日別アーカイブ: 2019年3月25日

退職記念の熨斗はどうする?(病気・結婚・定年)

退職記念品をお贈りされる方からのお問合せより
——————————————————————

病気で退職される方への記念品に熨斗を付けたいのですが、お祝いではないから「御祝」のつくものは避けたほうが良いですよね? 何がいいですか?

——————————————————————

はい、ご退職の理由が病気では、彫刻内容や熨斗も含め、お祝いの文言は避けます。のしの表書きは、「御礼」「謹呈」「感謝」など
彫刻の文言としては感謝状や感謝の言葉を入れたものがおすすめです

ご退職では、理由が様々で、ギフトはその事を考慮する必要があります。

  • 定年退職
    晴れてご定年をお迎えになりますので、お祝いの文言を使います。還暦で定年を迎えられる方には、還暦お祝いを兼ねることもあり、どちらを主にするかで表書きを考えます。「御定年御祝」「祝 ご定年」「御退官御祝」「御定年記念」「ご退職御祝」「祝 還暦」「御祝」など。水引は蝶結び
  • 転職・独立など
    ご退職に対してのお祝いであれば、「御退職御祝」「祝 ご退職」「祝 ご卒業」「お餞別」など。独立開業されることへのお祝いをメインに考えるなら「祝 ご開業」「独立お祝い」など。転職の理由がリストラなどネガティブなものであるならば、退職祝いとはせずに、独立に対するお祝いとして、または「御礼」を使います。お餞別は目上の方には使いません
  • 結婚
    お祝いの目的がご結婚を主とするのであれば、「御結婚御祝」「祝 ご結婚」「寿」「御祝」など、水引は結びきりで。
    会社からの退職記念品は定番で決まっているものが多く、結婚祝いに向かないことも多いようですので、その場合は「御礼」「御餞別」など、水引は蝶結びで。
  • 病気
    会社や同僚からはこれまで勤めてこられたことに、取引先のご担当者へは便宜を図ってくれたり取引のご担当してくださったことに、「御礼」や「感謝」を表書きにします。
  • 退職事由がわからないとき
    全てに共通できるのが「御礼」「感謝」(水引は蝶結び)です。かしこまった書き方なら「謹呈」とします

※のしのお名前は、ご依頼者様のものではなく架空で作成してます

 

515/1000