「様方」と「気付」、「御中」

手紙や小荷物を送る宛先の記載で迷ってしまうことは少なくないようです。
お客様のご質問より


帰省先で受け取りたいのですが、以前「様方」を使ったら、荷物を送り返されたことがあるのでどうしたらよいですか?


お話を伺うと利用したのはゆうパック、手土産品が多かったので帰省先で受け取るように手配していたそうです。ところが、受取日になっても配達はなかったとのこと。帰省先はご実家なので苗字が違いますが「〇〇様方 ●●●●様」宛てで記載していたので問題ないと思います。そのあたりの事情はあまり詳しく伺えてませんが、後でネットで調べてみると、郵便局では支店によって対応が違って、名簿にない名前だと送り返される支店もあるのだそうです。

アトリエピジョンでは、ヤマトさんを利用させていただいており、今のところ十数年の間にそういったトラブルは聞いたことがありません。ですが、「様方」や「気付」「御中」などの書き方が迷われる方もいらっしゃるので少し解説したいと思います

  • 様方・・・「個人宅」宛て、受取人は苗字の違う「個人」
    送り先の住所に、その住所の世帯主とは苗字の異なる人に郵便物を送るときに使います。実家へ里帰りした際に荷物を自分で受け取る、個人宅に下宿している友人に手紙を送る場合などに「様方」を使います。受取人名は氏名のフルネームが必須ですが、個人宅へのお名前はフルネームでも苗字だけの「田中様方」といった書き方でも構いません。

    気を付けることは、その住所の住民であっても世帯主と苗字が違う場合にはつけていないと郵便物を送り返されることがあるようです。

  • 気付・・・「企業や施設、団体など」宛て、受取人は宛先に所属しない「個人」
    送り先が、企業や施設、団体などの場合は「気付」で、受取人の所属している団体等ではなく、受取人の立ち寄り先や関係のある場所宛てに送るときに使います。例えば、ホテルに滞在している宿泊者宛てに出したい場合、ゴルフコンペの賞品をプレー日に宿泊先で受け取るなどは「気付」を使います。

    住所と宛名の間に住所より若干大きめに書きいれます。例えば会社で宿泊予約している場合は、社名を入れておくとスマートです(画像左の事例参照)

    ご注文時、お届け先に「気付け」をご指定いただく際、あらかじめ指定先の企業・ホテルや施設などに送る確認をとってくださいね。確認をとっていないばかりに受け取り拒否されたり、ホテルなどによっては宿泊やパーティの当日しか受け取らないこともあるようです。

  • 御中・・・「会社や団体」宛て、受取人も「会社や団体」
    個人名ではなく、会社・部署・団体名宛てに使うもので「○○株式会社 御中」や「○○株式会社 △△課 御中」という使い方をします。

    会社内の個人に送る際、「御中」と「様」は併用しないで、個人名にのみ「様」をつけます。
    株式会社平成御中 山田太郎様 → ×
    株式会社平成 山田太郎様 → 〇

    宅配の場合は、記載する出来る部分が少なく「社名」様となることが大半ですが、可能であれば住所の中に社名をいれて、宛名にはお受け取りいただく方の個人名を入れます。

    例えば、社長ご就任のお祝いに贈る場合は、ご住所に社名を入れてお受取人名に「代表取締役社長 山田太郎様」とお名前を記載します。

229/1000

就任のお知らせをもらって、祝い品を考えているうちに…

取引会社の新社長就任のお知らせをもらって・・・お祝い品の相談話から
————————————————————-

就任のお知らせをもらって、祝い品を考えているうちに日が経ってしまった。こういう場合は、どうしたものか

————————————————————-

贈るタイミングなどでは頻繁にお問い合わせいただくことです。今回ご質問の方と似たケースがありお話しさせていただきました。

就任のお知らせをもらったのは御就任日の1週間ほど前だったそうです。1週間しかないと思いながらも、お祝い品を何にするか決めかねて、日が経ってしまい、就任日を3日過ぎてしまいました。この時点で、お知らせのはがきから10日経っています。

お知らせを受け取って、お祝いのご一報は送っていないそうでした。先方の状況によりますが、御就任前後はとてもあわただしくされていることが予想されます。そういった場合は、お電話は控えたほうが良いですね。とはいえ、まだ御就任されて3日なので、一刻も早く電報を送るなどの手配をしたほうが良いです。気の置けないご友人ならお電話やメールでもよいでしょう。件の方は、取引先ではあるものの友人としての付き合いもあり、お電話でお祝いの言葉を伝えたそうです。その際にそれとなくお祝い状況なども聞かれていました

御就任のお知らせを受け取ったら、お祝いをするしないに関わらず、すぐにお祝いの言葉を伝えます。電報であれば数時間で届きますので、当日お届けすることも可能です。また先様の状況を鑑みる必要はありますがお電話などでもお伝えすることは可能でしょう。はがきであれば1週間以内に届くようにします。これで、あとはゆっくりお祝い品を考えたり、就任パーティに出席するなどの準備ができます。

もし、お知らせを受け取って、お祝いの言葉もなく、ご就任日をかなりすぎてしまっていたとしたら、お祝い品と合わせ、遅くなったことを一言お詫びを添えて贈るようにしたらよいでしょう。

とはいえ、お祝いしたいというお気持ちが一番ですね
マナーは大切ですが、マナーばかり気にしすぎて本末転倒にならないようにしたいものです

ご就任祝いについての質問はよくいただきます
こちらもご参考になれば幸いです。
就任祝いを贈るベストなタイミングは?
取引先のご就任祝い マナー

228/1000

せせらぎ(生徒さんの作品より)

切子などに使われる被(き)せガラスの器に彫った『せせらぎ』
生徒さんの作品です。柔らかな雰囲気が素敵なのは、彫っている方のやさしさが作品に入ったのだと思います(^^)


この季節にピッタリですよね♪
教室をやめてもうお会いすることがないのだけど、また会ってお話ししたいです

227/1000

アップデートで不具合も、助かった

日頃便利に使っていると、その感謝を忘れてしまいがちです。そんな時に限って、というよりそうだからこそ?痛いことが起こります(^_^;;)

Windowsの大型?アップデートで、様々なアプリが不具合を起こし、一つ解決してはまた一つ、、、一日中PCと格闘することになってしまいました。でも一日で形になったのも、とりあえずの策がなんとなくうまくいくようになったのもすべてネット上で公開してくれている様々な人たちのおかげです。みんなすごいなぁ(心の声)

解決策をリンク張っているのを見つけると、そこは見たことのない単語の並ぶ英語ページでした(>_<)そもそも中学生レベルの英語も怪しい私に、難しい専門用語が入った英語など解読は不可能に近いでしょう。というか、それで作業しないほうが良さそうです。そう思っていたら、また別な親切な方が英語に翻訳したものをアップしてくれてました。もう助かるのなんの。ありがたいことです。

そして、今日、件のサービス会社でも日本語バージョンがアップされてました。早ーい!!
様々なものを1つのPCで、しかもお手頃価格で便利に使わせてもらえているわけで、こんな複雑な便利機能がたくさんあって、いろんな要素がかみ合ってるのですからアップデートすれば不具合も出るでしょう。それを早急に対応してくれるネット民の方もいて、なんてありがたいことかと

いつも以上にとりとめのない話ですみません

兎にも角にも、いろんなところでいろんな人たちに助けられていることを実感した一日でした。

226/1000

気付いたときがスタート

ここのところ、考えることが多々あり、整理のためにもコーチングを受けました。その中で、教えてもらったのがスティーブジョブスの言葉。

「あとでいい」はダメだ。ということ

アップルストアの進出時に新しい分野ということもあり、慎重に時間をかけて下準備をしていました。ところが、あともう少しで完成という時になって、責任者の一人が根本的に間違っているかもしれないと発言したのです。その言葉にジョブスは怒ったもののすぐにズレを認め是正しました。結果はご存知の通り大成功。

是正時には相当の反発もあったでしょうに、それにコストも膨大だったはず。それでも間違いにうすうす気づきながらも進めていてはさらに手痛いことになっていただろうと決断したのです。この決断は勇気がいること。気付いたときに取り返しがつかないことだったとしても、この先がもっと手痛いことになるのだとすれば、やはり決断すべきなのでしょう。気付いたときがスタートでもあるのですよね

224/1000

摘芯や摘果をするときに学んでいること

今年は放置していた畑を耕し、畑の先輩たちに聞きもって少しばかりの野菜を育ててます。あまり手をかけることはできてませんが、学ぶところはとても大きいのです。

以前トマトを育てたときは摘芯や摘果も適当で、そもそも育てる前の土の耕し方がひどかったのですね。今回もトマトやそのほか数種類の野菜を育ててます。比較的育てやすいものばかりです(^_^) 土を耕すという環境作りから始まり、天候など自分ではどうにもならないことのリスク管理とか、肥料一つにしても甘やかさず放置せずの育て方はすべてに通じ、自分の甘さや見失っていることを教えてもらっているようです。

ギフトをご依頼いただいて、最大限に喜んでもらえるためにどこまですればいいのかとか、やるべきでないこととか、何を選んで何を捨てるべきかとか、、、そんなことを野菜を育てながら、特に摘芯や摘果をするときにいろいろと考えてました。

すくすく育ってきてるトマトたち♪

223/1000

お父さんへのギフト

父の日が近づいています。お父様へのギフトというと、父の日や誕生日プレゼントといったイメージでしょうか。アトリエピジョンではビジネスの場でのギフトを扱っていることから退職祝いや就任祝いでもお父様へのギフトとしてご依頼をいただきます。

一家を支えるお父様が、ビジネスの場で新たな船出となる際のお祝い。恐らくたくさんのお祝いや電報が届いているはずのお父様でも、家族からのお祝いは他にはない格別のもののようです。そしてその喜びを見て、ご家族も大喜び。お父様の会社の10周年のお祝いをご依頼くださった方からお礼のメッセージをいただいて、お気持ちを垣間見ることができました。とても仲の良いご家族のようです(^^)

この仕事を始めて18年ちょっと。この仕事を始めるまで、ギフトをもらうことも贈ることもあまりしたことのなかった私は、お客様からたくさんのことを学ばせていただいてます。特に父には生きている間にできた贈りものは数えるほどですが、その贈り物ができたのはこの仕事で出会ったお客様のおかげであるのです。そしてそんな贈物ができてよかったなと思えてます。

贈物をもらうだけじゃなくて、贈り物をする人がそれ以上に幸せになれる。
それを最大限にする要素もまた、お客様から学ばせてもらってるのです。

それぞれのギフトの場でシェア出来たらよいなと思います

父の日のプレゼント 特集

222/1000

人が喜びあえる還流 -掃き掃除より(^^)-

毎朝5時半になるとご近所さんが家の周りから始まり隣近所まで掃き掃除をします。また、6時ごろには別のご近所さんが同じように始めます。7時ごろに庭を出ると外はとてもきれいな状態。

有り難いなと思うのと同時に申し訳ないなとも思ったのです。

で、ある時、ご近所さんよりも早く、ゴミ出しついでに外を掃きました。ゴミはなく葉が風で飛ばされている程度です。でもいつも30分ぐらいかけて掃き掃除をされているので念には念を入れます。と言っても、一度掃き始めると2,3軒分と決めててもその先まで気になって掃いてしまってました(^_^)

ところがわずか十数分後にまたご近所さんはいつものように掃き掃除を始めます。その30分後には別のご近所さんが同じように掃き掃除をする。そんなことを何日か続けてみて気づいたんです。あぁ、これは日課だったのだと。

なので、考えを切り替えました。
朝の時間の負担はとても大きくて、私には続きませんでした。感謝しつつ、自分のできることで恩返ししようと。人がそれぞれにできることで助け合えたり喜びあえる。こういう還流が私の目指すところでもあります。いつも周りからたくさんのことを教えていただいているのですよね。ありがたいことです

ところで掃き掃除はよいものです
気持ちも一緒に一新してくれるような気がして、とても心地よいのです。昨日は袋いっぱいの葉っぱを集めご近所さんと井戸端会議をし、また一緒に葉っぱ集めて、気持ちもリフレッシュできました(*^^*)

221/1000

研磨剤の違いで

雨の合間の昨日と今日。衣替えでもあったのに、少し肌寒い朝でしたね。
クールビズになったばかりで、肌寒く感じたと外商に出かけられている方がお話しされてました。

殆ど室内にいるとあまり変化を感じないというか、朝は日が直接当たらないので気付いてませんでしたが、25度以下で固まりはじめるココナッツオイルが真っ白く固まってました!んー、温度変化激しいですね。果たして私の体は温度変化に対応していけるのでしょうか(^_^)

話は変わります
いつも気にかけてくださってる方から、新聞記事が送られてきました

同じ研磨の世界で、その素材でこんな素敵なことができるのですね~
私たちが使う研磨剤は酸化アルマイトで、硬質なものを削ってしまいます。研磨剤の荒さで削り具合が替わります。また、研磨剤自体を変えれば仕上がりが替わります。例えばビーズ系のものにすれば金属面を輝かせることができます。

そして、このゼラチン!!
すごいなあ

今まで磨くのにとんでもなく時間がかかっていたものを、短時間でしかも細かく磨きにくい部分まできれいにできるのです。これを見つけるまでのご苦労に、脱帽です。ほんとにすごい

ますますのご発展、楽しみにしてます

220/1000