ガラスの歴史  ローマンガラス

古代メソポタミアの時代から始まったガラスの歴史。キャスティング(鋳造)やコアガラスと呼ばれるメソポタミアの技法は現代でも使われていますが、ひとつづつガラス芯や鋳造型を作る為、時間がかかり高価なものでした。しかし紀元前1世紀のローマ帝国時代、吹きガラスの技法が発明され、ガラスの歴史は一変します。

現代では、ひとつづつ成形する吹きガラスは、工場で大量に生産できる成型ガラスから比べると手間のかかる製造方法で、とても高価なものですがローマ帝国時代では、画期的な方法だったのでしょう。鋳造やコアガラス技法で製作する際にかかっていた時間は大幅に短縮され大量生産が可能になり、低価格を実現。ごくわずかな裕福な人達しか持てなかったガラス器が一般庶民の器として広がり、日常的につかえるようになったのです。器だけでなく皿や瓶、鉢、置物、窓ガラス、ランプなどにも応用され、これらの品は交易品として世界各地に広がっていきました。

こうなると産業だけでなく、芸術としても発展します。ローマ帝国以前のプトレマイオス朝時代で生まれたミルフィオリなどを受継ぎ、新たに生まれた様々な装飾技法とともにこのローマ帝国時代で進化していきました。

一方、日本では古墳時代にこのローマンガラスなどが伝わったとされています。そしてファンの多いヴェネチアンガラスは、これらを受け継ぎながらうまれ、7世紀前半には中近東一帯を皮切りにイスラム文化圏で、エナメル彩や金彩など美しい装飾技術で高度な発展をとげます。

しかし、これだけ発展を遂げたにもかかわらず、古代からのガラス技法は今も受継がれています。大量生産ができないだけに一般で目にすることはほとんどありませんが、それぞれの技法でしか表現できないものがあり、それに魅了されたコアなファンも多いようですよ。私もその一人です(^^)v

Cirkusbæger-fra-Varpelev DO-2608 original

172/1000

もしかしたら1番多い質問かもしれない「贈り主の名前について」

  1. 贈り主の名前を入れるものなのか、入れないほうがいいのか

    2つの視点で考えると見えてくるかもしれません。1つは、ギフトをもらう立場から考えること。ギフトをいただいたときには嬉しかったはずなのに、いつの間にか誰からのプレゼントかわからなくなったものってありませんか?もらったギフトの数が増えてくると、このお皿は●●ちゃんからだったけ?なんてことになってしまいがち。そんな中で、自分に向けた嬉しいメッセージと贈り主の名前が刻まれているものなら、思いも含めてずっと大切にしていきたいですよね。

    そして、もう1つ、ギフトを贈るときの目的です。相手に喜んでもらいたいという思いは皆さん共通すると思います。喜んでもらいたいけれど、こっそり喜んでいるのを壁際から見たいわけではないと思うのですね。喜んでもらって、より絆を深めたいと潜在的に思っているのではないでしょうか。この2点が当てはまるなら、名入れができるガラス彫刻ギフトなのですから、ぜひ贈り主のお名前を入れてくださいね。ただ、これらに当てはまらないことも多々あります。

    例えば、結婚の引き出物。結婚のお祝いに贈り主の名前は入れるもの?に困惑エピソードを記載してますのでご参考まで。また、諸事情により、どうしてもお名前を入れたくないといった事例も多くあります。人との関係性は、これと言って一般化できるものではありませんので、周囲との関係も含めてご検討ください。

  2. 入れるとしたら、まとめたほうがいいの?それとも一人一人名前を書くもの?人数が相当に多い場合、「●●会 有志一同」などとまとめることもあれば、全員の名前をメッセージ代わりに彫刻することもあります。グラス全面を使って、ランダムにスタッフのお名前を彫ったギフトのご依頼もありました。また、彫刻面が大きい時計では、短いメッセージで贈り主様全員の名字を残りのスペースを使って入れたこともあります。彫刻面が小さいと、全員のお名前を入れることも多いのですが、そういった場合はメッセージカードにお名前を入れたり、全員のお名前を入れた手紙をご郵送いただいて同梱するといったこともあります。

贈物のシチュエーション、贈り主と先様との関係性、贈り物のアイテムなどで、ベストな方法は変わってくると思います。お名前をどうするのか、彫刻内容をどうしようかといったお悩みの際はぜひご相談ください。

贈り主の名前をいれるもご参考に


171/1000

細かい文字やデザインを彫刻するためのマスク製版

砂に圧力をかけてガラスに吹き付けるだけなのに小さな文字が彫れるのは、特殊なマスクのおかげです。そのマスクはこの製版機で作ります。

元となる原稿はOPP製の透明シートやトレーシングペーパーなどにカーボン(黒)でくっきり印刷したもの。その上に紫外線を当てると硬化する製版シートを置いて、下からブラックライトを当てます。そうすると、印刷された黒い部分にだけ紫外線が通らず製版シートにも反映されます。この製版シートをアルカリ液などで洗いだすと、紫外線が通ってない部分だけシートが溶け出し、空洞ができます。


ブラックライト点灯時


右上がトレーシングペーパーにカーボンで印刷した元原稿。
左下が製版して洗い出したシート

出来上がった青いシートの白い部分は空洞になっています。このシートをガラスに貼り付けて砂をかけるとブルーの部分には砂が当たらないので白い部分だけが彫れます(^^)v ガラス工芸のように段差をつけたり深く彫ったりすることはできませんが、細かい文字彫刻や平面のデザイン彫刻はこの方法でできます。

製版の方法はいろいろあります。製版だけを専門に請け負ってくださる会社もあって、数が多いとか、特殊なものの場合は、依頼することもあります

170/1000

土づくりは大事なのよ(自省より)-脚下照顧-

先日、3年ぶりに自宅の庭を耕しました

土壌づくりはほんと大切です(超反省)

忙しいを言い訳に土の再生をしないまま自生する葉野菜などをそのまま放置し、草も適当にしか抜かず、肥料もやらず、水をやる程度のひどい手抜き手入れでした。毎年聞こえていたアマガエルの声が聞こえなくなり(姿は見かけましたが)、あれほどいたバッタやカマキリも減少。猫の額ほどの庭ですし、人の手が入ったものですから、自然の力に任せて再生できるものではありませんね。手入れをしない土地はどんどん痩せていって、育つものもなくなります。

今年は、以前のようなカエルのいる元気な庭にしようと、かなり深いところまで耕してみました。そうしたら、びっくり。下のほうはかなりの粘土質でレンガの破片や大きな砂利で埋められてました。根を張る植物は成長しない理由がわかりました(^_^)

禅の言葉で、脚下照顧(きゃっかしょうこ)というのがあります。
。自分の足元をよく見なさいという意味で、真理や理由は外ではなくて自分にあるということです。まず自分の足元が見えていないということは自分自身が観えていないということ、それは自分の行く先どころか目的さえも観えていないということです。もしかしたら、目的も持てなくなっているのかもしれませんね。

放置しててなんなのですが、自分の足元(土の中)を知らずして、かえるがいなくなったと騒いでいた自分が全くもって恥ずかしいです。カエルが気付かせてくれたのでしょうか、足元見えてないこと、たくさんありそうです。

なにはともあれ、土づくりをして1週間。ふっかふかの土に苗を移植しました。
カエルちゃん、居心地よくして待ってるので帰ってきてほしいです

169/1000

喜ぶツボは文章もギフトも同じ

文章を書くのは嫌いではありませんがいまだに慣れません。毎回のようにうんうん唸りながら書いてます(^_^;)

そもそも学生時代、国語や外国語の成績はひどいもので、どれだけ読解力がないのかと自分でもあきれるほどだったのに、文章を書く勉強などしてないのですから、良い結果を望むのは宝くじを買わずして当たることを願っているようなものです。

とはいえ勉強をしてからと悠長なことを言っていられません。まずは量稽古のための書くことと文章センスを身につけるために良い文章を読むようにしています。こういう視点も含めて人様の文章を読んでいると、心惹かれ感動したり、気づきになったり、あるいは興味のなかったことに興味を持てるようになる文章には共通点があるなと思います。

「え、私のこと見てたの?」と思わせるような内容で、文章も私好みで分かりやすく、たとえ話が絶妙で伝わってくるんです。つまり、私のようなターゲットを想定していて、このターゲット層をよく知っているのでしょう。文学は別として情報発信では大切なことですよね

これ、ギフトも同じなんです。
喜んでもらえたとご連絡くださる方からいろいろとお話を伺っていると、相手に喜んでもらうために、下調べが入念だったり、日ごろから相手のことをよく観察されているのですね。だから相手の喜ぶツボを的確につくことができる。

ものも情報も何でも簡単に手に入る今の時代
人の心が動くのは、自分のことを見てくれている、思ってくれている、自分に向けてのものじゃない?と思えた時なのだと思います。「何も言ってないのに、なぜ今欲しい言葉がわかるの?」と思わせるようなメッセージがしたためられてたら、なんだか嬉しいですもんね

文章も同じなんだと思ったら、ほんの少し書くことが楽しみになりました(^.^)

168/1000

空を見上げると

仕事が詰まってくると(だいたいが納期に追われてたりするのですが、、、(汗))空を見上げます

そうすると、呼吸がうまくできていないことに気付きます。下を向いていると、いつのまにやら呼吸が浅くなってくるようなのです。呼吸が浅いと、考えも浅くなったり、小さな小さなミスが増えてきます。小さなミスは大きなミスを呼び、、、それが思わぬトラブルを呼ぶことになります。

ですので、定期的に動こうと思ってはみたものの、作ることに夢中になるとそのことさえ忘れてしまうようです(^_^;)

ということで、制作時にも確認で必ず見るPCの画面を宇宙やきれいな青空の写真で定期的に入れ替えることにしました(*^^*) 効果あるかな・・・

167/1000

厄神参り

3か月ぶりの厄神参り

いつも、商品を無事お届けできたことの報告と、お届けした品の万一の時の厄払いのお祈りをしています。ガラスは割れものです。どんなに大切にしていても割れる時もあります。虫の知らせであったり、またはその持ち主の災厄を払ってくれるときかもしれません。持ち主様が笑顔でいられることが一番の願い。私のお祈りは届いているでしょうか。全く見えない人間なので、信じて願うばかり

八重が可愛い♪

166/1000

伝えてもらえる有り難さ

ネットのお買い物は顔の見えないものなのですが、オーダーメイドということもあり、一度ご依頼いただくだけで数回、多い方では数十回のやり取りがあります。内容は、ご質問から原稿のご確認や変更、お届け後のご報告をいただいたりなどで多岐にわたります。

例えば入金確認のご連絡やそのほか案内など自動で設定できるツールを使うこともありますが、ほぼ直接メールを打っています。それはまだ何とか自動ツールを使わなくても対応できる人数ということと、もっと大きな理由はお客様のご希望される内容がご注文内容からだけだと読み取れないことが多いからです。

そうやってやり取りしているうちにお客様との会話が増え、家族のこと、仕事場でのことなどをお話しくださることも度々あります。これがまたご提案できる下地になることもあって助かります。

めんどくさがりな私は、ここまで伝えることがないので、伝えてくださる方のありがたさが身に染みるのです。ということで、少しでも話をしやすいような雰囲気作れるよう研鑽します

165/1000

薄いグラスは安っぽい?(お問い合わせより)

———————————-

薄いグラスは、安っぽくみえないですか?

———————————-

お酒好きの年配の方への贈り物をご検討いただいていた方のお問い合わせです。
知り合いから進められた薄造りのグラスも検討材料にされていましたが、薄いグラスは安っぽく見えるのではないかとご心配されていました。

薄造りのグラスは、グラスの存在を感じにくく、ダイレクトに飲み物が当たる感じでお酒の味を感じやすく、人気があります。お酒の味にこだわる方にはおすすめのもの。確かに厚みや重厚感はなく、また薄さゆえにガラスのはじいた音は何処か頼りなげで澄んだ音という感じはありません。これを安っぽいと感じる方もいらっしゃいますが、薄造りのグラスの良さをご存知の方にとっては、決して安いものだとは思われないでしょう。

グラスの成型時、実は薄く均一に作ることは技術のいることなのです。素人がガラスを吹くと、かなり厚みのあるものに仕上がります。

それと、もう一点ご心配されていたことは、すぐ割れるのではないかということです。
丁寧に作られた薄造りのグラスは、普通の扱いでは一般的な厚みのグラスとかわりはなく、特に割れやすいものではありません。ただし、薄さゆえに厚みのあるグラスよりは衝撃を受けやすいです。とあるバーではグラスもこだわっていて、薄造りのグラスを取り揃えているのですが、酔っぱらった女性がつい氷と間違えて噛んで割るなどといったことが何度もあるとお話しされていました(^_^;)
また、洗浄も気を付けなければなりませんよね。フォークなどのカトラリーなどと一緒にするなどもってのほかで、洗浄のさいはグラスだけにする必要がありそうです

ちなみにクリスタル素材は、鉛の性質上、薄すぎるととても割れやすいので、はやりの薄造りグラスほどの薄さはありません。またほかの素材に比べ比重が重いので、全く同じ薄さであればクリスタル素材のほうが重厚感を感じます。

まとめ
・良さを知っている人には安っぽく見えない
・お酒の味にこだわる人には、最高のグラス
・扱いが荒い人には、あまりお勧めできないグラス
・グラスの澄んだ音や重厚感を求める人には向かない

 こんな感じでしょうか(^^)

164/1000

底にそびえ立つ山-ユングフラウのグラス


ロックグラス ユングフラウ

ガラスに厚みがあると、かなり深く彫ることができます。
そこで、厚みのあるグラスの底を使って、山を彫っています。

厚みがあれば、どんなグラスでもよいわけではありません。ガラスは成型後、高温だったものを冷却しますが、時間を短くするために急速に冷却したものだと脆く割れやすいのです。彫っているうちに割れてしまうんですね。

見た目にはほとんどわからないので、いくつか彫ってみて安定するメーカーの素材を選ぶなど、素材の見極めが必要なんですね。

このユングフラウの素材は、そういったことで、以前安定性がなくなった素材を変更した経緯があります。以前の素材もきれいだったのですが、形状がストレートになって、より光が美しくシャン謝して見えるようになりました(^^)

163/1000