数字の縁起(風水)

贈物では縁起はつきもので、中でも数字は気を使われる方が多いです。以前にエンジェルナンバーでのお話をメルマガやブログに掲載したところ、「ちょうど数字選びをしていたところだったのでタイムリーだったよ」とか数名の方からお便りをいただました。

日本では一般的なのが、【4,9は死、苦につながる】【偶数は割り切れることで別れ易いことから避けられる】【8は末広がりで縁起がいい】といったことでしょう。

今回は、ちょっと違う方面から。風水について見てみます。
陰陽では奇数は陽、偶数が陰とされています。ただ、陰陽は表裏一体であるので
陰だから悪いというものではありません。

それぞれの数字を見ると
1 芸、地位、健康、金運
  4と合わせると発展、繁栄
2 病気、孤独、根気、発展、二重性、
  8と合わせると8のパワーを引き上げる
3 訴訟、喧嘩、傷、
4 人脈、学問、恋愛
5 変化、病気、災難、衰弱
  2と合わせると大凶数
6 出世、成功、財、克服、健康、恩恵
7 怪我、陰口、火災
8 富、名声、変化、住居、人、循環
9 名声、学問、発明、美、財

単数で日本で凶とされている「4」「9」はいずれも大吉です。
逆にラッキーセブンの7は小凶

8は日本と同じで、吉数ですね。その8を含んだ「168」の3桁が風水では最も幸運を呼び込む特別なパワーがあるとされているようです。風水もエンジェルナンバーと同様に、いろいろと系統があるようです。その系統によっては真逆の判断もあるので、取り扱いは注意したほうが良さそうです

古代より、数字にはエネルギーがあるものとされていて、少なからず私も影響されているようです。
でも、派生した占い的なものとなると、少々様相が違うかもしれません。当たるも八卦当たらぬも八卦として贈る相手に合わせ検討したいところですね

232/1000

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください