ガラスアート ギフトTOPガラス工芸作家一覧>ゆかい



〜2000年 社会人になって、秘書、経理事務、エステティシャン、カラーコーディネーター、カラーカウンセラーなどものづくり以外の形のない仕事に携わる
2001年 サンドブラストによる名入れ彫刻などを新規事業として始める
同時に、サンドブラスト工芸を独学で習得する
2004年

京の名工 京藍友禅作家 橋詰清貫氏個展にコーナーでコラボ出展


 
 ゆかい インタビュー / Interview

サンドブラストをはじめられた経緯は・・・

過去、秘書・経理事務・エステティシャン・カラーコーディネーターと 無形の仕事に携わってきました。
それぞれにやりがいもたくさんありました。
けれど、 物を作りたいという気持ちが徐々に強くなっていました。

そんなときに、この仕事を新聞で知ったのです。
はじめは 、作家という形ではなく、名入れなどの量産品の彫刻から入りました。
誰でも簡単に始められるらしいのですが、彫刻前のマスクフィルム制作がうまくできず、失敗の連続。そんななか、 自分で手カットでマスクフィルムをつくり、デザインパーツを一つづつ彫っていくサンドブラスト工芸のほうに興味を持つようになりました。

というのはたてまえで、こちらのほうが私に向いてたのか簡単に作品を作れるようになったんです。(当時は簡単に思ってました(^_^;)


実際、工芸のほうはやればやるほど、奥が深くって、今でも毎日が勉強です。

サンドブラストに携わって、この仕事をやってよかったと思うことは?

たくさんあります^^
一番嬉しいのは、お客様が喜んでくださったとき。工芸品のオーダーは、出来上がったものを見ているわけではないからお客様も不安だと思います。その不安が、大きな喜びに変わったとき、私も作ってよかったぁと思えるのです。
私に頼んでくださったことに心から感謝ですよね^^

個人的なことでは、このサンドブラスト工芸を通して天職にめぐり合えたことです

作品作りでの苦労などお聞かせください

お客様からのオーダーで、工芸品を作るときは、お客様との対話の中で徐々に表現方法とか決まってくるので、いざ製作に取り掛かるとわりとスムーズに進みます。

製作までにかけた時間がいっぱいなので、思いいれもたくさんで、しばらく眺めてたりします(笑)


問題は、自分だけの作品です。
これを作りたいと思っても、自分と対話するのをおろそかにして、いきなりガラスに向かっちゃったりすると大変です。

なにを作りたかったのかさえ忘れてしまったり
あるいは、あれもやりたいこれもやりたいと欲どおしくなったり。

最近は、自分との対話を大切にするようにしてます。

今後の展開をお聞かせください

個人的には、ひとつでもいいので後世に残るものを生み出したいです。

大きな夢は、日本には、たくさんの手工芸があって、どれもすばらしいものばかりです。
その中にサンドブラスト工芸も根付けばいいなと思ってます。

そのためには、その土壌が必要だと思ってます。
まずは、サンドブラスト工芸を知っていただくこと^^
見て、触れて、使っていただければ、とても嬉しいことです。

サンドブラスト工芸に携わっている人はまだまだ少ないですが、とてもすばらしい作品を生み出している人が増えてきています。

もっと携わる人が増えれば、お互いに研鑽しあって、よりすばらしいものが生み出されるんじゃないかと思います。
日本人の遺伝子は手工芸に長けています。
この遺伝子を受け継ぎながら、新しい文化を作り出していくって、とても夢があってすばらしいことだと思います。

そのお手伝いができれば、最高の喜びです。

▲このページのTOPへ戻る


 ゆかいギャラリー (


2004年 京藍友禅作家 橋詰清貫氏個展のコーナーにテーブルウェアのコラボで出展した大皿です。40cmもある薄手の大皿を京都のガラス工房glassroom佐藤さんに吹いてもらい、裏からぼかし彫刻しています
2007年 デザインも含めてのオーダー品。お子様の初節句の記念にT様専用のデザインということでの製作です。2004年にいただいたオーダーの第2弾で武田信玄の兜です
2004年。ご長男の初節句記念にご注文者様オリジナルのデザインで伊達政宗の兜を製作しました。裏から政宗公の句と兜、刀などを表面から誕生日とお名前などとぼかしで菖蒲を彫刻しています
大皿「セルリア」
端午の節句
「武田信玄の兜」
端午の節句
「伊達政宗の兜」

新店舗のお祝いにご依頼いただきました。「一休」様のサイトにあるインパクトのある写真をもとに背景にぼかし彫刻しています
ミラーにバラをぼかし彫刻したものを組み合わせて表札にしています。
購入されていたクリスタルのペーパーウェイトに花の彫刻をしてほしいとのご依頼で製作
ロック型クリスタルオブジェ
ガラスとミラーの表札
ペーパーウェイト
とるこききょう

被せのランプシェードに蝶が舞っているものだけを彫刻してほしいとのご依頼す。下のほうは、ガラスのクリア感と透明で美しい赤を残すために、1匹の蝶だけを彫刻しています。
大皿セルリアとのセットで、大皿にあしらった羽衣ジャスミンの葉を彫刻しています
舞蝶のランプ

ぐいのみ「ジャスミンの葉」

▲このページのTOPへ戻る


 メディア他掲載
2007年 All about ビジネス>転職・キャリアに取材いただきました  
2004年

月刊誌「Gift」

 
2003年 な〜る  
2002年 資格と仕事/リクルート