称

冬至は、一年で一番日が短い時です。これ以上短い日はないということは、言いかえれば、ここからは日が長くなっていくということです。これは易にある語で陰が極まって陽が生じることからで、他にも悪いことが続いた後で幸運に向かうこととしても使われてますよね。ちなみに「易」は、変化を意味します。

ということで、本日22日の冬至は、一年の計を立てるのに最適な日なのだそうです
 
 
 
ところで、冬至の過ごし方は、柚子湯につかる・小豆粥やカボチャを食べるなどがありますね。地域によっても違うようですが、皆さんはどのような過ごし方をされるのでしょうか
 
私はというと、柚子を手に入れ損ねたので、カボチャを食べて1年の計を立てます(^^)v

57/1000

年始のご挨拶の期限

年始の挨拶の準備もそろそろ終盤になるでしょうか

12月はイベント続きで、年末に大慌てになって、時機を逃してしまうということがありがちです。また直接お会いしてご挨拶と考えていると、双方の予定が合わず時期を逃してしまうこともありますね。

お年賀として送る時期は、お正月期間(松の明ける7日)まで。
お正月は三が日だけではなく、松の内7日間が正式です(^^)

お正月を過ぎたときの挨拶の名称は寒中お見舞い。
下記一覧をご参考に

贈る時期 名称 のし表書き 時期:その他
~1/7(1/15) 年賀 御年賀 松の内:1/1~1/7(関西は1/15)
喪中は避けます
1/5,6(小寒)~
2/3,4(立春)
寒中 寒中御見舞 松の内にお送りできなかった場合
喪中はこの時期に
2/3,4(立春)~ 余寒御見舞

 

53/1000

山の日

今日は山の日。
今年からできた国民の祝日で『山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する』日だそうです。長期休暇を取りやすいですよね!アトリエピジョンは長期休暇は取ってませんが、長期休暇が取れると家族との旅行にも余裕をもって楽しめますね♪
どうぞよき休日を

この休日は日本山岳会のおかげらしく、HPに書かれてました

山に登ったつもりで、、、山の彫刻写真を(笑)
山の彫刻

父の日に贈る習慣がなかったけど

父の日に義理のお父様にプレゼントした方から「父の日なんてもらったことがなかったみたいで、すごく感謝されて涙流してました」とご感想いただきました。

結婚後、伴侶となられた方の習慣でプレゼントをするようになったと話を伺うことがたまにあり、びっくりしたとか、かなり感動されたなどといった感想をいただきます。

実は私もこの仕事を始めるまで、誕生日以外の母の日や父の日、行事や記念日でお祝いする習慣がありませんでした。その代わりに中元やお歳暮、訪問時の挨拶の品といった挨拶系のものが多かったんですね。
中元やお歳暮は日ごろお世話になった方への感謝の贈り物ですが、どこか儀礼的になってしまってて、『相手を思う』という意識が薄かったように思います。

でも母の日や父の日って、ちょっと違いますよね
自分を思ってプレゼントしてくれるって、いつでもうれしいのかもしれません。それに、喜んでいる姿を見れるのは自分にとっても喜びになります。

モノじゃなくても「いつもありがとう」という言葉だけでも嬉しいもの。
贈り物を選ぶ時間がなくとも、一言御礼やお祝いの言葉を贈りたいですね

写真は上記感想とは別の方のご依頼です
父の日の贈り物

七夕に思う

七夕の空見ましたか?今年は曇り空で思いをはせるのみでした。
ロマンチストではないのですが、1年に1度の逢瀬に重ね合わせ、ご縁をいただけることを思ってみました。
今年は5,6年以上ぶりというお客様のご来店が頻繁にあって、縁の深さを感じるのです。とってもありがたいこと。どんなことができるのか、どうやって縁をつないでいけるのかしっかり考えたいものです

2004年 願い :ガラス彫刻作家 ゆかい

父の日のグラスオーダーベスト

今年の母の日・父の日のグラスオーダーでは
ともに一口ビアグラスが多かったです。

お父様のビールを飲む量が減ってきたとか
形がよかったからと、理由は様々。

彫るメッセージやデザイン、それに
アイテム選ぶのもいろいろ思案されてて
オーダーメイドは思いのほか時間がかかるのです。

それだけに喜ばれるのでしょうね

OLYMPUS DIGITAL CAMERA