10月の和風名月

神無月(かんなづき、かみなしづき)
神在月(かみありづき)
神去月(かみさりづき)
日本全国の八百万の神々が出雲に集まる月をいいます。出雲では神様が集まって一年のことを話し合います。そのため、出雲以外の地では神様が留守になるので神無月といいますが、出雲では神在月(旧暦10月)と言います。もとは旧暦10月の呼称だった神無月は新暦での別称としても使われています。
出雲大社では旧暦10月にあたる11月に全国から集まる神様をお迎えする「神迎祭(かみむかえさい)」、神様の滞在時の「神在祭(かみありさい)」、神様をお見送りする「神等去出祭(からさでさい)」が行われます。

「かんなづき」の語源となるそのほかの説
神嘗月(かんなめづき):新嘗(にいなめ)の準備をする月
神な月(かみなづき):神の月
雷無月(かみなかりづき):雷のならない月
醸成月(かみなしづき):新穀で新酒を醸す月

豊穣の月、神様が次の準備のために動いてくださっていること、とてもありがたく感謝の月ですね

339/1000

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です