作業道具

ガラスを彫刻するためには、いくつかの機械と
様々な小道具を使います。

そして、私には必要不可欠な作業道具
なんだかわかりますか?


ちょっと砂まみれで汚れていますね(^_^;)
私と同じぐらいか、それ以上の年齢の方だとすぐにわかるかな

ヘッドにセットするルーペです。
老眼鏡とは違って、2種類のレンズが拡大してくれるルーペなので、細かい作業の際には大いに役に立ち、若い時でも時折便利に使っていました。で、今はなくてはならない道具の一つです。

プロは道具を選ばないという言葉があります。確かに道具がなくてもプロの仕事は確かなのでしょうが、良いツールがあると格段に作業の精度が上がります。
道具であっても自分の分身のようなものなんですよね。なので、定期的にお手入れをするのです。
普段、掃除をしないしものを片付けない父が釣り道具と大工道具だけは丁寧にお手入れしていたことを思い出します。

それぞれの職業に従事されている方に、自分にとっての大切な道具を聞いてみたいところです(^^)

実は、何でも彫刻をしますよと銘打っていると、ほんとにいろんな彫刻依頼が来ます。
およそ私には想像つかないものばかりですが、それは手にされる方にとってはとっても大切なアイテムなのです。頭蓋骨、神経、安全靴、ヘルメット、はさみ、、、などなど

ここで、一つ事例のご紹介です

この写真のものは何か想像つきますか???
↓ ↓ ↓

工芸彫刻「ブレードティース」 
ヒントは、歯







正解は、ブレードティース

↓ こんな感じで、、、

歯を治す際にいれるパーツなのだそうです。金属感が表現できてますでしょうか?ガラスに彫るだけなので、金属感が出るかが難しいところ。表現するのに何度も試作したのを思い出します。

このご依頼は、歯の関係のお仕事をされているお父様への贈り物にご依頼いただいたもので、実物の3倍ほどの大きさに彫って、メッセージも入れて贈られたそうです。

ガラス素材は盾形のトロフィーをチョイス

長年、携わってきたものだけに、愛着もあるだろうし、
何よりも娘さんの思いが嬉しいだろうなと想像がつきます(*^^*)

4/1000

作業道具」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 何の縛りがないよりも | ガラスアートギフト アトリエピジョン -atelier pigeon-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください