日別アーカイブ: 2019年3月15日

赤い被(き)せグラス

切子好きの方にはなじみの赤いグラス。
見た目は赤一色でも、色の違うガラスが二層になっていて、上層を削ると下層の色があらわれます。このグラスは下がスキ(透明色)で、削るとフロスト状態の無色ガラスが出てきます。

切子は、削り出した部分を何度も磨くことで透明感を出します。
サンドブラストは、多孔質になっているので削った部分の透明感は出ず、柔らかい雰囲気のものに仕上がります。雲やカスミ、微妙なグラデーションはサンドブラストが向いてます。

と言っても、好みもありますし、なんといっても切子は昔からの伝統工芸の根強い人気があり、比べることは難しいです。

さて、この被せガラス
サンドブラストで何を彫るのでしょう~

 

505/1000