ビジネスも感性が大切で…

人生にはユーモアが必要で、同様に美術・芸術も大切な要素だなと思ってます。
そんな話をしていたら、とあるエグゼクティブの方からその方の周りでは生け花が流行ってて、ご本人は絵も描かれているとのお話うかがいました。花やお茶は精神の鍛錬にもなるし、間を学べるのだということです。絵も然りなんですね。

ご依頼いただくオーダーではイラストなどデザインを入れることがほとんどです。いくつかはアトリエピジョンでも用意していますが、ご希望通りのものがないことも。そういった際は、手書きの絵も彫刻できるので、ぜひ書かれてはいかがでしょうか?とお勧めしています。ほとんどの方は、絵なんて描けないとおっしゃっいますが、いざ描いてみると、これがなかなかのもの。絵をかける方は多いのです。

これって、これものごとを見極める力を日頃より養ってるかもしれません。裏を返せば、絵を描くことで観る力を養うこともできるということですよね。

お仕事以外にも、美術・芸術、あと音楽など、感性を豊かにしてくれるものに嗜むこと、どんどんすすめていきたいものです。

古城

彫刻硝子花器 群虫図/日本・フランス現代美術世界展・推薦部門出品

砂を吹き付けて削るだけという とってもシンプルな方法で製作するサンドブラストは、シンプルなだけに表現できる可能性は無限。とはいっても、まだ歴史が浅く、その表現をするための技法も確立されていないため随時作家がそれぞれに試行錯誤を繰り返してます。

砂を吹き付けるだけだとのっぺりした感じになります。
ガラス窓がすりガラス状になっているのとか、日本酒のボトルで半透明になっている表面がざらっとしたのを想像してもらえればイメージは近いです。
そんなただ半透明になっているだけなので、表面の素材感を作るには、ただ削るだけではできない何らかの工夫が必要になります。それを見つけ出すのは至難の業。そして途方もなく時間がかかる場合もあります。

ということで、下写真の木肌は見事。作品を提供していただいている作家さんの作品で、ついでに言うと虫の足のようなかなり細かい表現も、一つ一つ手でカットをしているとなかなかに難しいものでもあったりします。
サイズ的にはクワや角を入れて、 ノコギリクワガタとカブトムシは7センチぐらい、 コクワガタで、3センチぐらい。これを厚みのあるマスクシートをカッターで丁寧にカットして彫る部分を剥いでは彫るという作業を繰り返すのです。なので、小さく細かいと、どれほど大変な作業になるか想像したくない、、かもしれません

ぜひ作品を身近で見ていただいて、作家の汗もついでに感じてもらえればうれしいなと思います

東條 群虫図

Sandblast Vase Insects
彫刻硝子花器 群虫図/東條裕志
Product 2016
日本・フランス現代美術世界展・推薦部門出品(2016)

8月開催の日本・フランス現代美術世界展に出品する作品の一部です。

第17回日本・フランス現代美術世界展(2016)
会場:国立新美術館 3A展示室 (東京・六本木)
会期:2016年8月3日(水)~8月14日(日)※8/9は休館
入場無料 10:00~18:00(入場は17:30まで)

 

 

 

薄く彫られたガラス工芸

昨日のお問い合わせより
彫るというよりは薄ーく削るといった感じのぼかし彫刻。背景が暗いところで光に当てると輝いて見えますが、水にぬれるとほとんど見えなくなるもの。背景が明るいところでもわかりやすい、しっかり彫り込まれた作品を好む人が多いのですが、その繊細さがいいのだと。人の好みは様々ですね。

写真は10年ほど前のご依頼品です
水の華

親切なメール対応

毎日メールでいろんな人に接していて、勉強になることが多いです。多くはビジネスユースということもあり、メールの心得がある方ばかりで、わかりやすく助かっています。

その中でも『気づかい』が感じられるとても親切なメールがあります。
長いものは最初に目次を作ってくれているとか、細かい要望はラフにしたりわざわざ画像を作って赤丸で要望をわかりやすくしてくれている、ある人は時間経過をまとめてくれているとかです。

先日、よいなと思ったのは、急ぎのお客様からで
電話が必要な場合に何時までだったらこの電話で、午前中は会議で電話不可、午後何時から携帯(080-○○○○-××××)まで といった記載を入れてくれてました。
電話番号はご注文時の登録を確認すればわかることなのですが、そのメールだけで内容も都合いい時間や電話番号までわかるので、調べる手間が省ける分、早急に対応しやすいのです。
似たようなものでは、休日のメールはこちらに送ってくださいと毎回メールの送り先を記載して下さる方もいます。

急を要するときは、あいさつ文も省きシンプルに必要内容と名前だけを伝えるというのも良いし、逆に文頭や文末に励ましや気づかいの言葉を入れてくださると、堅苦しいビジネスメールの中にもハートを感じられます。

こんな風に状況に合わせ気づかいできるのってすばらしいなと感心させられます。この気遣いというギフトをこちらが受け取っているのですよね。
このギフトをより良いものにしたいという思いが強くなります。

メールを受ける立場としてみましたが、メールを送る側としてよいギフトを贈れるようにしたいのです。

メール対応で何が正解というのはないでしょうし、ある人は良いと思うことが別の人には面倒になることもあって相手によることも多々あります。
それでも良いなと思うことはどんどん取り入れていきたいと思ってます。

親切なメール

父の日に贈る習慣がなかったけど

父の日に義理のお父様にプレゼントした方から「父の日なんてもらったことがなかったみたいで、すごく感謝されて涙流してました」とご感想いただきました。

結婚後、伴侶となられた方の習慣でプレゼントをするようになったと話を伺うことがたまにあり、びっくりしたとか、かなり感動されたなどといった感想をいただきます。

実は私もこの仕事を始めるまで、誕生日以外の母の日や父の日、行事や記念日でお祝いする習慣がありませんでした。その代わりに中元やお歳暮、訪問時の挨拶の品といった挨拶系のものが多かったんですね。
中元やお歳暮は日ごろお世話になった方への感謝の贈り物ですが、どこか儀礼的になってしまってて、『相手を思う』という意識が薄かったように思います。

でも母の日や父の日って、ちょっと違いますよね
自分を思ってプレゼントしてくれるって、いつでもうれしいのかもしれません。それに、喜んでいる姿を見れるのは自分にとっても喜びになります。

モノじゃなくても「いつもありがとう」という言葉だけでも嬉しいもの。
贈り物を選ぶ時間がなくとも、一言御礼やお祝いの言葉を贈りたいですね

写真は上記感想とは別の方のご依頼です
父の日の贈り物

バカラのクリスタル素材

バカラは相も変わらず人気ですね。

商品として挙げてないのに、時折注文が入ります。
日本で不動の人気のあるバカラですが、昔は結構なお値段のものばかりで、おいそれと普段には使えなかったものです。ところが、数年前からお手頃価格の1万円ぐらいのペアグラスも販売されるようになり、以前に比べ気軽に使えるようになったんですね。

とはいえ、やはりバカラの魅力は、最高級のレッド(鉛)クリスタルで丁寧に作られた素地。そのおかげで透明度や輝きぐあいは最高です。それを最大限に引き出す素晴らしいカット。なので厚みのあるグラスのほうがその魅力が存分に味わえるような気がします。

鉛害を気にされる方もありますが、人体に影響のあるとされる比率以内のものです。
最高級のレッド(鉛)クリスタルは、やっぱり美しい。
敏感な方にはお勧めはできませんが、こういうオブジェ系なら良いかもですね

バカラ オーガスタ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上善水の如し

自然の造形はよくできていて、その機能を参考にされて設計されているプロダクツが多いですよね。循環する空・大地や木々に加え単体の生物からも取り入れられているのが確認できますから。単体では機能性や無駄のないフォルムでは昆虫が最強かもしれないと思ってます。

そういったことで、作家としての私は普段からできるだけ自然の造形を観察するようにしており、
先日は滝を見に行ってきました。

前日は雨だったとはいえ、この上流を見るとどこからこれだけの水が湧き出てるのか不思議なぐらいに勢いのよかった滝。やわらかくしなやかな水が、岩をも砕く力となるのですよね。

上善水の如し

老子の言葉がよぎります。

しなやかで強さもあり、争うことがなく低きところに留まる水は、その性質故にすみずみまでいきわたる。最高に優しい存在でありながら頼りになる強さも持っている。こんな生き方ができればすばらしいだろうと考えずにはいられません。
 
水へのあこがれは、ここにあるのだろうと思いました。
上善如水を表現するのは難しいのですが、せめてひとつづつの性質を表現したり、いつか水の中の『気』をつかみ表現できればと思ってます♡
 
今日は作家としての思いでした

色映りがちょっぴしくすんでる&ピンボケ&画質悪いですが、気のおすそわけです

滝滝2

蔓の縁起

事務所近くの大きな家の奥さまは庭の手入れが日課。
ベランダの柵にはわせたツタの葉はこの陽気であっという間に柵が見えないほどに。でもこまめに手入れされてるので、とても美しいのです。

ツタの繁茂力はすごいですよね。
蔓系のものはその繁茂力や強く絡み合いながらも、どんどん伸張することから隆盛繁栄、子孫繁栄のシンボルとして、 またその生命力の強さから長寿などの縁起に、それに「 縁をつなぐ 」とも言われて重宝されているモチーフで、アトリエピジョンでもよく使用されているのです。

唐草模様も蔓系ですね。ということで、身近なものを見渡してみると、蔓系のものがかなりたくさんありました。知らないうちに縁起もらってたかもしれません(*^^*)

和ガラスセット ほおずき
和ガラスセット(ガラス彫刻工芸作家:東條裕志氏作)

 

誕生日プレゼントにシンプルに伝わるメッセージ

この世に生を受けたことは、とても喜ばしいものです。
その記念の日である誕生日をお祝いすることは
その人を受け入れているということ

そんな誕生日の日のお祝いにプレゼントするメッセージは
英語がとっても多いのです。
誕生日のお祝いメッセージ

見た目もカッコよくなりますよね

そんな中、シンプルでググッとくるなと思ったのが
『生まれてきてくれてありがとう』とだけ入れた文字でした。

もらった人にとっては、自分の存在そのものを認めてもらうというのは
最高にうれしいことではないでしょうか。
シンプルだけに思いが伝わります。

この写真は、英語のメッセージでご依頼いただいたもの。
こちらは思いがメッセージだけでなくデザインに込められているようです♪

ルイジ タンブラー

ご依頼いただいたグラス
ボルミオリルイジ タンブラー