カテゴリー別アーカイブ: 由来

桃の節句(上巳の節句)に

今日は桃の節句、ひな祭り
上巳の節句でもあるのですが、上巳という言葉はあまり目にも耳にもしませんね。
同じような男児のための節句で端午の節句は浸透しています。

上巳は旧暦3月の最初の巳の日をさします。上巳あたりは季節の変わり目で、古代中国では災いをもたらす邪気が入りやすいと考えられており、魏の時代にで水上に觴 (さかづき) を流して祓除する風習がありました。これが日本にわたり宮中行事として取り入れられ、曲水の宴や雛遊びを行うようになりました。
また、水辺で穢れを祓う禊の神事と結びつき、紙や草で作った人形で自分の体をなでて穢れを移し、川や海へ流したりするようになりました。今でもある流しびなはこれが由来です。

元々は男女関係なく行われていた穢れの祓いが結びついた行事。
けれど、この時期は季節の変わり目で、上肢が熱っぽくのぼせたりめまいがしたり、その反面下肢が冷えるといった症状の出やすい時期。ものごとのはじまりは春と考える東洋。東洋医学では冬にためた毒素を出すというのがこの時期だそうです。

健やかなる1年を願って、よい日を過ごしたいですね

493/1000

3月の異名 -弥生、花津月、建辰月、桃緑ー

3月は旧暦では春の終盤。終盤を表す言葉に、暮・晩・季・杪・末・殿などがあって、表現豊かです。どの月も中国由来のものがとても多い。漢字1文字にたくさんの意味が込められてますから、表現しやすいですね

    • 弥生、彌生(やよい)– 草木が生い茂る月で「木草弥や生ひ月(きくさいやおひづき)」が編じて「やよひ」に。「弥」はいよいよという意
    • 桜月  (さくらづき・おうげつ) 桃月 (とうげつ)花月、 嘉月(かげつ)– 季節を代表する花など待ちかねた花が色とりどりに咲くころ
    • 雛月(ひいなつき)– 3月3日の上巳の節句での流し雛で穢れを清める
    • 建辰月 (けんしんげつ)辰月(しんげつ)辰の月(たつのつき)-古代中国では、北斗七星の柄の先が真下の北の方角を指す月(冬至のある11月)を十二支の最初である子をとって「建子月」とし、順に「建丑月」・・そして3月を「建辰月」としました。「建」の文字は北斗七星の柄を意味し、そのあとの十二支は方角と季節を示します。
    • 早花咲月(さはなさきつき)早花月春– 「三月さはなさ月 故郷へ鴈も鳴きつつ帰るなりさはなさ月に春やなりぬる 〔古今打聞〕」より
    • 花津月  (はなつつき)– 花が次々と咲くころ。「津」は野の当て字であり、あふれるの意味
    • 花見月  (はなみつき)– ますます花盛りとなり、花見を楽しむころ
    • 夢見月  (ゆめみづき)– 夢見草(桜の別名)が咲き始めることから
    • 春惜月  (はるおしみづき)– 旧暦では春の終わる季節のため、春の終わりを惜しむ意から
    • 暮春  (ぼしゅん晩春 (くれのはる・ばんしゅん)季春 (きしゅん)杪春 (びょうしゅん)末春 (まつしゅん)殿春 (でんしゅん)莫春 (ぼしゅん)– 旧暦の春(1,2,3月の終わりにあたる。「季」は四季の終わり、「杪」はすえ・終わり、「殿」は最後を意味する。
    • 蚕月、蠶月  (さんげつ)– 養蚕を始める時期であることから
    • 花飛(かひ)– 花の散る様子を表す言葉で、旧暦の春の終わり
    • 暮陽 (ぼよう)– 旧暦の春の終わり
    • 載陽 (さいよう・たいよう)– 「春日載陽(春の日載ち陽らか)〔詩経〕」より。春の日差しが温かいこの時期をさす。また中医学での載陽は上肢が熱っぽく、下肢が冷えるものを指し、この時期に起こりやすい
    • 暮律 (ぼりつ)– 春の終わり。また暮律は年の暮のならいを意味する
    • 姑洗 (こせん)– 中国の音名の十二律で下から5番目の音(E)
    • 大梁  (たいりょう)– 古代中国天文学における天球分割法「十二次」の一つで西から星紀(丑にあたる)に始まり、5番目の亥にあたる時期
    • 発陳  (はっちん)– 東洋医学では全ては春に始まるため、陽気が上がるころ、冬の間に溜まっていたものを体の外に出すことをいう。「陳」は古いという
    • 祓月  (はらえづき)
    • 禊月  (けいげつ)– 上巳の節句に禊を行う習慣があったことから
    • 修禊  (しゅうけい)– 上巳の節句に水辺で清める祭事のこと
    • 花老  (かろう)– 旧暦の花盛りの終わり
    • 竹秋  (ちくしゅう)– 竹の葉がこの頃に黄ばむことから。竹の秋
    • 桃緑  (とうろく)– 桃の鮮やかな紅色と鮮やかな柳の新芽の緑を表す「桃紅柳緑」から、この春の季節の色合いを表したことば
    • 清明  (せいめい)– 陰暦の二十四節気。新暦では4月5日頃
    • 穀雨  (こくう)– こちらも陰暦の二十四節気。新暦では4月20日頃
    • 全く由来がわからないもの。
    • 染色月 (しめいろづき)– 陰暦3月の異名であるそうですが、そめいろづきと読んで8月の異名でもあるそうです。季節を表す花や緑生い茂ることで色合いがガラッと変わるからでしょうか・・・
    • 桃浪  (とうろう)– 中国の狼桃伝説があったものの、狼ではないし、桃の季節は関係していると思う。ちなみに「浪 」は大きな波、水の流れる様を表す言葉。桃が咲き乱れるという意味?かな
    • 青草  (せいそう)-「青草」は夏の季語であるから、3月の異名とするのだとしたら、旧暦で若葉が萌えるころ???
    • 病月 (へいげつ・びょうげつ)
    • 宿月  (しゅくげつ)
    • 末垂 (まつすい)
    • 中和  (ちゅうわ)
    • 華節  (かせつ)

由来には当たり前ですが歴史があって、これだけでドラマができるかもと思うものもあり。調べがつかないものは、またおいおい調べて掲載しようと思います。ご存知の方がいらっしゃればコメントなどでご伝授いただけると嬉しいです

491/1000

2月の異名 -如月、気更来、梅花見月、大壮月、酣春ー

2月は旧暦では春たけなわの時期。春に酔いしれるという意味で「酣」の文字が使われています。とても多いのが梅に関する言葉ですね。早咲きのものも含め、梅の花がたくさん見られるころ。菅原道真に代表されるように梅に関する詩が数多くあります。

    • 如月(にょげつ、じょげつ、きさらぎ)– 中国の2月の異名から。中国の最古の辞書「爾雅」には「二月を如となす」という記述があり、寒い冬が終わり万物が次第に動き始めるという意味がある。
    • 衣更着、更衣、著更着、絹更月  (きさらぎ)– 寒さがぶり返したり、まだまだ寒さ厳しく衣を更に重ね着することから
    • 気更来、生更木  (きさらぎ)– 次第に陽気が増してくる時期から。また陽気により草木が芽吹き生えはじめることから
    • 建卯月 (けんぼうげつ)(ぼうげつ)卯の月(うのつき)-古代中国では、北斗七星の柄の先が真下の北の方角を指す月(冬至のある11月)を十二支の最初である子をとって「建子月」とし、順に「建丑月」「建寅月」そして2月を「建卯月」としました。「建」の文字は北斗七星の柄を意味し、そのあとの十二支は方角と季節を示します。卯月(うづき)は旧暦の4月の異称でもあります。
    • 梅早(五)月 、梅津早(五)月 (うめつさつき)– 早々に咲く梅の花のことを「梅早(うめつさばな)」といい、「津」は「の」の意味の当て字。なお「梅月」は4月・5月の異称です。
    • 梅花見月 (うめのはなみづき)梅見月 (うめみづき)– 咲き始める梅を楽しみにした2月の異称
    • 小草生月(おぐさおいづき・こぐさおうつき)– 春を待って、小さな草花があちらこちらから芽を出してくる頃。季語は「小草生ふ」
    • 木芽月 (このめづき) – この時期から木の芽が芽吹いてくることから
    • 雁帰月 (かりかえりづき) – この頃から水鳥の雁(がん)がシベリアへ帰っていくことから
    • 雪消月  (ゆきぎえづき、ゆきげづき、ゆきげしづき) – 雪が見られなくころ
    • 初花月(はつはなづき) – 年が明けて初めて咲く花を「初花」といい、このころより先始めることから。主に早咲きの梅を指す
    • 夾鐘 (こうしょう・きょうしょう) – 中国音楽の十二律の四番目の音。冬至のある月(11月)を始まりとし、4番目にあたる2月の異称としています
    • 酣春 (かんしゅん) – 春たけなわの意味。陰暦では春の真ん中にあたることから
    • 華朝花朝 (かちょう) 春朝 (しゅんちょう)
    • 恵風 (けいふう) – 万物を成長させるめぐみとなる春風が吹く陰暦の2月の異称。また、 恵風は、君主の恩恵が広く行きわたるのを風にたとえた語でもあります。
    • 降婁  (こうろ・こうろう) – 古代中国天文学における天球分割法の一つで西から星紀(丑にあたる)に始まり、4番目の戌にあたる時期をいう
    • 降入 (こうにゅう)
    • 春濃 (しゅんのう)春半 (しゅんはん)、 春和 (しゅんわ)、半春   (はんしゅん) – 陰暦での春の真ん中にあたることから。春和の候は4月の時候の挨拶
    • 春分 (しゅんぶん) – 陰暦の2月中のこと。二十四節気の春分は3月20,21日頃
    • 大壮月 (たいそうづき) – 大壮は 六十四卦の一つで、とても盛んであること。
    • 仲春・中春  (ちゅうしゅん・なかのはる)仲序仲鐘 仲半仲分 、中和 仲陽陽中 – 陰暦の春は1,2,3月で「仲」は春の真ん中をあらわす。
    • 芳春  (ほうしゅん) -花の盛りの春。春の美称
    • 踏青  (とうせい) – 古代中国の風習で春の青草を踏んで遊ぶこと。春の野遊び。踏青は春の季語でもある
    • 美景  (びけい) – 花盛りとなる美しい景色が見られるころ
    • 雷啓蟄  (らいけいちつ) – 啓蟄は陰暦の2月の節気(新暦では3月6日頃)で、このころより雷が鳴り始めることから。
    • 麗月 、令月  (れいげつ) – 何事をするにもよい月。めでたい月
    • 令節 (れいせつ) -よい時節。よい節日。佳節。年中行事の定まっている節日。
    • 全く由来がわからないもの。
    • 橘如 (きつじょ、くつじょ) – ひな壇の「右近の橘 」というのがありますが、これが関係しているのでしょうか。ちなみに七十二候では小雪橘始黄があり、橘の実が黄色くなる頃を指してます。季節が違うのでやはり全く違う由来かもです…
    • 星鳥 (せいちょう)
    • 四陽 (しよう)
    • 桃華  (とうか)
    • 繁節  (はんせつ)

由来には当たり前ですが歴史があって、これだけでドラマができるかもと思うものもあり。調べがつかないものは、またおいおい調べて掲載しようと思います。ご存知の方がいらっしゃればコメントなどでご伝授いただけると嬉しいです

465/1000

厄神大祭に行ってきました -宝珠に金箔奉納-

毎年恒例の門戸厄神大祭に行ってきました。いつもより人は少なく、参拝はスムーズでしたが、屋台辺りは少し寂しい感じです。でも行列できてる屋台もあって、同じカステラなのに暇そうにしているところとの違いは何だろうと考えさせられるところもありでした。

参拝は、いつものガラスの厄払いに加え、少し欲張ってしまいました。
強く心に誓って、見守っていただけるようお願いしてます。

その帰りには、延命根や様々なご利益のあるものが設置されており、少しあやかってきました。
その一つが、数年前に設置された「奉納金箔宝珠」
宝珠に仏様の功徳に感謝し金箔を貼り付けて奉納し、気運を高めていただくものです。

玉ねぎ型のこの宝珠、由来を調べてみました。
仏教においては、宝珠は如意宝珠であり、サンスクリット語でチンターマニ。「意のままに願いをかなえる宝」として解釈する言葉(Wikiより)とのこと。なるほどなぁ

写真は、パートナーが金箔を奉納した際に撮影したもので、金ぴかです。たくさんの方の願いがつまってます。そっと撫でていかれるだけの方もあり、奉納した方の金箔がめぐって皆にご利益があるように思いました。奉納する際の金箔の台紙にはうっすらと金箔が残っていて、それを回収する箱もありました(^^)ムダなし!ご利益がみんなに巡り巡ってまた自分に返っていくって、なんだかいいですよね

気運は回していくものなのだと感じました。
この写真から気運が皆様に届けばなぁと思っています

ちなみに橋などの欄干の上にあるものは擬宝珠(ギボシ)といって、宝珠を模したものだから擬宝珠というのだそうです。

450/1000

鏡開き

今日は鏡開きの日ですね。昔ながらの鏡餅を結構な力を入れながら開いている方もいらっしゃいました。小袋に入った子餅を入れた鏡餅型のプラスチックでできた簡易な鏡餅セットだと鏡開きの行事も味気ないものかもしれません。

お正月行事は、新しい年の神様(年神様)を家へお迎えし祀るための行事。鏡餅は神様へささげるものであり神様の依り代となるところです。年神様を、お迎えしおもてなししお送りした後、家長が家人や子供たちに鏡開きをし分けます。その歳(年)の神様の魂(玉)=お年玉で、お雑煮にして神様の魂をいただいていたのです。お年玉は元々はお餅だったのです。

鏡餅の円形は家庭円満を、重ねた餅は大小2段で月と太陽(陰と陽)を表し、1年を重ねるという意味合いがあるとされています。また鏡開きの「開く」は末広がりを意味します。この鏡餅を開くとき刃物は使いません。もともと武家で具足餅を下げて汁(雑煮)にしたのが一般化したとされており、刃物を使うのは武家にとって切腹を連想させるので手や木鎚を使って分けるのです。

 

上から、
橙(勾玉)
串柿(剣)
鏡餅(鏡)

 

天孫降臨の際に天照大神から授かった三種の神器(勾玉、鏡、剣)を表してます。「鏡」は心の中を映し出す鏡。「勾玉」には心の落ち着く場所を指し示す霊力があり 、「剣」は邪念や魔物から護ってくれる守り刀であり、人生を切り開く武器でもあります。

尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)
八咫(やたのかがみ)
天叢雲(あめのむらくものつるぎ)

 

 

443/1000

Merry Christmas! クリスマス祭事の元?

Merry Christmas!
皆様、どうぞ素敵な時を

今年は例年に比べ、クリスマスモードが薄い?そうですね
全くクリスマスモードではない私は、そのことさえ勘付いておりませんでした(^_^;)
キリスト教徒ではなくても、家族が笑顔で集っているのを見ると良いイベントだと思ってました。その昔はケーキがバターケーキしかなくって、脂っこい鳥肉もだめだった子供時代、クリスマス料理の楽しみはあまりありませんでしたが(笑)

さて、そのクリスマス、キリスト教が公認される以前のローマ帝国ではミトラ教(太陽神ミトラスを主神とするの)が信仰されており、このミトラ教の祭事をキリスト教が取り込んだとする説があるようです。今ではすっかりキリストの降誕祭として定着しているクリスマスも、日本ではまた独自の路線(商戦色が強いかな・・・)をとって定着しています。

今年のクリスマスモードは弱くとも、みんなが笑顔でHappyな時間が過ごせるのなら、私は大いにお祝いしたいと思います

426/1000

ダズンローズデー -12月12日-贈ると幸せになれる

今日12月12日は「ダズンローズデー」です。ブライダルファッションの第一人者である桂由美さんと内田和子さんで提唱された記念日で、12本のバラを愛のあかしとして恋人にプレゼントします。欧米では12本のバラの花束を恋人に贈ると幸せになれるという習慣があるとのこと。ダズンは1ダースという意味ですね

12本のバラはそれぞれ、感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠を表現しています。感謝が一番にくるって素敵ですね。

ちなみに、バラ1本だけだと「あなたに一目惚れしました」「あなたしかいない」の意味。2本なら「二人の愛」99本は「永遠の愛」。100万本のバラという歌があったけど、100万本だとどういう意味になるのでしょうか?

3本は「愛してる」のサイン。あれ、これも歌の歌詞ですよね


ウェルカムボードぶ~け ばら ガラス彫刻工芸作家 ゆかい

413/1000

ごめんねの日 -12月10日

今日、12月10日は何の日かご存知でしょうか
ごめんねの日なんだそうです

ごめんねの日を制定したのはすかいらーくグループです。2009年にすかいらーくグループのレストラン「ガスト」で販売された期間限定メニューの“ハミ出るビーフステーキ” のキャッチフレーズが「ハミ出してごめんね」だったのです。鉄板から出るほどの大きなステーキ、肉好きの方にとっては、ハミ出てありがとうですよね(^^)

そんな逆説的がキャッチ―な言葉とともにPRの意味を込めて、ハミ出るビーフステーキの発売日である12月10日を「 ごめんねの日」として制定。

よくあるマーケティング的ではありますが、ごめんねの日のもう一つのコンセプトが込められてます。
勤労感謝の日や父母の日など感謝を表す記念日はたくさんあるのに、謝罪の気持ちを伝える記念日はあまりありません。そこで、ごめんねの日の制定員会では『エイプリルフールのように明るく謝ることのできる日』『謝りたいことのある人が勇気を振り絞る日』をコンセプトに、ごめんねの日の普及活動を開始されたのです。

「ありがとう」も「ごめんね」もきっかけがないと言い出しづらいこともありますね。
どちらも相手を大切に思っているから言いたい言葉。このきっかけはありがたいことだと思います。

さて、あやまること、、、
ごめんねって、ちょっと軽すぎるかも。。。

411/1000

姉の日 -サンタクロース伝説よりー

母の日や父の日があるのだから、兄弟姉妹の日もあってもいい

実はあるのです。それが今日12月6日、姉の日です。
これは漫画家で姉妹型研究家の畑田国男さんが1992年に提唱されたもので、その他にも弟の日(3月6日)、兄の日(6月6日)、妹の日(9月6日)があります。残念ながら、母の日や父の日のように感謝を表す日として制定されたものではないようです。

姉の日が決まった経緯は興味深いです。

今からずっと昔、4世紀ごろのこと。東ローマ帝国の司教セント・ニコラスは両親の死後に膨大な遺産を相続し、貧しい人たちに分け与えるため様々な慈善活動を始めました。

ある時、貧しい家の三姉妹の姉が妹たちのために身売りしようとしている話を耳にしました。ニコラスは、何とか三姉妹の力になりたいと思い、彼女たちの家の中に金貨を投げ入れたのです。家の中には、暖炉のそばに濡れた靴下が干してあり、投げ入れた金貨が干してあった姉の靴下の中に入ったのです。この金貨のおかげで姉は身売りせずにすみました。

そう、実はこのニコラスこそサンタクロースなのです。セントは聖の意味でサンタ、クロースというのはニコラスをオランダ訛の呼び方。こうした伝説から、ニコラスの命日の12月6日前夜に枕元に靴下を置いておくと、ニコラスがプレゼントを入れてくれると信じる習慣ができました。

この話に感動された畑田国男さんがサンタクロースを姉の守り神とし、ニコラスの命日を姉の日と制定したのですね。そして、3か月ごとの月命日に弟、兄、妹の日を制定。

感謝を表す日ではないものの、家族を助けるために身売りをしようとした姉。
無償の愛と助け合える家族がいることに感謝したいものです。

407/1000

12月の異名 -師走、梅初月、春待月、乙子月、三冬月ー

12月の異名をあげてみました。季節感のある言葉は素敵ですね♪

    • 師走(しわす)-12月は仏事で僧侶が走り回る程忙しいことから、師走と呼ばれています。
    • 梅初月(うめはつづき)-このころより梅が咲き始めることから。
    • 春待月(はるまちづき)-新春(1月)を待つ月。『暮れてゆく年は身にそふ老なれど春待月はいそがしきかな』 [蔵玉集より]
    • 乙子月 (おとこづき)-「乙子」は末っ子という意があり、年の最後の月
    • 弟月(おとづき、おととづき)-乙子月の略
    • 建丑月 (けんちゅうげつ)丑月(ちゅうげつ)丑の月 (うしのつき)-古代中国では、北斗七星の柄の先が真下の北の方角を指す月(冬至のある11月)を十二支の最初である子をとって「建子月」とし、順に12月を「建丑月」としました。「建」の文字は北斗七星の柄を意味し、そのあとの十二支は方角と季節を示します。は冬の終わりを表す異称でもあります。
    • 大呂 (たいりょ、たいろ)-中国音楽の十二律の一つで基音の黄鐘(こうしょう)より一律高い音C♯。「黄鐘」が11月の異名で、次の十二律である大呂が12月の異名になりました。
    • 三冬月 (みふゆづき)– 「三冬」は初冬・仲冬・晩冬の3か月(陰暦の10~12月)をいう
    • 臘月 (ろうげつ)-「臘」は、陰暦の冬至後の第三の戌の日に猟を行い神にささげる祭りのこと。これが1年の狩り納めであることから。年末のことを臘尾という。禅語「看看臘月(みよみよろうげつ)
    • 季冬 (きとう)-旧暦で冬の終わり、晩冬にあたることから。「季」は四季の終わりの意
    • 限月 (かぎりのつき)-年の最後の月、限りの果ての月から
    • 極月 (ごくげつ、ごくづき)-年の極きわまる月の意から。
    • 窮陰 (きゅういん)-冬の終わり。陰気(天候が晴れ晴れしない)が窮極(きわまる)の意
    • 暮来月暮れ古月(くれこづき)-『この花の今や咲くらん難波がたくれこの月の頃になりつつ』(莫伝抄より)
    • 晩冬 (ばんとう)-陰暦で冬の終わりである事から
    • 暮歳 (ぼさい)-十二月になること、また十二月も押しつまってからをもいう季節。
    • 苦寒 (くかん)-陰暦の師走は、寒さが最も厳しい時期。寒さに苦しむことから。
    • 年積月 (としつみつき)-また一つ年を積む月から
    • 小晦日 (こつごもり) -大晦日の前日で30日、陰暦では12月29日を指す。「晦」は月が隠れることを意味する
    • 黄冬 (おうとう)
    • 氷月 (ひょうげつ)
    • 雪月 (ゆきづき)
    • 親子月(おやこづき)

古典などからきている言葉がありますね。調べがつかないものは、またおいおい調べて掲載しようと思います。ご存知の方がいらっしゃればコメントなどでご伝授いただけると嬉しいです

404/1000