月別アーカイブ: 2016年3月

彫刻するメッセージは何を入れるべきなのか

「何か記念に残したい」「心からのお祝いの気持ちを伝えたい」という思いはあれど、どんな言葉にしようか考えれば考えるほど浮かばないのですよね。同じような悩みを持つ方が多く、「アトリエピジョンさんは、贈るときどんな言葉を入れるのですか?」と質問をたまにいただきます。

掲載できるものが少なく、以前贈った開業祝いの写真から。贈り先である内科医の先生の思いに感銘し、その方があちこちで書かれている言葉「健康で幸せな生活を」を刻みました。この思いに賛同し、この考えが広がればいいなとの思いからです。

過去、いろいろな贈り物をしてきた中で、相手が日頃考えていることに共感したメッセージが一番喜んでいただけたように思います

カードホルダーカードホルダー

ところで、アトリエピジョンとしての贈り物は、弊社の商品だけではないです。
取引先さんには弊社の商品や同様のものを扱っているところが多いので、まったく違ったものにすることやその時の贈り物のシチュエーションで一般的な食品やお花を選ぶこともあります。

アトリエピジョンとしては、弊社のアイテムを選んでいただけるのはとてもうれしいことですが、そのシチュエーションや意味によっては別のものを選んだほうが良いこともあるでしょう。
大切なことは、先様が喜ぶこと、感動されること、告白で新しい関係を作りたい、お詫びで関係を修復するなど、贈り物をする方が何を目的とされているかによります。
そのことを中心に考えると、何を贈ればよいのか、何をメッセージすればいいのかといったヒントが観えてくるように思います。

先様のことをしっかりイメージ出来たら、ぜひご相談くださいね

八相縁起のカエル

虫たちが活動しだす啓蟄ごろは
とってもとっても寒かったのですが
春分の日を迎え、陽射しがやわらかく
春の香りもいっぱいで心地よいです。

そんな中、カエルちゃんの小さな鳴き声が聞こえました。
カエルというと
かなり苦手とする方と
熱烈なファンが両極なモチーフです。

八相縁起でとてもよいものではあるのだけど、
苦手な人にとっては反応に困る贈り物になるかもしれませんね。
ちなみに私は大っ好きです(聞かれてない…)

カエルの縁起の意味は

  • 子孫繁栄、豊穣・・・子供をたくさん産むことから
  • 旅行安全など・・・必ず自分の産まれた池に戻ってくることからとも、語呂で無事カエルとか
  • 無病息災・・・害虫を食べてくれる
  • 飛躍前進・・・その強靭な後ろ足と跳躍力はすごいですよね
  • 繁栄・・・子供を産むことや金カエルの語呂からも

などなどと、様々です。
カエルの名称の語源が、帰るということもあり
語呂による縁起もうなづけるものがありますね。

10.10インテリアミラー夫婦カエル 2
インテリアミラー 夫婦円満かえる ガラス彫刻作家:元木庸子作
 

10.10インテリアミラー夫婦カエル 1

東條裕志氏 ガラス彫刻工芸展

サンドブラストによるガラス工芸は、現代に生まれた工芸ということもあり、まだまだ認知されてません。
とはいえ、工法は違うもののガレやラリックの作品にも同じような仕上がり見えるものが多く、それが親しみやすいのか、一部では熱狂的なファンもいらっしゃるんです(^^)
(ラリックなど酸で洗うサチネという工法が使われてます)

サンドブラストによるガラス彫刻工芸を手掛けられている作家は多くはありません。
その中で、ガラス素材からこだわり、自分で吹いたガラス花器に命を吹き込んでいる彫刻ガラス作家 東條裕志氏が、現在個展を開催されてます(香川県善通寺市 灸まん美術館18日~22日)。

写真よりも実物のほうが数段良いです。
なんといってもガラスは光の当たり具合でいろんな表情を見せるので(^^)

東條裕志 カブトムシ

東條裕志 カブトムシ


プロポーズの言葉

人生において、とても大きなイベントの一つであるプロポーズ。
これからの人生を左右することでもあり
大切な思い出にも記憶にもしたいところ。

だからこそ言葉一つにもこだわりたいところなのでしょう。

相手がどう受け取るかにもよりますが
自分の思いとぴったりとはまる言葉で伝えたいものです。

  1. やっぱりシンプルにストレートが一番?
    • Will you marry me? 僕と結婚して
    • Will you be mine
    • I can’t live without you. 君なしじゃ生きられないよ
    • Life is not worth living without you. 君なしの人生に価値なんてない
    • I will love you forever. 君を永遠に愛するよ
    • I want you to be my wife.  僕の奥さんになってほしいな
    • Will you be my wife?  僕の奥さんになって
  2. これからの人生を創造して
    • Please keep smiling next to me forever. ずっと僕の隣で笑顔でいて
    • I will be in place for you.  僕が君の居場所になるよ
    • I want to wake up next to you every day for the rest of my life.
      これからの僕の人生、毎日君の隣で目覚めたいんだ
    • I love you more than anything in the world. I know that you’re the person I want to spend the rest of my life with. But, I want the timing to be perfect and make this moment special. For the next year, I’ll show you how much I love you and that you’re in my thoughts every day.
      世界のだれよりも君を愛している。僕の人生、共に過ごしたい人は君だってわかってる。この特別なことをむかえる最高なタイミングがほしいんだ。来年、僕がどれほど君を考え愛しているかみせるよ
    • The day I will love another woman in my life is the day you become the mother of our lovely daughter. Will you want to share this feeling with me?
      僕の人生でもう一人の女性を愛する時、君が僕たちの愛する娘の母になる時だ。僕とこの感覚を共有してもらえますか?
    • With this ring, I give you my heart, I promise from this day forward, you shall not walk alone, may my heart be your shelter, and my arms be your home.
      この指輪に託して僕の心を贈るよ。これからの人生に約束する。君はひとりではないし、僕が君の心のよりどころであるかもしれない、僕の腕は君の家だよ。
    • I want to grow old with you. 歳をとってもずっと一緒だよ
    • Want to be happier than now, I will get married. 今よりもずっと幸せになりたいから、結婚しよう
  3. すこ~し遠回しなソフトバージョン?
    • I fell in love with you. Just for who you are.
      僕は君に恋してる。君が君であることに
    • Imagine how cute our kids are going to be.
      僕たちの子どもだったらどんなにかわいいのだろうね
    • My love for you is eternal. 僕の愛は永遠だよ


プロポーズの言葉はずっと残しておきたいよね
クリスタルダイヤ プロポーズ
クリスタルダイヤ

↓↓↓ こんなの見つけました。
羨ましすぎる!思わずキュンッとするプロポーズの言葉100選
日本語のメッセージがいっぱいで、逆プロポーズバージョンもありますよ

【NEW】カラーのタンブラー

カラーの花言葉は、
華麗なる美、清浄、清純、しとやかさ など

この由来はギリシャ神話にさかのぼります。
女神ヘラが息子ヘラクレスに母乳を与えてた時に
こぼれたところから出来た花がカラー。

女神ヘラは全能の神ゼウスの妻でもあり
結婚と母性・貞節を司る女神です。
しかも、ヴィーナスが嫉妬するほどの美しさ。

こんなことから、結婚式でよく見られるのがわかりますね。

華やかなバラとは違う凛とした美しさに惹かれます♪

グラス素材を変えての再リリースです
カラーのタンブラー
ガラス彫刻工芸作家:西田雅之作カラーのタンブラー

カラーのタンブラー 内側から

素材からオーダーメイド

アトリエピジョンのオーダーメイドには、
既製品に名前を入れるものから、
素材から作るものまでいろいろあります。

素材を作るとなるとかなり時間と手間を要します。
そしてコストも…

 
素材はアトリエピジョンでは作れないので、
吹きガラスやキャスティング(鋳造)などを

専門としている会社に依頼。
これがご要望が結構複雑なものが多く、
一筋縄ではいかないのです。

いろんな成型品を見ていると
何でもできるだろうと思いますよね。
ところが、型があるわけでもなく、
また前例にないような仕様だと
やってみなければわからないという回答が多いんです。

私も難しいかなぁーと思いながら
聞いてみるんですけどね。
 
オンリーワンは、とても魅力のあるものです。
ただし色一つでさえ、難を伴います。
それを作るときの温度や湿度、職人の感覚、、、
いろんな条件を経てできるためで
最初にこれと決めた色が再現できるのは難しいのです。
 
蓮彫刻 仕上げ前の洗い

蓮彫刻 仕上げ前の洗い

この写真のグラスは
打ち合わせでとっても時間のかかったモノ。
シリーズで8点分。

オブジェに比べグラス素材のオーダーメイドは
割とスムーズなのですが、
被(き)せガラスという二層になった特殊なもので、
その層の厚み具合は個別に違い彫れ具合が変わる。
そして、デザインもオリジナルをご希望だったため、
ご依頼から納品まで2か月かかったものです。
 
それだけ時間がかかるものは
ご依頼者にとっても相当にエネルギーを必要とするものです。
素材からのご相談でこういったことを説明すると
多くの場合、納期で対応が難しくなります。
お祝い事って期間を逃さないほうがいいですしね。

逆に対応できないモノも結構あって
お断りすることも多いです。

それでもご理解いただいてご依頼をいただく方の思いに
何かただならぬものを感じます。

そのエネルギーのもとを受け留めて
大切に製作したいです。

もちろん、どのご依頼も全てが一期一会で大切なもので
一つ一つの思いを知るということが大前提です

思いがたくさんある時には、一語のメッセージ

健康長寿タンブラー

私たち人間は言葉を持ちます。
伝えたい思いがあるとき、それを言葉にしたためるのですが
思いは、書けば書くほどに伝わらなくなることがあります。

うまく表現できないだとか
言葉がなんだか薄っぺらく感じたり
複雑な思いを書いていくと何が言いたいんだかわからなくなったり…

 

そんな時には
こんなダイレクトなメッセージもありかも(^^)
一語に思いを込める

長い文章じゃなくても単語でも伝わるものはありますね。
単語だけメッセージで今まで多かったのは『感謝』

一語だけだと、いろんなことを想像できて
いろんな思い出がよみがってきそうです。

素敵な贈り物となるといいですね

では、また

喜んでくれるから、うれしくてまたつくる

「好きだからつくる。
 そうすると、喜んでくれる。
 喜んでくれるから、うれしくてまたつくる。
 そうするとまた喜んでくれる。
 そうやって今があるんだよ』

以前有名なゴルフクラブ設計士である
故・竹林氏から伺った言葉です。
思わぬ機会を得て、
モノづくりに対してお伺いした時の言葉で
すっかりその質問の内容を忘れてしまったものの
竹林さんの満面の笑みときらきらした目の輝きで
冒頭のように語ってくださったのを今でも覚えてます。

モノ作りを始めたばかりの当時にはわからなかった
その真の喜びが今はとてもよくわかります。

物を作るということよりも
思いであったり、
そのものを使う人の何かを創造し形にする
ということが自分にとって大きな喜びになるのです。

それはお客様も同じで
オーダーメイドでご依頼いただいたとしても
共に創造しているに他ならないんですよね。

ものづくりは孤独だという人もいて
それはそれでとても魅力的なことだし
素晴らしい作品が生まれているのもわかります。

それとは別に、共に創る人がいる喜びは
私にとってそれ以上にかけがえのないもの。

ギフトが喜ばれるのは、
単にモノだけじゃないなにかがあるから。
それを大切にしていきたいと思ってます

写真は、教室生徒さんの作品
何かを創造する喜びをよく知ってる方です(^^)
オイルランプ

大きいほうがいい? -贈り物の大きさ-

もっと大きいものはありますか?

と、たびたびお問い合わせいただくことがあります。

メーカーや商品により大きさのバリエーションのあるものがありますが、グラス以外の商品では彫刻面積の関係上、一番大きなものを掲載しているのです。
ですが、冒頭のお問い合わせをいただく方は、それよりもっと大きなものを求められている方がほとんど。お話を伺って分かった一番多い理由は、贈り物の見栄えです。パーティなど華やかな場で、小さなものだとパッとしない。やっぱり大きいもののほうが価値も高く見える。 などなど

ところが、「飾るところがあまりなく、大きすぎて机にも置けず、置き場に困る」「以前とても高価なものをもらったけど、重くて取り扱いに難儀した」「持って帰るのに重かったから目録にしてもらえるとよかった」 といった、もらう側のちょっとだけネガティブな意見も多々あるのです。

 

贈るほうは、ついつい大きくて重みのあるほうを選びがちですが、もらうほうにとっては少々違った意味になってしまうのかもしれません。

 

ガラスの大きなものは非常に重く、あまり大きなものは取り扱いも困難で、また成形にも難があり、高価になるわ、使い勝手が悪いわであまり売れません。そのため、メーカーでも多くは製作していないのですね。
でもやはり、広い社長室や会議室には大きな時計も栄えます♪
大きな時計に送り主様達のお名前がずらっと彫刻されている。 見ることも楽しみになるでしょうね。

ちなみに多くは女性ですが、小さいもののほうがいいという方がたくさんいらっしゃいます。 スワロフスキーの小物などきらきらきら光る小物を集めたり… そんな中に小さなメッセージ入りのオブジェがあると嬉しくなってくるようです。

 
贈る相手の状況や好みを考える。
それも喜ばれる贈り物の大切な条件かもしれません

クリスタル時計 ロンバス
クリスタル時計 ロンバス

フュージング

ガラス工芸には、大きく分けるとガラス素地が熱いままに行うホットワークとガラスが成形されて十分に冷却された後施すコールドワークがあります。
フュージングは前者のほっとワークの一つで、ガラスを液状化しない程度の高温(700~800℃)にした炉の中でゆっくり過熱して、ガラス同士をくっつけたりなどで模様や形を作るガラス工芸です。
下部の写真の箸置きは、透明の板ガラスを切り出して厚みの薄い色ガラスをちりばめたものを炉に入れて成形。フュージングで出来上がった後、サンドブラスでデザインを彫ったりフロスト加工をして磨いたりといろいろと手間をかけて仕上げています。

ところで、炉でくっつけるガラス同士は何でもOKということではありません。
ガラスは高温になってくると膨張しますが、ガラス(その組成物)によって膨張率が変わります。そのため、膨張率の違うガラスをくっつけると割れてしまうのです。

なので、例えば家の窓ガラスが割れたからそれを使って箸置きに!なんてことはできないのです。
はじめてヒュージングを知ったとき、そうしようと思ったのはほかでもない私ですが(^_^;)