ガラスアートギフト TOP知っ得ギフトバックナンバー>就職祝いのマナー

就職祝い

社会人として、ドキドキワクワクの始まり
身内やかわいがっていた後輩に、これからの活躍に期待と応援をこめて贈ります。

卒業祝いと重なる場合には、就職祝いを優先させます

 

就職祝い特集

メッセージグラス
社会人一年生。先輩からの心をこめたメッセージ入りグラスは、これからの心の支えとなること間違いなし☆


ガラスのフォトフレーム
みんなからの寄せ書きメッセージはいかがでしょう。記念の写真と寄せ書きメッセージの彫刻で、記憶と記念になる御祝がお勧めです

ミケランジェロワイン
ミケランジェロワイン

節目節目に乾杯してもらいたいグラス。
目標があると、もっと頑張れそうですね☆


大志を抱いた世界で活躍する人に
クリスタルが、心を研ぎ澄まし、いく方向を見定めてくれます。

ガラスの印鑑
クリアな気持ちでスタート 。落款つきの手紙が、お客さまの心をつかんで、営業の仕事もうまくいきそう。お仕事を応援したい人へ

紙ひこうきのランプ
社会人一年生に夢ある御祝をプレゼント。 夢は大きく☆羽ばたいてほしいですね


就職祝いのマナー【お祝いを贈る人】

贈る人
基本は身内やとくに親しい後輩などに贈ります。友人から贈る必要はありません。日頃のお付き合いの度合いによって決めましょう。


どんなものを贈る?
卒業祝いと就職祝いが重なったら、就職祝を優先します。

社会に入って役立つような実用品が喜ばれます。あまり大きいものや、趣味が偏るもの、お祝いが重なると困るようなものは考える必要があります。


お祝い品の金額の目安
お祝いの相場は、身内で1万円〜2万円、身内以外なら5000円 〜1万円が目安です。


熨斗の表書き
のし包装にする場合は、紅白の蝶結びで、表書きが「御就職御祝」「就職」「御祝」など

熨斗について(のしの表書き一覧など)≫


いつ贈る?
就職前1週間から就職後2週間ぐらいまでに贈ります。



就職の報告とお返しのマナー


就職が決まったら、同じ業界で働く先輩や、仕事をお世話してくれた人などにできるだけ早く報告します。
お世話になったかたには、就職が決まらなくても結果だけは必ず報告するのが義務です。



一般には、身内など親しい人にいただいたお返しは不要です。
品物でお返しするときは、いただいたものの金額の1/3から1/2が目安。

お祝いをいただいたら、お礼状を送るか直接お礼をお伝えしましょう。

品物を贈る場合は、
初任給から無理のない金額で御祝のお返しをするといいですね。「 初任給で買ってくれた贈り物」に、贈った人はとても喜んでくれることでしょう。

 

 







1月〜4月の行事
5月〜8月の行事
9月から12月

冠婚葬祭、他お祝いに関するマナー&豆知識