寺と神社 – 門戸厄神は・・・

門戸厄神さんのおひざ元に事務所を構えさせてもらって19年目。有店舗時代も門戸厄神の近くでしたので引っ越しても変わらずです。

19年間門戸厄神さんにお参りに行っており、何年も神社と思いこんでいて、神社のしきたりで参拝していました(^_^;) 神とつけば神社と思い込んでた自分がちょっと恥ずかしいことです。なぜ、疑問に思えたかと言えば、「東光寺」と名称にあったからです。

ん?神社じゃなくてお寺??疑問がわいてきます。そして何年前だったか調べてみてお寺だということが判明したのです。

門戸厄神さんのHPにこんなQ&Aがありました。

Q. 門戸厄神はお寺ですか?神社ですか?

A. 松泰山東光寺という高野山真言宗のお寺です。門戸に居られる厄神明王様のことを親しみを込めて、門戸の厄神さん「門戸厄神」と呼ばれる様になりました。

私だけじゃなかったんですね(ほっ)
ちなみに門戸厄神さんは日本三大厄神さんの代表格?の一つ。他の石清水八幡宮(京都府八幡市)と天野明神(和歌山県伊都郡)はどちらも神社なのだそうです。これもプチびっくり

神社とお寺の違いが分かりやすくまとめられたサイトを見つけました

最近特に思うこと、
やらないよりやったほうがよいけれど、ちゃんと理解してやることはとても大切だなと。不勉強なことがたくさんあって、学びはずっと続きます。少しづつシェア出来たら嬉しいです

439/1000

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください