カテゴリー別アーカイブ: 0.メッセージ【事例、偉人の言葉など】

「他力本願」がはたらく -親鸞聖人の言葉より-


他力本願
無明長夜の闇を破し、
衆生の志願を満てたまう


親鸞聖人

一般的に知られている「他力本願」は人に力を当てにしてという意味で使われますが、本来は他力本願は仏教用語なのです。

「他力といふは如来の本願力なり」
親鸞聖人が『教行信証』の中で明示されており、「他力」は如来=阿弥陀如来をさします。
阿弥陀如来は、すべての人の幸せを願っているのですが、不安をいだいた暗い心(無明の闇)では心から幸せを感じたり満足することができません。その無明の闇を破り、人々の本当の願いをかなえることを破闇満願(はあんまんがん)といい、他力本願とは阿弥陀如来の本願力、つまり阿弥陀如来の慈悲のはたらきをいうのだそうです。

この他力本願という言葉はとても深く、私が本当に理解するのはまだ先だと感じてます。
ただ、他力(阿弥陀様の本願力)は自力なくしてはたらくものではない
こうやって理解しようとしていることは自力ですし、願うことも自力です。自分の本当の願いが気付かないまま与えられても、感謝どころか与えられたことに気付けないでしょう。喜びはそのほかの感情を知っているから、より喜べるもの。ですので、自力でとことんやりつくしたとき、他力が働くのだろうと思ってます

阿弥陀如来さまのおおきな愛の中にいることに幸せを感じます

愛のメッセージ(ジョンレノンの言葉より)

Love is a promise,
love is a souvenir,
once given never forgotten,
never let it disappear

愛は約束、愛は思い出の品。
一度与えられたら忘れられない
決して愛を失くしてしまわぬように
John Lennon

バレンタインはもうすぐですね
いろんな愛のカタチがあり、バレンタインも友達や家族などに逢いをそれぞれの用言で贈るようになり、よいきっかけになってます♪

愛はそれを感じることができるだけで幸せで、もっと幸せなのは愛することができること。ジョンレノンの言葉を見ていて、幼いころのことを思い出しました。

裕福ではない家庭でしたが愛に包まれていました。
父は複雑な家庭環境で戸籍上は実母と兄弟となって育っていて中学の時には丁稚奉公に行ってましたが、私がそれを知ったのはもうすっかり大人になってからのことでした。父から父の生い立ちや愚痴など聞いたことは一度もありませんでした。
普段は寡黙&叱るばかりで褒めることばはなかったけれど、父なりの愛であふれていたように思います。

一度愛を知ったら、だれかを愛することも愛されることもやみません(*^^)
心からの愛ってすごいパワーです♡

皆に愛がめぐっていきますように

意志あるところに道あり<諺>

Where there is a will, there is a way.

意志あるところに道あり
<諺>

就任祝いにメッセージとしてよく使われることわざです。大役にご就任されたのは、それまでにも大志をもって進まれてこられたからだと思います。そして、ご就任はまた新たなスタートなのですよね

517/1000

欠点はなぜ与えられたの?

You gods, will give us.
Some faults to make us men.

神は、我々を人間にするために、何らかの欠点を与える。
William Shakespeare

そして、神は欠点に気付くために人を与えた、、、なんちゃって

「欠点」というと、別の側面から見れば長所になるんだという人が必ずいて、私もそう思ってる口です。しかしながら、あえて欠点として気付くことができたなら、進化しようと思うことができます。気付かなければ、当然何もする必要もないのだから成長しようとか進化しようとか思うこともない。

では、どうやって欠点に気付くのか。それは他者との比較でしかわからないのです。
自分と全く同じ感覚・思考であれば、それが普通になります。ある人の言葉に感動している人もいれば、冷めた目で見る人もいる。その違いから気付けます。

ですので、欠点も気に食わないと思っている人だって、全てがありがたい存在なのですね(^^)

509/1000

 

五蘊皆空

五蘊皆空
(ごうんかいくう)

般若心経の言葉。冒頭辺りで、観自在菩薩が、『五蘊は、みんな空だったのだ』と分かった(照見した)とあります。五蘊は、人の体と精神を構成する五つの要素-色(しき)・受(じゅ)・想(そう)・行(ぎょう)・識(しき)-のことで、「蘊」の文字は集まるという意味。皆空は、すべては条件によって成り立っているということ。

五蘊の解釈はいろいろとあって難しいのですが、形あるものを「色」、それを見たり触れたりすることを「受」、その情報が脳に送られることを「想」、その形あるものをそれだと判断することを「行」、それをいろいろと過去の経験などから得た知識で思うことを「識」といいます。

つまり、私たちが耳・目・鼻・舌・心で感じた「ものごとのありようは、すべてが条件によって変わるものなのだ」ということ。なので、こうだと思い込んでいることが、他の条件下では全く別の意味であったり、その意味すらもとらわれない、こだわらないものであることなのです。

般若心経って深いけれど、一言で言うなら、今とらわれていることから解放させてくれるための呪文のように思います

 

503/1000

【誕生日プレゼントのキャニスター】デザインサンプル

毎年来る誕生日ではありますが、1度とて同じ日はありません。
ですので、年号を入れた日付は入れたいですよね

誕生日の日を入れず、2019年と年号だけを希望される方もいらっしゃいます。アイテムが増えると、誕生日の月日は特に入れなくても大丈夫なのかもしれませんね

また、彫刻面積は少ないけれど、短文のメッセージは可能です。
サンプルの右2つは「Sweets are forever」(いつまでも仲良くね♡)をいれました。

お名前とメッセージの順番を変えるだけで、メッセージの意味合いが変わってくるように思います。右端は、恋人に語りかえるような感じ。左端は、シンプルにお誕生日のお祝い。中央は新婚さんの友人にといった感じで使えますね。

スターキャニスター
スターキャニスター
.

《ご検討中の方へ》
デザインパターンを先に見たいとのご希望をいただきありがとうございます。
ご検討いただけるイメージ図を作成いたします。
.
詳細、レイアウトデザイン一覧はこちらから≫

.

495/1000

苦悩とは飛躍なんです

苦悩というのは、前進したいって思いがあって、
それを乗り越えられる可能性のある人にしか訪れない。
だから苦悩とは飛躍なんです

イチローの言葉。日々鍛錬を怠らず、挑戦し続けて、シュールな言葉のTシャツを着たりとユーモアも欠かさない。同じ時間を生きているとは思えないほどに凝縮された人生を生きているイメージがある方です。イチローの言動を見ていると、可能性がある人というのは生まれ持ってのものではなく、自分で可能性をつくっていっているのだと思えます。

勇気のもらえる言葉ですね

↓ 画像検索してみるだけでも、勇気もらえます(^^)

画像クリックで検索ページがひらきます

494/1000

【就任祝い オブジェ鯉登】四文字熟語レイアウトサンプル

就任のお祝いで、お名前より格言をメインにということで2種類のパターンです。
左は、よくご依頼いただく形式的な就任記念の表記の上に四字熟語を入れました。

撼天動地(かんてんどうち)」の意味は、活動の目覚ましいこと。大事業を成し遂げること。
就任のお祝いにはぴったりですね。他に就任のお祝いで多く使われる四文字熟語は「不撓不屈」。この不撓不屈は、ずっと以前に元貴乃花関が口上で使った言葉で有名になったことばで、この精神はほんと立派です

クリスタルオブジェ 鯉登

.

《ご検討中の方へ》
デザインパターンを先に見たいとのご希望をいただきありがとうございます。
ご検討いただけるイメージ図を作成いたします。
.
詳細、レイアウトデザイン一覧はこちらから≫

.

488/1000

かけがえのない時間 -星野道夫-

結果が、最初の思惑通りにならなくても、
そこで過ごした時間は確実に存在する。
そして最後に意味を持つのは、結果ではなく、
過ごしてしまった、かけがえのないその時間である

故 星野道夫氏の言葉。たくさんの素敵な言葉を残している星野氏は、優しくそして厳しい大自然の中で、いつも向き合って来られたのではないかと思います。

時間は平等に与えられたもので、戻ることは出来ないもの。その過ごしてきた時間は、今を作っていて、今現在は未来を作ります。だから、過去を嘆いても仕方なく、未来を憂いても仕方がない。ただただ今を大切にいくことが、時間を輝かせる唯一の方法なのですね

 

486/1000

人の為と書いて偽りと読む

人の為と書いて偽りと読むんだねぇ

相田みつを

人の為だというものにかぎって、人の為になっているものはなく、なんて言いえて妙化と思いました。
お役に立ちたくて、その気持ちばかり先行していれば恐らくお役には立てないでしょう。お役に立つために見聞きした情報は断片かもしれないし、自分がお役に立てるであろうと勝手に判断するフィルターにかかった情報にすぎませんから。そしても一つとっても大事なことが。人の為と言っているその深層心理には自分自身の何らかの思いが含まれているということです。

以前に俳優の山本学さんの言葉を紹介したことがありました。「他の俳優の演技が下手に見えるようになったら、自分の演技が下手になっている時だ」といったような言葉です。この言葉に通じるものを今回感じたのですね。

人の為と言っているうちは自分自身をみていません。本当は自分が喜びたいはずなのに、その気持ちを抑えて他者のためという偽善的な言葉に振り回されてしまいます。これが無意識でやっているから恐ろしい。他者を盾にしていると、良くも悪くも自分への意識が薄らぎ、しまいには自分自身が観えなくなってしまいます。そして成果が上がらず、さらに他者の為を無理して行おうとするのですね。それが善意のことであれば、善意の押し付けであり、偽善と呼ばれるてしまうかもしれません。ね。

482/1000