メッセージを考える

ギフトを贈るとき、喜んでもらいたいという気持ちは皆さんお持ちだと思います。そして、もう一つ、そのギフトが通例であるか、もしくはマナーに反してないかといったことです。
マナーはとっても大切なものなのですが、あまりにもマナーに意識が行き過ぎると、喜んでもらうという意識がどこかへ置き去りにされかねません。

文章の一言一句が間違っていないかといった質問がありました。
私は言語や文章の専門家ではないので、添削はできません。ただ、「いいまわしなどを一般的なものに」というご要望に沿って大まかに見てみると、一般的なものにすることによって、どこにでもある、なんというか差しさわりのないメッセージになってしまうようでした。メッセージはエピソードも少し入っていて、そのままのほうが伝わるような気がしました。

このご相談者さんは、ご自身でメッセージを考えられてたのですが、メッセージ自体をすべて考えてほしいという方も少なくありません。相手との関係性のほか、シチュエーションなども見えないと、メッセージは一般的なものになってしまいます。

もちろん、ビジネスユースでは一般的なもののほうが良い場合も多いです。
ですが、関係性いかんでは、少々言葉遣いがおかしくても、たとえ言葉が稚拙に見えても、自分の言葉で思いをつづったほうが、相手の喜び度合いは大きくなると思います。普段、言葉にしないことは難しいかもしれませんが、せっかくの文字入れギフトなので、ぜひとも自分の言葉で彫刻するメッセージを考えてもらえたらなと思ってます。

メッセージの参考に

54/1000

メッセージを考える」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 海外にいらっしゃる方への就任祝いの贈り物 | ガラスアートギフト アトリエピジョン -atelier pigeon-

  2. ピンバック: 卒業のお祝いに刻まれた言葉「自他共栄」 | ガラスアートギフト アトリエピジョン -atelier pigeon-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください