カテゴリー別アーカイブ: 1.ギフト

托鉢に行くなら貧しい家に

お釈迦様の教えの一つに「托鉢に行くなら貧しい家を回りなさい」というのがあります。托鉢は外を回って食べ物やお金を頂く行為です。一見、施しを受けているように見える托鉢は、実はお金や食べ物を入れているものこそあるギフトを受けているのです。

それはお釈迦様の教えの中にあります。
お釈迦様はお弟子さんたちと托鉢に行く際に「貧乏な家から回ろう」といいます。お弟子さんたちはびっくりして「お金持ちの家に行けばもらえる」というのですが、お釈迦様は「貧困に苦しんでいる人たちは、人へ施しをしていないから貧困なのだ。そんな人たちを救うために、托鉢では貧乏な人たちの家を回り施しのできる機会を与えるのだ」といいます。

托鉢でお金を入れることは功徳を積む機会をいただいているということで、感謝すべきことであるのです。お金を良いエネルギーで使えば、そのよいエネルギーでお金が世の中を回ります。金は天下の回り物ですね(^^)

ギフトのお仕事をしていると、素敵な方にたくさん出会います。
決してお安くはなく、手間暇もかかるギフトをご依頼者から「ギフト出来ることが楽しみ」と贈物のできるチャンスを喜ぶお言葉をいただいて、お釈迦様の言葉と重なったのです。いろんな方へいろいろなギフトを贈っている方です。ものだけでなく、形のないギフトもたくさんされているのでしょう。
そして、そのギフトを喜んでいただけるように最善を尽くすことは私たちにも良いエネルギーを回せる機会をもらっているのだと思います。

272/1000

就任と昇進(昇任、昇格、昇級との違いも)

ご質問から

—————————————————————————————————-

家族が部長に昇進したのですが、
熨斗の表書きは『御就任御祝』でよいのでしょうか?

—————————————————————————————————

A:ご家族の場合、「ご昇進お祝い」や「ご就任お祝い」どちらでも使えます。メッセージ入りのものなら、単に「御祝」でも多くご使用される表書きです。


就任と昇進は、言葉が似ているので迷ってしまうところですね。また同じ「昇」とつく昇任や昇格、昇級などの言葉もあり、さらに複雑になりそうです。

まずは、それぞれの言葉をWEB辞書で引いてみると

就任:新しく、ある任務・職務につくこと
昇任:役が上になること。また、上の官にのぼせること。
昇格:格式・地位などが上がること。
昇進:官位・地位があがって行くこと。

辞書だけだとこんがらがりそうです(^_^;)
ご利用いただく事例と、のしの表書きや彫刻の文言になる言葉のご案内しますね

  • 就任:新しく任務・職務につくことで、必ずしも昇進が伴うわけではありません。例えば、営業部長が人事部長に移動などの横滑りのときでも、人事部長就任のように「就任」を使います。社内、社外問わず、新しい職に就いたときのお祝いの文言としてひろくつかわれる言葉です。
    <利用例>
    取引先の新社長就任に時計に文字入れでお祝い、同門の教授就任にお祝い
    のしは「御就任御祝」「祝 教授ご就任」など
    .
  • 昇任:主に公務員などの公的な仕事で使われるもので、官位に就いたり役が上がること。一般の会社では昇進にあたるものです
    <利用例>
    部長から局長への昇任のお祝いに有志でフォトフレームの記念品
    のしは「御昇任御祝」「御祝」など
    .
  • 昇進社内での職位(役職)が上がること。平社員から主任といった肩書がつくことから役員の職位があがることまで幅広く使われます。主に社内や家族など身内で使い、先様が取引先の場合は就任を使います
    <利用例>
    チームメンバーの部長昇進にメンバーから記念品
    のしは「昇進お祝い」「御昇進御祝」「昇進記念」など
    .  
  • 昇格社内での資格や評価が上がること。昇進と間違われやすいのですが、肩書がついたり上がるものではなく、その人の格式や階級が上がることをさします。評価方法のひとつで職能資格制度を取り入れている企業があり、この評価によって給与や役職を決定します。昇格しても必ずしも昇進が伴うものではないので、肩書はそのままの場合もあります。また、昇格しても社外の人にはわかりません
    <利用例>
    社内アワードで昇格記念として階級をいれたペーパーウエイトの記念品
    のしは「記念品」「御祝」など
    . 
  • 昇級:文字通り等級があがることで昇格と同様の意味に使われます。会社独自で設けられた制度などで等級を使用している場合に使われていて、等級を使ったものでも「昇格試験」などという場合が多いです。また、公務員の給与は○級○号給と示され、昇格はこの〇級が上がることで、昇級は号給が上がることを示します。
    <利用例>
    社内制度での昇級に等級をいれた記念品、柔道の昇級お祝いなど

    熨斗は「祝 ●●等級取得」「 ●●級合格お祝い」など


271/1000

何の縛りがないよりも

オーダーメイドでは、いろいろな要望があります。
彫刻が専門なので「消火器の形のガラスを作って」といったご依頼は対応ができません。例えば、「ピアノの形のガラスオブジェ」など市場に出回っているようなものであれば、ご希望にちかい素材を入手可能な場合があります。けれど、多くの場合が、ご希望に添えないアイテムなのですね。

そういった場合、オブジェの形にこだわるなら、アトリエピジョンでは対応ができませんが、彫刻で希望のものをガラス素材に彫ることができます。過去に掲載した記事で、頭蓋骨の一部ブレードティースまとい信玄の兜などのように、ガラスの中にそのモチーフを表現するものです。掲載はできないのですが、その他にも朱鷺、裸婦像、神経、ヘルメットや道具類、船といった専門職ならではの希望がいろいろです。こういうモチーフのガラスオブジェは恐らくないでしょうから(朱鷺はあるかな)、オリジナルで制作するしかありません。

制限があるからこそ生まれるもの
何の縛りもなかったら、形から作りたいところですが、制限があるからこそ他にはないものができるということもあります。


魚さんたち♪ 涼やかに見えたら嬉しいです

270/1000

還暦は人生の大きな節目

2025年4月からの65歳までの継続雇用完全義務化に向けて、定年を延長したり再雇用される会社が増えてきました。実際、60歳を迎えられた周りの方を見ると、元気でまだまだ現役感がいっぱい。とても定年という感じはしません。見た目も若く、年寄りのイメージからほど遠いですよね

80年代ごろまでは55歳が定年だったのがうそのよう。しかし、人生50年といわれた医学の発達していなかった時代があり、そのころの還暦60歳は長寿と言われていたのです。60歳は、人生を一巡(十干十二支で一巡)する節目。一つの区切りを迎え、盛大にお祝いし厄除けしたいものです。

60年は干支が一巡したもの
本来『干支』とは、十干十二支の組み合わせの甲子(きのえね)から始まり、癸亥(みずのとい)までの60年をさしており、生まれ年から60年たつと同じ干支に戻ることから、人生60年を一巡という意味で「還暦」といいます。

■ 赤いちゃんちゃんこ
干支を一巡し赤ちゃんに戻るということと、節目の厄除けから厄除け色である赤いちゃんちゃんこを切るのが還暦のお祝い行事でした。最近では、赤いちゃんちゃんこはあまり見られなくなってきましたが、その代わりにお祝い品で赤いものを贈るように提案されるところがますます増えてます。
少しばかり恥ずかしいけど、人生に一度だから赤いちゃんちゃんこ着てお祝いしてもらいたいというお話をされてた方もいらっしゃいました(^^)

100人いれば100通りのお祝いがあり。喜んでもらえるのが一番ですね。
アトリエピジョンからは、赤い切子グラスに文字入れでお祝いのご提案です


第二の人生を「きらり」と輝くものにの願いを込めて


底に文字入れ
切子グラス「きらり」

269/1000

思い込みの力

最も熱くなる8月を前に猛暑が続いていていますがばててませんか? 相変わらず元気だけはある私ですが、午前の早い段階で34℃の数字を見て倒れそうになりました(>_<) 観測史上の最高気温~の話があちこちであがっていて、気になって気象庁のデーターをいろいろとみてみました。びっくりしたのは、高いと思い込んでいた沖縄の気温は過去最高が35.6℃であって、20位以内にランクインしていなかったこと。沖縄のほうが気温が低いとは思っても見ませんでした。

何十年という歳月をかけた思い込みです(^_^;)

思い込みは怖いものですよね。先日の豪雨は晴れの国といわれた岡山で大きな被害が出ました。倉敷は私の故郷で、私もまさか倉敷がという思いがあったんです。そして、この猛暑の中でボランティアさんの中にも倒れた方がいるそうです。

健康な友人・知人たちでさえも、軽い熱中症になりかけたりしています。

・早朝からのゴルフで ハーフを回りきる前に吐き気
・外回りをしていて頭痛、さらには 足がつって体の節々の痛み
・空調の温度調整がきかなくなっていて 頭痛とめまい
・僅か15分ほどの草抜きでたちくらみ などなど

激し師運動をしたわけでもなく、長時間無理したわけでもないのに。話を聞くほどに怖くなりました。自分は大丈夫とどこかで思いがちなのでリスクのありそうな思い込みはバッサリと捨てる必要がありそうです

でも思い込みも逆に使えばいいのですよね

先日みた動画ニュースでグラビアアイドルの幼いころの全く別人に見える写真に皆衝撃を受けてました。ある出演者は「デブじゃん」と(^_^;)。ところがその頃もずっと自分のことを太っているとは思ってなくて可愛いし自身もあったので応募し続けていたそうです。家族の中で一番痩せていて両親もかわいいと言ってたそうですよ。そして念願かなってアイドルに。すっかり痩せてきれいになっていました。

似たようなことがギフトでもあります。適当に選んで贈ったギフトには思い入れ深くなく、どこか義務的だけど、喜んでくれることをイメージして贈ると手紙だけでも感涙されることもあります。

こういう波動は伝わるもの。ということで、私たちも喜びの笑顔イメージをいだきながら製作してます(^^)

267/1000

史上最も感動的と言われたスピーチより

映画「独裁者」の中で、チップリン自身が書いた言葉で演説されたものです

私にできることは、ギフトを通して笑顔をつなぐこと。私の思想は性善説に近いので、人は憎しみあうこともあるけれど、それは根底に愛があるのではと思ってます。もちろんすべての人がそうでないかもしれないでしょう。でも、憎しみを持てるほどのエネルギーを、少しベクトルを変えて愛することに使えたらなら、、、そんな人が一人で多く増えれば、愛は愛を呼び、確実に愛が増えていくはずです。

個人個人がそういう思いでいることも素敵ですが、多くの影響を与える企業が愛をもって世の中に製品を送り出すのも、愛をつなぐことになると思ってます。

竹田製菓のたまごボーロのお話をご存知でしょうか。製造過程でたまごボーロに100万回「ありがとう」を聞かせるそうです。故竹田和平さんが水に「ありがとう」を聞かせたときにきれいな結晶ができるという話からヒントを得て美味しく安全に届けたいとの思いでとりいれたもの。ずっと「ありがとう」を聞き続けている社員さんたちは自然とニコニコ顔になり、社内の雰囲気も良くなっているのだとか。味については人の味覚もあるから何とも言えないところですが、雰囲気の悪い会社で作られたものを食べたいとは思わないです。

ギフトで笑顔をつくり、笑顔をつなぐことができると信じ、たくさんの製品を作る企業さんにその笑顔のきっかけを提供していきたいと思っているのです。

そのためにも私たちの周りもよい雰囲気を維持していきたいです

265/1000

ガラスのマウスパッドが大きくなりました

PCに向かう時間が長い方への贈り物
いつも身近にある言葉に励まされたり、ほっと心和んだり
ガラスのマウスパッド
ガラスのマウスパッド

そのマウスパッドで、もう少し大きいものというご要望が何度かありました。
そこで、少し大きめのものに変更。

写真が作業台の上で撮ったものなので、見栄えが悪くてごめんなさい。
比較しやすいように、A4のカッターマット(緑色のマット)を下にしています。上が大きくなったもので、下が従来品。従来品はデスク周りがすっきり収まるもので、マウスを大きく動かす方にとってはちょっと小さいようです。あ、私もだ。HPでは大きくなったものを販売していますが、従来品でもご注文可能です

259/1000

手書きはあったかい

寄せ書き以外にも手書き文字はおすすめのもの

ずいぶんと以前のご依頼品
とても短いメッセージと、おとうさん、おかあさんの文字のみ
言葉は短くとも微笑みが生まれるようなホッとあたたかなものを感じます。

「おとうさん」の文字が特徴的だったのと、白抜き文字で書かれていたので、オプションで二段ぼかしで文字にグラデーションをつけました。素敵なオンリーワンの贈り物です♪


258/1000

心にのこるもの

贈物に刻む言葉はずっと残るものだけに、いろいろと思案しますね
なかなか決まらず、結局無難な言葉になっちゃったという方もいらっしゃって、そんなのでよいのかなと不安になられるようです。でも相手を思って思案されたことは言葉には入ってないようで、どこか通じるものだと思います。

それでもなんとか一般的なものよりも心をこめたいという時には
手書きにする!というのはいかがでしょう。

たった一言の「ありがとう」の文字を何度も筆が気で練習したものをご入稿いただいた方もいらっしゃいました。その贈り物は長年一緒に働いてきた同僚への贈り物だったので、ご依頼者さんの手書きは退職される同僚の方にとって思い出を引き出す筆跡で、すごく喜ばれたそうです。

全然関係ないのですが、取引先の手書きの納品書が毎回同じ方が書かれていて、その文字を見るのがなんとなく楽しみになっていたのに担当者が変わってしまって文字が変わり、その後ほどなくしてPCで出力されたものが来るようになりました。顔が見えなかったのに、あの文字だけは覚えているのです。

話が少しばかり横道それてしまいました(^_^;)
でも、それだけ手書きのものって、心に残るのではないかと思うのです

254/1000

祝福されることは、相手に受け入れてみとめられたあかし

すごく嬉しいことがありました(*^^*)

お祝いをもらった直後に、そのご本人とお話しすることができたのです。
お祝い品を製作していると贈り主さんからはご感想をいただけますが、もらった方からご感想をいただくことは数少なくて、しかも直接お話しできるのは友人・知人ぐらい。お伺いのメールを送って、まさかご本人とお話しできるなんて思ってもなかったので、非常にうれしくありがたかったです。

言葉にすると「喜ばれてた」だけになるのですが、電話越しにその喜ばれている温度感が伝わってきました。仲間みんなから祝福されている様子がうかがえます。祝福されることは、相手に受け入れてみとめられたあかし。そしてそれが、次の活力にもなります。私もその場に参加できたような気になって、とっても励みになりました。

きっとこの祝福された思いが刻まれた文字とともに記憶に残っていくのでしょうね
皆様の思い、大切にしていきたいなと、また改めて思いました

247/1000