4月の異名 -卯月、木葉採月、建巳月、清和月ー

春たけなわの4月は旧暦では夏のはじまりに当たります

    • 卯月(うづき)– 卯の花が咲く月「卯の花月」を略したもの、稲の種を植える「植月」から。また十二支の4番目が卯だというものなど由来は諸説あり。「う」が「初」の初めやはじまり、そめる・はつ・うぶや、「産」の産む、産まれるなどの音が転じてなったという説も。
    • 植月(うつき)– 稲の種を植えることから
    • 卯花月(うのはなづき)卯月(はなうづき)– 卯の花の咲く月
    • 余 ・余月(うづき)– たっぷりと豊かな月という意味
    • 建巳月(けんしげつ)巳月(しげつ)巳の月(みのつき)-古代中国では、北斗七星の柄の先が真下の北の方角を指す月(冬至のある11月)を十二支の最初である子をとって「建子月」とし、順に「建丑月」・・そして4月を「建巳」としました。「建」の文字は「建す(おざす)」で北斗七星の柄を意味し、そのあとの十二支は方角と季節を示します。
    • 畏月(いげつ)畏日(いじつ)– 夏の炎天の日。「冬日愛すべし、夏日(かじつ)畏(おそ)るべし[春秋左氏伝 文注]」より
    • 田植苗月(たうなへづき)苗植月(なへうゑづき)– 旧暦で田に稲の苗を植える月であることから
    • 木葉採月(このはとりづき)– 蚕に食べさせるための桑の葉を採る月という意味。
    • 槐夏(かいか)– 夏に黄色い小花が群生する槐(エンジュ)から
    • 乾月(けんげつ)– 陽気が充実した陽の卦で、天に太陽が昇りエネルギーが最大となる夏を意味する
    • 純乾 (じゅんけん)純陽 (じゅんよう)– 陽の卦より
    • 乾梅 (けんばい)
    • 首夏・初夏・早夏・新夏・始夏(しか)夏初月・夏端月(なつはつき)孟夏(もうか)肇夏(ちょうか)維夏(いか)– 夏の初め。はじまり。「孟」や「肇」、「維」は、「はじめ」を意味する発語。
    • 朱夏(しゅか)– 五行思想の赤は夏に配することから圉余 (ごよ)「月が丁にあるから圉余という(爾雅・釈天)」より。陽の月の名
    • 蠶月・蚕月(さんげつ)– 陰暦3月、4月の異称。蚕が孵化するころ
    • 朱明(しゅめい)– 気が赤く光が明らかな季節の意
    • 仲呂・中呂 (ちゅうりょ・ちゅうろ)– 中国音楽のひとつで、十二律の6番目の音。日本の双調に相当する。
    • 実沈(じっちん)– 古代中国天文学における天球分割法「十二次」の一つで西から星紀(丑にあたる)に始まり、6番目の時期。実沈は立夏・小満に当たる
    • 小満(しょうまん)– 二十四気の一つで、陽気で万物の成長する気が次第に長じて天地に満ち始めることから。万物の成長する気が次第に長じて天地に満ち始めることから
    • 立夏(りっか)– 二十四気の一つ。夏のはじまり
    • 得鳥羽月(とことばのつき・えとりはづき・えとりはのつき)– ひな鳥の羽が生え変わる月という意味
    • 鳥来月(とりくづき)– 鳥が来る月
    • 鳥待月(とりまちき)
    • 正月(せいげつ)– 「正陽の月」のこと
    • 正陽(せいよう)正陽月(せいようづき)– あらゆるものが清く陽気になる時期という意味
    • 清和(せいわ)清和月(せいわづき)– 空が晴れ、空気が澄み切り、なごやかなこと。
    • 梅雨(ばいう)梅溽(ばいじょく)– 梅雨時から。「溽」は蒸し暑い,湿気が多いの意
    • 梅月(うめづき・ばいげつ)– 陰暦4月、5月の異称
    • 麦月(ばくげつ) 麦秋(ばくしゅう・むぎあき)– 麦の穂が実り、収穫期を迎えた初夏の頃の季節。麦が熟し、麦にとっての収穫の「秋」であることから。初夏のころ。麦の秋
    • 麦風(ばくふう)– 陰暦四月のころに吹く風季節
    • 花残月(はなのこりづき・はなのこしづき)– ほとんど散ってしまった桜の季節で、山あいや、北の寒い地域に残る桜のこと
    • 伏暑(ふくしょ)– 盛夏の意
    • 乏月(ぼうげつ)– 前年にとれた穀物が尽き、その年の穀物がまだ実らないころ。
    • 祭月(まつりづき)– 京都・賀茂神社の祭礼「葵祭」が陰暦四月に行なわれることから。
    • 六気  (りくき)– 自然界での気候変化で「風・寒・暑・湿・燥・火」を六気と言う。または天地間の6つの気「陰・陽・風・雨・晦・明」、人間の持つ6つの感情「喜・怒・哀・楽・好・悪」とも。季節の変わり目や異常な気候変化が起こると六気は「邪気」に姿を変え、体に影響を及ぼす。
    • 和清(わせい)– 気候の清らかで温和なこと
    • 綿抜の朔日  (わたぬきのついたち)– 4月1日の異称。衣がえとして、綿入れの綿を抜いて袷(あわせ)を着ることから。
    • 送春(そうしゅん)
    • 夏半(かはん)
    • 全く由来がわからないもの。
    • 蘭地(らんち)– 蘭はラン科の植物ではなく野蒜の古代名
    • 種月(うづき)
    • 修景(しゅけい・しゅうけい)
    • 清玉(せいぎょく)
    • 清至(せいし)
    • 跡踵(せきしょう)
    • 朝陽(ちょうよう)
    • 鎮月(ちんげつ)
    • 六陽(りくよう)

由来には当たり前ですが歴史があって、これだけでドラマができるかもと思うものもあり。調べがつかないものは、またおいおい調べて掲載しようと思います。ご存知の方がいらっしゃればコメントなどでご伝授いただけると嬉しいです