カテゴリー別アーカイブ: 0.問い合わせより

就任のお知らせをもらって、祝い品を考えているうちに…

取引会社の新社長就任のお知らせをもらって・・・お祝い品の相談話から
————————————————————-

就任のお知らせをもらって、祝い品を考えているうちに日が経ってしまった。こういう場合は、どうしたものか

————————————————————-

贈るタイミングなどでは頻繁にお問い合わせいただくことです。今回ご質問の方と似たケースがありお話しさせていただきました。

就任のお知らせをもらったのは御就任日の1週間ほど前だったそうです。1週間しかないと思いながらも、お祝い品を何にするか決めかねて、日が経ってしまい、就任日を3日過ぎてしまいました。この時点で、お知らせのはがきから10日経っています。

お知らせを受け取って、お祝いのご一報は送っていないそうでした。先方の状況によりますが、御就任前後はとてもあわただしくされていることが予想されます。そういった場合は、お電話は控えたほうが良いですね。とはいえ、まだ御就任されて3日なので、一刻も早く電報を送るなどの手配をしたほうが良いです。気の置けないご友人ならお電話やメールでもよいでしょう。件の方は、取引先ではあるものの友人としての付き合いもあり、お電話でお祝いの言葉を伝えたそうです。その際にそれとなくお祝い状況なども聞かれていました

御就任のお知らせを受け取ったら、お祝いをするしないに関わらず、すぐにお祝いの言葉を伝えます。電報であれば数時間で届きますので、当日お届けすることも可能です。また先様の状況を鑑みる必要はありますがお電話などでもお伝えすることは可能でしょう。はがきであれば1週間以内に届くようにします。これで、あとはゆっくりお祝い品を考えたり、就任パーティに出席するなどの準備ができます。

もし、お知らせを受け取って、お祝いの言葉もなく、ご就任日をかなりすぎてしまっていたとしたら、お祝い品と合わせ、遅くなったことを一言お詫びを添えて贈るようにしたらよいでしょう。

とはいえ、お祝いしたいというお気持ちが一番ですね
マナーは大切ですが、マナーばかり気にしすぎて本末転倒にならないようにしたいものです

ご就任祝いについての質問はよくいただきます
こちらもご参考になれば幸いです。
就任祝いを贈るベストなタイミングは?
取引先のご就任祝い マナー

228/1000

オーダーメイドにまつわる不安

お客様から頂いたアンケートや声を整理していました。
声やアンケートにお答えいただくというのは手間もかかることですし、ほぼ満足しているかご納得いただけたからだと思います。ですので、どちらかというと好意的に偏った意見になってしまいそうなところですが、満足の中にも最初は何等かのご不安を抱いている方がとても多いのですね。中には、全く不安はなかったというご意見はあったものの、これはかなりの少数派でしょう。

インタビューを受けてくださった方に、少し踏み込んで伺うことがあります。ある方は、オーダーメイド自体に抵抗があるとお答えくださいました。今、個人が商品を作って販売されることも盛んになってオーダーメイドがすごく増えた感がありましたが、まだまだなんですね。

サイトだけではお伝えしづらいことをお答えしたり、少しでもご不安を解消できるよう、お電話などで伺っています。まずはご質問やご不安なこと、小さなことでもなんでも、お気軽にご相談いただければ幸いです(お見積もり以外は匿名で大丈夫です(^^))
TEL:0798-54-6660

218/1000

木箱のお手入れ(印鑑ケース)

印鑑を愛用してくださっている方がお客様とのお話で、木箱がだんだん黒ずんできたとおっしゃってました。木は使用するごとに深みが出て、それも味があるとは思うのですが、ところどころ朱肉がついてたりと気になるご様子。

木箱のお手入れは、深いしみにさえなっていなければ、紙やすりで磨けば簡単です。


左が、新品の印鑑用木箱。右は8年ほど前のもので、使用はしてませんが経年の黄ばみが…


ペーパーは200番ぐらいの荒いものでも大丈夫ですが、400番~のものがベストかな


右の印箱の左半分を400番で約30秒ほど磨きました


のこり右半分を1000番で30秒。仕上がりは右のほうが気持ちつるつる感

長年の湿気などを含んでいるので、新品の白さは出ませんが、きれいになりました(^^)

184/1000

ノベルティなどのご依頼時は木箱に変更できますよ

少し前にお客様との打ち合わせで木箱の話が出ました。

30個以上の記念品などご依頼いただく場合、オリジナルの箱を作ることが可能なのです。納期に余裕が少しあり、数量も30個を超えていましたので箱をご希望の色や木箱などに変更することが可能ですよとお伝えしたのです。

アトリエピジョンで扱っている商品では木箱は箸置きと印鑑ケース、そして作家作品の一部ぐらいなんですね。
そんななので、木箱ができるなんて思ってなかったようで、少し話が弾みました。お客様のイメージとしては木箱と紙箱ではやはり木箱のほうが高級感あるのではないかということ。確かにそう感じられる方も多いですし、記念品を作る場合にはおすすめもしています。が、なんだかんだと進めていくうちに、実は木箱に変更したケースは過去17年営業してわずか数件だけでした。
コストがかかることや、あまり形状の融通が利かないこと、また折角変えるなら紙箱で希望の色にしたいなどが理由です。

結局、冒頭のお客様も形状など諸事情で通常の化粧箱に。

でも、木箱はやはり潜在的な人気はあると思います。
30個以上の記念品をご検討の場合は、お見積もりの際にご相談くださいね

183/1000

周年記念のお祝い品に代表者名は入れる? -お問い合わせより-

創立10周年を迎えられる取引先にお祝い品として時計に文字入れをご検討されている方からのお問い合わせです
————————————————————-

彫刻サンプルを見ていると代表者名が入っているのですが
これは入れるものなのでしょうか?

————————————————————-

お問い合わせでお話を伺っていると、サンプルを見てくださったのは『就任祝い』の彫刻サンプルでした。就任は役に就かれたということでお祝いするので、役職や人が主になってきます。ですので、社名のほか、役職名、お名前が彫刻されたものは多いです。

一方、会社の創立記念や周年のお祝いとなると、少し様相は違ってきます。
周年を迎えられたのは、会社です。会社を支えられている方皆様へのお祝い品として考えれば、社名だけでよいのではないかと思います。ちなみに、弊社での周年祝いでは、殆どのご依頼者は代表者名を入れていません。殆どということは、入れる事例もあるということです。

取引先との関係性にもあるのかもしれません。例えば、「代表者が一代でここまで築かれてきたということ」をお祝いされるのであれば、会社だけでなく、その代表者にもクローズアップするので、代表者名を入れるのは思いも伝わって素敵なアイデアだと思います。

175/1000

もしかしたら1番多い質問かもしれない「贈り主の名前について」

  1. 贈り主の名前を入れるものなのか、入れないほうがいいのか

    2つの視点で考えると見えてくるかもしれません。1つは、ギフトをもらう立場から考えること。ギフトをいただいたときには嬉しかったはずなのに、いつの間にか誰からのプレゼントかわからなくなったものってありませんか?もらったギフトの数が増えてくると、このお皿は●●ちゃんからだったけ?なんてことになってしまいがち。そんな中で、自分に向けた嬉しいメッセージと贈り主の名前が刻まれているものなら、思いも含めてずっと大切にしていきたいですよね。

    そして、もう1つ、ギフトを贈るときの目的です。相手に喜んでもらいたいという思いは皆さん共通すると思います。喜んでもらいたいけれど、こっそり喜んでいるのを壁際から見たいわけではないと思うのですね。喜んでもらって、より絆を深めたいと潜在的に思っているのではないでしょうか。この2点が当てはまるなら、名入れができるガラス彫刻ギフトなのですから、ぜひ贈り主のお名前を入れてくださいね。ただ、これらに当てはまらないことも多々あります。

    例えば、結婚の引き出物。結婚のお祝いに贈り主の名前は入れるもの?に困惑エピソードを記載してますのでご参考まで。また、諸事情により、どうしてもお名前を入れたくないといった事例も多くあります。人との関係性は、これと言って一般化できるものではありませんので、周囲との関係も含めてご検討ください。

  2. 入れるとしたら、まとめたほうがいいの?それとも一人一人名前を書くもの?人数が相当に多い場合、「●●会 有志一同」などとまとめることもあれば、全員の名前をメッセージ代わりに彫刻することもあります。グラス全面を使って、ランダムにスタッフのお名前を彫ったギフトのご依頼もありました。また、彫刻面が大きい時計では、短いメッセージで贈り主様全員の名字を残りのスペースを使って入れたこともあります。彫刻面が小さいと、全員のお名前を入れることも多いのですが、そういった場合はメッセージカードにお名前を入れたり、全員のお名前を入れた手紙をご郵送いただいて同梱するといったこともあります。

贈物のシチュエーション、贈り主と先様との関係性、贈り物のアイテムなどで、ベストな方法は変わってくると思います。お名前をどうするのか、彫刻内容をどうしようかといったお悩みの際はぜひご相談ください。

贈り主の名前をいれるもご参考に


171/1000

薄いグラスは安っぽい?(お問い合わせより)

———————————-

薄いグラスは、安っぽくみえないですか?

———————————-

お酒好きの年配の方への贈り物をご検討いただいていた方のお問い合わせです。
知り合いから進められた薄造りのグラスも検討材料にされていましたが、薄いグラスは安っぽく見えるのではないかとご心配されていました。

薄造りのグラスは、グラスの存在を感じにくく、ダイレクトに飲み物が当たる感じでお酒の味を感じやすく、人気があります。お酒の味にこだわる方にはおすすめのもの。確かに厚みや重厚感はなく、また薄さゆえにガラスのはじいた音は何処か頼りなげで澄んだ音という感じはありません。これを安っぽいと感じる方もいらっしゃいますが、薄造りのグラスの良さをご存知の方にとっては、決して安いものだとは思われないでしょう。

グラスの成型時、実は薄く均一に作ることは技術のいることなのです。素人がガラスを吹くと、かなり厚みのあるものに仕上がります。

それと、もう一点ご心配されていたことは、すぐ割れるのではないかということです。
丁寧に作られた薄造りのグラスは、普通の扱いでは一般的な厚みのグラスとかわりはなく、特に割れやすいものではありません。ただし、薄さゆえに厚みのあるグラスよりは衝撃を受けやすいです。とあるバーではグラスもこだわっていて、薄造りのグラスを取り揃えているのですが、酔っぱらった女性がつい氷と間違えて噛んで割るなどといったことが何度もあるとお話しされていました(^_^;)
また、洗浄も気を付けなければなりませんよね。フォークなどのカトラリーなどと一緒にするなどもってのほかで、洗浄のさいはグラスだけにする必要がありそうです

ちなみにクリスタル素材は、鉛の性質上、薄すぎるととても割れやすいので、はやりの薄造りグラスほどの薄さはありません。またほかの素材に比べ比重が重いので、全く同じ薄さであればクリスタル素材のほうが重厚感を感じます。

まとめ
・良さを知っている人には安っぽく見えない
・お酒の味にこだわる人には、最高のグラス
・扱いが荒い人には、あまりお勧めできないグラス
・グラスの澄んだ音や重厚感を求める人には向かない

 こんな感じでしょうか(^^)

164/1000

新事務所を開設と株式会社設立とご就任のお祝いは?

今日はお問い合わせより
——————————————————
取引会社が組織変更に伴い新事務所を開設し、有限会社を株式会社に、そして副社長が社長に、社長が会長に就任しました。その際のお祝いはどのようにしたよいのでしょうか。
——————————————————
(注:お問い合わせは掲載ご承諾いただいていますが内容で特定されないよう、シチュエーションを変えています)

いろいろとヒヤリングさせていただいた中で、先様との関係性や先様が大切にされていることをお伺いすることができました。社長、副社長様は親子で 続きを読む

明るすぎる照明をどうにかしてほしいと、、、

ここ最近で立て続けに2件お問い合わせがあったこと

市販で購入されたガラスの照明が明るすぎるので、どうにかならないものかという内容です。無色透明のガラスだと、光がダイレクトに届くのでまぶしいですよね。フロスト加工(すりガラス状)されていると、光の透過が和らぐので、目に優しくなります。ですので、それをサンドブラストでできないかといったことです。


明るすぎる照明のガラスをフロスト加工

上記写真のように、以前は弊社でも持ち込みで請け負っていたのですが、メーカーによって、またその照明のつくりなどで対応できないものが相次ぎ、10年前より請負い中止にしています。

理由はほかにもあります。
サンドブラストではフロスト加工した部分は多孔質になるため、汚れが付きやすく落ちにくくなります。グラスなどのようなものだとお手入れは簡単ですが、熱を持つホヤ部分ですから、汚れがすぐに沈着してしまいます。良い面もあれば難点もあるものです。それを改善するには酸を使うタぺ加工というものがありますが、専門の会社に出す必要があります。

1つの照明を送料をご負担いただいて送ってもらい、弊社でサンドブラストをして、また専門の会社へタぺ加工を依頼する。送料もばかになりませんから、お客様の手元に届くときにはもしかしたら購入した照明よりも金額が高くなっているかもしれません。

そんなこんななので、仮に対応したとしても、お客様にとって非常に悪いコストパフォーマンスになるため、断念いたしました。

折角お問い合わせいただいたので、サンドブラスト以外で対応できるもののご紹介ができないかと、今いくつかメーカーさんを当たっています。何か良い方法がみつかれば、ここでご紹介させていただきたいと思います

151/1000

ソーダガラスって何?クリスタルとは違うの?

ガラスの素材は、その成分や配合率、成形方法などなどにより多種多様。「ソーダガラスってなんですか?クリスタルとは違うんですか?」と、よくご質問いただくので少しお話しますね。

グラスなどに使われるものを、かなり大まかにわけると下表のような感じ

最も一般的で家庭などでもよく使われているソーダガラスは、丈夫で比較的安価なので出回っている量が多いです。ソーダガラスにはない澄んだ音と輝きが特徴のクリスタルガラスは、鉛が入っていることでそのすばらしい特性をつくり出します。が、非常に繊細で傷つき
やすいです。そのため、成形に技術を要したりで鉛の量が多くなればなるほどお高くなります。高価だけあって輝きは格別なものです。

最近は、ソーダガラスでも高品位のものが開発され、透明度や輝きは一見区別がつきにくい
ものもでてきています。また、クリスタルも無鉛素材がどんどん開発され、鉛のかわりにバリウム、チタンなどを使った堅牢度や耐久性も追求した素材が開発されています。 以前のような「高いグラスは壊れやすい」という伝説は、そのうちなくなるかも!ですね

ちょっとだけ追記
ワイングラスには、最高級のレッド(鉛)クリスタルガラスがいいともいわれています。
鉛の心配もありますが、ワインの味を引き出すには鉛素材で作られた微妙な素地がベストなのだそうですよ

129/1000