ホールインワンのお祝いトロフィー

一生に一度あるかないかのホールインワン
とっても喜ばしいこと

でも本人にとっては気がかりも多いようです。
同伴者やキャディさんへのご祝儀、
祝賀会や記念品、おまけに植樹の費用などなど
日本でのホールインワンは大変そう
これも禅思考のたまものなのかもしれません

だからこそ、盛大にお祝いしてあげたいものですね

仲間内で有志を募り
トロフィー🏆を贈るといったご依頼も

クリスタルトロフィー カップ
クリスタルトロフィー カップ

写真のトロフィーは高さ15cm程度なのですが
2.5キロもある重量級で手にずっしり
ホログラム加工が施されているので見る角度で虹色に輝きます

カップ部分のカットがなんとな~くゴルフボールっぽく見えるのは
私だけでしょうか

ちなみにアトリエピジョンでのお祝いはグラスに
ホールインワンを決めたときのデーターを彫刻したものが多いです

贈り主様の名前が主役の寄せ書き

3月のこの時期は退職、退官が増えます。
それとともに寄せ書きのご依頼も。

でもあまりに同僚が多すぎて、
それほど大きくないガラス素材には
メッセージまでははいらず
名前だけという事例も多々あります。

一緒に過ごした同僚の名前は
それだけで思いがよみがえるものです。
なので名前が主役になるのも
おすすめなんですよ。

ずっと以前にご依頼いただいた名前が
メッセージの主役になったフォトフレームです
↓↓↓

メッセージはあればなおのこといいですが、
たくさんの生徒や同僚たちの名前は
それぞれに輝きあっていて
最高の宝となることでしょうね(^^)

そう、ちょうどこの写真のような
ガラスの輝きのように・・・

アスカランプスタンド

シンプルなガラスの立方体を
ジェンカのように積み重ねた
オブジェをランプにしたもので
その輝きの美しいこと。

1つ1つ輝いているものが
集まるごとにお互いを映し出してます。
もちろんこの素材自体が美しいこともあるのですが
1つだけだとその美しさに気付きづらい。

変に飾らなくても
集まるだけで美しいもの
たたあります^^

禁煙効果?のある贈り物

贈ったモノを大切にしてくれると嬉しいのが贈り手の思い。

でももらった人にとっては
大切だからこそ使って壊したり汚したりしたくないという思いがあるのでしょう。

この思いがより功?を奏することも(^^)
喫煙者に灰皿をプレゼントしたらタバコが吸いづらく
禁煙になったと言われたとのコメントいただきました。

オーダーいただいたガラスの灰皿はこの写真のものと同じ。
クリスタルで丁寧に磨かれたものなので
光の反射や透過がすばらしく輝きが良いのです。

確かにメッセージなどあれば
灰で汚したくないし使いづらいかも…(^.^)

写真は別の方のご依頼です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
クリスタル灰皿

サンドブラストによるガラス彫刻工芸について

ガラスを彫る工芸の一つで、アトリエピジョンで行っているのはサンドブラストによるものです。サンドブラストは微細な砂に圧力をかけて削るというシンプルなもの。なので、ただ砂をかけるだけだとガラスがすりガラス状になるだけになります。

そこで、彫らないところマスクを貼って、彫る部分だけに砂をかけます。そうすると彫ったところと彫っていないところの差でデザインが表現できるのです。

↓ マスクになるシートをガラスに貼り、デザインを描いています。
描きあがったらマスクをカットして彫る部分のシートをめくります
マスク製作

少しづつシートをめくってガラスを削って出来上がったものです
羽根のぐいのみ

写真のガラスはもともと色違いの2層になったもの
削る深さを変えることで、奥行きも出せます(^^)

 

人間関係悪化の原因は

猛暑が続いています。あまりの猛暑に半時間ほど歩いただけで日焼けしてしまいました。いつも通る狭く危険な曲がり角で交通整理をしている方も真っ黒で、返してくれたあいさつに真っ白い歯が肌とのコントラストで印象的でした。外で働いている方は大変です。
そんな折、数日ぶりに見るヤマト運輸のドライバーさんも真っ黒に灼けてました。自分の日焼けのこともあり思わず「毎日暑くて大変でしょう。すごい灼けてますよね」と言っちゃたんです。

特段考える質問ではないし、いつもなら即答してくれるドライバーさんが一瞬言葉に詰まり
「暑いですよね。でもこれ、、、海で灼いたんです」と。
お互いにバツ悪く、ドライバーさんは愛想笑いで去っていきました (汗)
これ自分視点の解釈により思い込みを作って会話したものの、そもそもの解釈が違ってたというよく見られるパターンです。この解釈→思い込みはものごとをスムーズにするため人が常におこなっていることなのですが厄介な代物でもあります。

以前こんな事例がありました。

部下に任せた書類をまとめるだけという簡単な仕事。前のものをみれば十分にわかるし、タイトルごとにある程度は分類されていたものだそうです。量は数年分にわたるので相当あるものの、すでに分類されているものを稟議のためまとめるだけなので2日もあれば十分で余裕を持っても3日程度でできるだろうと想定していたのですが、3日たち4日たっても報告がなく部下にどうなっているのかを問いただしたそうです。

返ってきた返事はまだまとめている最中ですと。出来るだろうと踏んでいることができていないのですから怒りがこみあげてきて「何をやってるんだ。3日でも十分だろ」と叱責。しかし部下は黙ったままでした。3日で十分だといわれてもかかってしまうものは仕方ないのでしょう。

期日も近いことから、手の空いていた別の人をいれて作業をすすめさせました。

そこで判明したことは、その部下はまとめる際に分類わけが間違ってされているものを正し、以降に間違わないようにファイルの上に分類する情報を入れていたのです。それは時間がかかるはずです。でもこの作業のおかげで稟議のための会議では思いのほか時間もかからず順調に進んだらしいのです。それに、この分類情報は以降にとても役に立つもの。まとめる作業もほとんど必要がないとのこと。

自分の今までの経験上のことしか見えてないものは勝手な解釈にしかすぎません。その解釈で思い込み、想定したもので相手を判断してしまうと、とんでもない結果を招きかねません。

幸いこの上司はその場の叱責だけで、ファイルを早急にまとめることを優先させることができ、冷静に状況をみることができたようです。報告の日をはっきり決めてなかったことや、それまで分類があやふやになっていたものをそのままにしていたことなど他にも小さな改善点をたくさんみつけていました。

これに反して、自分の想定と違うと怒りという感情に任せ、本来見るべきところ失うことが多々あります。そして部下との関係性を悪化させたり、足を引っ張り合う生産性の悪い職場にさせるかもしれませんね。
この怒りの元は、自分の勝手な解釈と思い込み。相手を責めてしまうより、何を解釈し思い込んでいるのか気付くと観えてくるものがあるかもしれません。

 

ビジネスイメージ―アドバイス

 

とうことで、ドライバーさん
きまずい思いさせちゃって、ごめんなさい

 

(監修:人間関係改善コンディショナー 小橋広市

 

山の日

今日は山の日。
今年からできた国民の祝日で『山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する』日だそうです。長期休暇を取りやすいですよね!アトリエピジョンは長期休暇は取ってませんが、長期休暇が取れると家族との旅行にも余裕をもって楽しめますね♪
どうぞよき休日を

この休日は日本山岳会のおかげらしく、HPに書かれてました

山に登ったつもりで、、、山の彫刻写真を(笑)
山の彫刻

ガラスの気泡

グラスにとってもこだわっている方の中には、ガラス素地に小さな気泡が入っていることを機にされる方があります。1点の曇りもない澄んだ素地は気持ちの良いものですものね

この気泡ができる原因は、小さな不純物。溶解したガラスのもとの中に不純物などが入ると、ガスが発生してガラスに泡が入ります。
様々なガラス素地を作る炉ではこれは避けられないそうで、まったく不純物のないものを作るには同じ素地だけを作るように管理するしかないというお話を伺いました。炉の管理も大変ですね。ほかのものを作れないとなるとその素材でできるものだけ…それだけにお値段も高額になるのでしょう。

こう書くと気泡が悪者に観えてきちゃいますが、気泡って人気あるのですよ。
どこか懐かしさを醸し出すものであったり、アート性のあるガラス技法まで確立されてます。
不純物によるガスの発生を利用して、わざと木片などを入れるのですが、これによりちょっとした装飾ができます。作家さんによっては、宇宙のような世界観を表現したり、水中の神秘的なものを表現したり、アート御性の強いものまで手掛けられてます^^

泡ガラス

 

還暦のお祝いに込める思いの参考に

医学の発達していなかった時代、人生50年といわれ還暦に当たる60歳は、長寿と言われていました。けれど、平均寿命がずいぶんと伸びた現代では還暦を迎えられた方も社会の第一線で活躍される現役の方がほとんどで、お年寄りのイメージからほど遠いです。

■還暦は何を意味する?
60年は干支が一巡したもの。
本来『干支』とは、十干十二支の組み合わせの、甲子(きのえね)から始まり、癸亥(みずのとい)までの60年をさしており(単純に今年は申年で~というのは、12支を指しています)、生まれ年から60年たつと同じ干支に戻ることから、人生60年を一巡という意味で「還暦」と呼ぶようになったのですね。同様の意味から、「本卦還り」ともいいます。

■還暦のお祝い
還暦祝いというと赤いちゃんちゃんこを着てお祝い というのがあります。これは干支を一巡し赤ちゃんに戻るということからできたならわしで、また赤は厄除けにもなるのですね。人生の節目は災厄に見舞われやすいので、ご長寿祝はそのめでたい節目をお祝いには厄払いの願いも込められています。
ということから、還暦祝いには赤い色のものが良いのです

■思い
赤ちゃんに還るといっても、様々な知識や経験を積みながら人生を一巡されるわけですから、第二の人生は新たな気持ちでその知識や経験を元にはじめられることができる素晴らしいスタートです。ですが定年を迎え、今まで積み上げてこられたものや共に汗した仲間たちから離れる寂しさは多々あると思います。
れまでの経験や実績に対して最大の敬意を払い、素晴らしいスタートに拍手を贈りたいものですね
永年の功労に感謝の言葉をいれてみませんか
↓ ↓ ↓  支えてくださった奥さまにも

てびねりメッセージグラス
てびねりメッセージグラス

出演のお礼に

次世代を担う若者を応援している 梶川 信夫  さん主催のとどろき伝説TV。スタートしてはや5回。写真のグラスは第4回に出演された次世代の指導者さんへのお礼としてご依頼いただいたものです。

梶川さんとは10年以上のおつきあいで、セミナーを主催されていた時も毎回お礼を用意されており、細やかな気配りにいつも脱帽してました。

今取り組まれているとどろき伝説TVの番組内容は毎回違う視点から未来を見ることができて楽しいです。次は8月11日 ですよ

出演御礼グラス
↑ ちょっとしたメッセージが嬉しいてびねりメッセージグラス

世界時計の盤面

カーヴ世界時計
カーヴ世界時計

ご質問のあった世界時計の盤面です。何枚かの面が時を刻みながら動いていて一目で世界の時間がわかるというもの。機能性はあるのですが評判が良いのは秒針になっている飛行機です♪

世界で活躍される方は多く、どんどんご依頼内容が多種多様に。ますます英語が必要だと、ちょっと(冷や)汗をかいてます。