「他力本願」がはたらく -親鸞聖人の言葉より-


他力本願
無明長夜の闇を破し、
衆生の志願を満てたまう


親鸞聖人

一般的に知られている「他力本願」は人に力を当てにしてという意味で使われますが、本来は他力本願は仏教用語なのです。

「他力といふは如来の本願力なり」
親鸞聖人が『教行信証』の中で明示されており、「他力」は如来=阿弥陀如来をさします。
阿弥陀如来は、すべての人の幸せを願っているのですが、不安をいだいた暗い心(無明の闇)では心から幸せを感じたり満足することができません。その無明の闇を破り、人々の本当の願いをかなえることを破闇満願(はあんまんがん)といい、他力本願とは阿弥陀如来の本願力、つまり阿弥陀如来の慈悲のはたらきをいうのだそうです。

この他力本願という言葉はとても深く、私が本当に理解するのはまだ先だと感じてます。
ただ、他力(阿弥陀様の本願力)は自力なくしてはたらくものではない
こうやって理解しようとしていることは自力ですし、願うことも自力です。自分の本当の願いが気付かないまま与えられても、感謝どころか与えられたことに気付けないでしょう。喜びはそのほかの感情を知っているから、より喜べるもの。ですので、自力でとことんやりつくしたとき、他力が働くのだろうと思ってます

阿弥陀如来さまのおおきな愛の中にいることに幸せを感じます